たぶん多くの説明は必要としない写真だと思いますが、兵士が、仔猫にご飯をスポイトで与えている光景がとらえられています。戦場で自分自身が生きるか死ぬか分からないという場所で、小さな生き物に命を与えている光景です。このように何か一枚のショットから感じれる写真集



    スポンサードリンク



    この施設は、タイ・バンコクにあるワット·プラ·タンマガーイ( Wat Phra Dhammakaya)と呼ばれるこの仏教宗派の創始者Phramonkolthepmuniの記念館であり仏教寺院。なぜか乳房のようなポッチが中心に聳え立つ不思議な寺院です。建物の形もUFOのような形をしており、夜に



    私はメガネやコンタクトレンズを使用している近視です。この頃はメガネーズ人口がかなりの割合を占めるようになりましたが、裸眼で1.0以上の視力を持つ方々も沢山おられるとおもいます。以前目の良い人に良く聞かれる事があり、メガネをはずしたらどの様に見えるのかと言う質



    今から面白い実験が始まります。ゆで卵やスクランブルエッグは通常、鍋やフライパンで調理するものですが、この実験は、赤くなるまで熱せられたニッケル球を生卵の上に置く事で、調理できるかどうか見ることが出来る動画です。3つの生卵に今まさに鉄球がのせられようとしてい



    ママ~!!助けて~。ミッション・イン・ポッシブルさながらなナイスキャッチ!偶然が作り出すリアル写真は、迫力と人の手では作り出せない感動やおもしろさがあります。今回お送りするのが、ナイスタイミングで撮影された動物達のおもしろショット。15枚のおもしろ画像をお



    水中では行動力抜群の人魚。しかし足ヒレが陸上では適さず不自由な生活を強いられるとおもいます。この買い物をする人魚の風変わりな姿は「Life with a Handicap」というアーティストLenka Klodová氏の人魚で日常生活をやってみたシリーズの作品です。人魚のような足ヒレを



    これはエイリアンの解剖図。このエイルアンの解剖図はイラストレーターBrad McGinty氏が製作した解剖図と日本語を組み合わせた作品です。何か昭和を漂わせる色合いやタッチが私たちにとって、とても親しみを感じる作風を感じさせます。母国語以外の文字をイラストに重ねる事



    足元を見る。足元を見られた。よく交渉等で使われる昔、駕籠(かご)屋が足元を見て載せる人の品定めの為に行っていた事ですが、日本以外でも足元を見ると何かが浮かび上がってくるようです。このボロボロの靴の画像は、フォトグラファーShannon Jensen氏が南スーダン難民キ



    このユーモア溢れる大きな顔のEmma Watsonさんの画像は、Imgurユーザーのsamuelorsaumell氏によって製作された有名人の顔を大きくしたバブルヘッド(Bobbleheads)のシリーズです。バブルヘッドとは首振り人形を意味する言葉で、首振り人形のようなすこし体と頭の大きさのバ



    さり気なく狭いビルの間に収まっている不思議な謎の白い物体。新しい形のUFOなのか、基地なのか。なんとこの物体は、Keret Houseと言う家なのです。家だと言われるんであれば家なのですが、横幅が最も狭いところで92センチメートル、そして最も広いところでは152センチメ



    黄色のスマイリー君。ニコちゃんマーク、ニコニコマーク、スマイルマークなどとも呼ばれる顔文字などの原型となった単純ながらにとっても幸せを表現するデザイン。スマイリー君は、1963年にアメリカで誕生し50歳以上になる、半世紀の間人々に愛されているマークです。そのス



    なんやら面白い地図が出来上がっていますね!この地図はBuzzFeedに掲載されている「Americans Try To Place European Countries On A Map」と言う企画で、アメリカ人に書いてもらったヨーロッパの地図です。私もチャレンジしましたが、南・西・北ヨーロッパの地域は分かりま



    このイラストは、ロサンゼルスのグラフィックアーティストやWebデザイナーのFernando Reza氏が製作した、その国を代表とする未確認モンスターの関係がわかるトラベルポスターです。このイラストは、ロシアのヴォロネジ(VORONEZH)の未確認モンスターのジャイアンツ




    このページのトップヘ