めっちゃ寝る子みたいだね。



    スポンサードリンク



    ヒントは、数字の並びが規則的。



    この宝石のようなものは、Gary Greenberg博士によって撮影された砂の粒です。これらの砂の粒は、殆どが砂浜で採取されたものです。ハワイや沖縄など様々な場所で採取された砂をカメラのマクロ撮影や顕微鏡を使った撮影で博士自身がコレクションとして撮影しているようです。



    私達の生きる世界には沢山の色が存在しています。その色はその時々の状況で変化していますが、日常の生活を送る中では、曖昧な色彩感覚での認識だけで終わってしまいます。その自然の中での色やその色の動きを可視化したサイトが存在します。そのサイトは、「Natural Palette



    人が宇宙に旅立ったことは記憶に残りますが、動物達が宇宙へ旅立った事はあまり記憶に残らず曖昧な感じで記憶に残されていると思います。私もこんな動物や昆虫達が宇宙に行ったとは知らず、意外と色んな種の生物が宇宙に行っていたんだと驚かされました。このイラストは、ハ



    海にいる生物だよ。



    共通点さがしてね!



    この画像は、オーストラリアの化学教師James Kennedy氏が何も手を加えていないナチュラル・バナナを化学的な成分表を作成したものです。日本で良く目にするのが、水分、たんぱく質、脂質、炭水化物、灰分、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、



    心地よい風とそして振動。それは眠りへの誘いの扉。フォトグラファーAlejandro Cartagena氏がメキシコの道路を行きかうトラックの違う視点から捉えたユニークな写真「car-poolers」です。画像は14枚ほどあるのですが、殆どといっていいほどお昼寝中の写真です。出勤途中なの



    マニキュアを塗るおばあちゃんの手。と言いたい所ですが、指が一本足りません。少し妖怪人間のベラポイ感じも否めませんが、この作品は、davide lucianoさんとclaudia ficcaさんがコラボして製作した「cold feet」と言う作品で、哺乳類、爬虫類、鳥類などの動物の手を使い、



    幼い頃、昆虫がなぜか二匹離れなず引っ付いているのを目撃し、引き離した事があります。今考えると悪いことしてしまったなと後悔の念に駆られるてしまいます。自分の遺伝子を残す作業「交尾」。昆虫達も様々な方法で「交尾」を試みているようです。それはまさにインドに古く



    突如食べ物に現れるキリストの肖像。世界各地で数々の目撃談が報じられるキリスト。キリストは今何を伝えようとしているのだろうか!!



    何か楽しさを感じるこのマシーン。それぞれのマシーンで色々な物を製造しているようですが、このPOPでカラフルなこのマシンは、ドイツのフォトグラファーJan Von Holleben 氏が製作した「We Will Save the Universe」(私達は宇宙を救う)と題された一連のシリーズ作品で




    このページのトップヘ