この鮮やかなドクロの作品は、ロサンゼルスベースのロシア人アーティストSasha Vinogradova氏の作品です。この作品は、ロシアの民俗絵画の様々なスタイルをドクロにペイントした、今までロシアの民族的なものに触れた事が無くてもすんなり、そのロシア民族の世界に入る事がで



    スポンサードリンク



    何か指で羽毛をパタパタさせています。このユニークな作品はアメリカ在住の韓国人アーティストDukno Yoon氏の作品です。そして彼はカンザス大学でと宝石や金属細工を教えるアシスタント・プロフェッサーのようです。指の動きによって、その先にある羽毛を鳥の羽ばたきのよう



    もしこの地球上の氷が解けてしまったら・・・。化石燃料の使用によるCo2増加による地球温暖化や化石燃料の使用による熱量から生じる温度の上昇などの要因で、北極や南極にもたらす温度変化による氷の減少のことを一般的によく言われています。ナショナルグラフィックによれ



    このドクロを見たときに新たな生物、ナス型生物のドクロかなと思ってしまうほどよく出来たドクロだと感心してしまいました。ナスのおもしろい特徴を活かし、かなりのドクロ感を演出しているこの作品は、ロシアのアーティストDimitri Tsykalov氏が製作した野菜や果物を削って



    このエアバス(Airbus A-380)のジャンボジェット機は、ユーチューブのRCHeliJetに掲載されている1/16スケールのラジコン飛行機が空に飛び立つ映像が収められた動画で、人が横に立っていなければ、本物のシンガポール・エアラインズのエアバス(Airbus A-380)に思ってしまう



    吸血系の生物は、「マダニ」。とても小さな生物ですが、二酸化炭素の匂いや体温、体臭、物理的振動などに反応して、私達の体や動物達の体に飛び移り、吸血し血を栄養源とする厄介な生物です。このマダニは、普通の吸血昆虫は刺す事によって吸血するのですが、このマダニは、



    このチーズは、芸術家のOlafur Eliasson氏、学芸員のHans Ulrich Obrist氏、シェフのMichael Pollan氏によって企画された「人間チーズ」というプロジェクトのようです。「人間チーズ」といっても人間の遺伝子や人間の自体を使うというものではなく、涙やヘソにいる細菌を用い



    この画像は、ナメクジ家族の食卓のテーブルには塩が盛られています。そして書かれているキャッチには「起こりうる最悪の事態とは何か」と書かれています。ただ塩分の取りすぎには注意と言ったことでは無く、ナメクジにとって塩は毒にあたる存在であり、それを摂取すると言う



    ゴミ箱のような缶と角材、そしてペットボトル。この不思議な組み合わせの光景は、見た目シンプルながらにも、効果的なネズミ君捕獲装置です。設置されたペットボトルには、ネズミ君の大好きなご飯が貼り付けられています。この後ネズミ君はどうなるのでしょうか! 



    香港の家庭の様子を上部から収めたこの作品は、キューブリック・アパートメント(CUBICLE APARTMENTS)と呼ばれるユニークな作品です。私達の国でもそうですが、人口密集率が高い都市では横に居住地域を広げるわけにはいかなく、どうしても上に上にとその面積を広げていく傾



    アイスランドにあるこの奇妙な博物館は、2000年にオープンしたアイスランド魔術博物館(Museum of Icelandic Sorcery & Witchcraft)です。もともとこの地域は魔術が盛んな有名な地域であったようで、その魔術に使われた道具や魔法に関連する完全な儀式と呪文を体験できるとい



    まるでサンゴのようなこの植物は、ロマネスコ(Broccolo Romanesco ・Chou Romanesco)と呼ばれる野菜の一種。カリフラワー科に属するフラクタル構造をもつユニークな植物で、このフラクタル構造はロマネスコの蕾が作り出していると言うことです。16世紀ローマ近郊で開発され



    「12 Special Shoes for 12 Former Lovers」。過去に愛した12人の女性の為に製作されたこの意味ありげなヒールやピンヒール。ニューヨークを拠点とするアーティストでありデザイナーのSebastian Errazuriz氏のユニークな形をしたこれらの作品は、マイアミにあるMelissa pop-u




    このページのトップヘ