曲線が美しいこのバイクは、ニューヨークのFrank Westfall氏のバイクコレクションの一つである「1930 KJ Henderson Custom Motorcycle」です。結構古いバイクのようですがアールデコ調の流線型が、近未来感を感じさせるスタイリッシュなデザイン。(スペック:1200cc・直列4



    スポンサードリンク



    紅白の色合いが、何かめでたさを感じさせるカタツムリ界の寿司ネタ「マラッカベッコウマイマイ」。又の名をインデレラ・アムプラ(Indrella ampulla)というインドのウエスタン・ガーツ山脈に(Western Ghats)に生息するカタツムリです。カタツムリの巻貝の下から出ている白



    ヨガと言うのはとても奥が深いものですが、やはり意識と無意識の世界が存在しているようで、この画像のような究極を越えるヨガを実践している人たちが存在しているようです。



    皆さんも家族が集まると家族写真を撮り、成長やその時の余韻を楽しんだりしていると思います。この家族写真は、22年間毎年撮影されたものです。この作品は、フォトグラファーZed Nelson氏が彼の友人の家族写真を毎年、同じ日に撮影された作品です。1年ごとに撮影された写真は



    石が何かの栄養分をとり成長するということは考え難い事ですが、ルーマニアのTrovants自然保護区博物館(Trovants Museum Natural Reserve)には、成長し形を変える奇妙な石の存在があるようです。この石は「trovants」と呼ばれ外見は普通の石のように見えますが内部構造はコ



    私達にとってはゴミのようなものでも、子供たちにとって見れば宝物であるもあったりします。この何処でも落ちていそうなゴミの寄せ集められたものは、イギリスのアーティストGuy Tarrant氏が集めた珍しいコレクションの一部です。このコレクションは、1996年から現在に至るま



    私達が日々の日常を生活していると様々な要因によって感情と言う心の変化が存在します。怒ったり、笑ったり、泣いたり、恥ずかしがったりと人間はとても多様性に富んだ感情を持つ生物でありますが、この一連の変化が一人一人のその時々で違っているので、人が集団的に集まれ



    細かい触手のようなものを体に帯び、らせん状にねじる不気味な生物。この生物はマヨイアイオイクラゲと呼ばれる深海に住むグタクラゲの一種であり、カツオノエボシしと同じグループに属する生物としてもよく知られています。このマヨイアイオイクラゲは全長が40メートルを超



    全身をヨガのポーズのように動かし、木炭を使用し製作されるこの作品は、ニューオーリンズベースのパフォーマンスアーティストのHeather Hansen氏の作り出すマンダラのような精神世界を映し出したものです。マンダラのようなサークルの中心に自分を置く事によって、Heather H



    私達が何気なく使用する殆どの製品は、誰かによって発案・発明されたもので、その中には大ヒットするものや良い製品なにも関わらず資金不足や宣伝方法のやり方よって埋もれてしまうものも存在しています。この触覚が伸びているようなおじさんの白黒写真は、1960年代ごろ発明



    へそに描かれた地図。この作品は、OMBLIGOという作品で、フォトグラファー南米のSergio Miranda氏の人間のへそに描かれたユニークな作品です。へその凹み具合や皮膚感、そして人の肌の立体感が、立体の地図のように感じられると思います。へそは、人的要素を表現し、そのへそ



    回る寿司と言う不思議な寿司文化が発達していく中、ミニカートラックが運ぶ寿司と言うものもあるようです。とてもちびっ子達に、うけが良さそうなこの寿司トラックは、パラモデル(Paramodel)という日本人のアートユニットが製作した作品です。パラモデルとは、「パラダイス



    この作品は、フォトグラファーKai Fagerström氏によって撮影された廃墟となった廃屋に住む小さな住人達の姿を収めたものです。廃墟と言うとその以前使用していた人の存在の痕跡が不気味思えるものですが、Kai Fagerström氏は、少し違った視点から廃墟と言う存在を捉えて、




    このページのトップヘ