この作品は、アーティストのFabian Oefner氏によって製作された「DISINTEGRATING・崩壊」と題されたシリーズです。プラモデルの様な車を少しずつ分解して行き、分解された部品と車を一つずつ撮影し、コンピューター上で組み合わせられたとても手の込んだ作業を必要とする作品



    スポンサードリンク



    人形で人形を作る。まさに究極のリサイクルとも言える面白い作品。この作品は彫刻家そして版画家のFreya Jobbins氏の必要となくなった人形のパーツを巧みにリサイクルし作成された人形アート。人形のパーツが作り出す顔の表情は、まるで日本の浮世絵師「歌川国芳」が作り出す



    地面効果翼機と呼ばれる旧ソ連で開発されたエクラノプラン(Ekranoplan)。地面効果を利用して、地面や水面の上を数10センチメートル~数メートルの高度を保ち飛行する航空機や船舶の一種とされています。少し立ち居地が曖昧な乗り物ですが、翼に備え付けられた幾つも並列さ



    気温が寒くなり乾燥しだすと活発に活動するインフルエンザ・ウイルス。彼らは、私達人間、鳥、ブタなどの動物に入り込み、繁殖・増殖を繰り返し勢力を強め、又次の宿主を探し感染し、彼らなりの子孫の繁栄の方法を行っています。人類が誕生して以来、目に見えない生物との戦



    地球の鼓動を感じさせる火山。地球自体が生きている証であり、それは時にして私達の脅威にもなる自然現象。世界には活動している活火山約800以上も存在していると言います。火山の活動は、私達が想像する以上に、美しい噴火する光景やその周りの気象状況や環境を巻き込み幻想



    この作品は、中国のフォトグラファーHuang Qingjun氏のそこに住む人々とその家族が所有する家財に囲まれるユニークな作品です。それぞれの家族の構成、趣味などによって所有するものが異なっており、お宅拝見でないですが、それぞれの家庭の様子を伺えることが出来ます。どの



    パン生地に吸収され、何かパンの具材のようになっている人物がいます。この作品はデンマークのアーティストSøren Dahlgaard氏のパン生地を使用した一風変わった、生地の伸びる変化にこだわりを持った作品のようです。彼の作品は、このようにパン生地を使ったものやパン生地



    オランダ出身のフィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)は、1853年から1890年の間に数々の名作を残しこの世を去りました。そのゴッホの絵画をミニチュア・ジオラマのように立体感を出し、新たに面白いゴッホの世界観を生み出したアーティストが居ます。アーティス



    絶景の眺めというものは時にして恐怖を感じるもの。この断崖絶壁に聳え立つ四角い物置のようなものは、シベリア・アルタイ山脈(Altai mountains)の山頂にあるKara-Tyurek気象観測所(Kara-Tyurek weather station )のトイレです。Kara-Tyurek(この辺のどこかに、この気象



    南国の海岸線に広がるハニカム構造。このプロジェクトは、「the grand prix award」でグランプリを受賞した「caltrope」というものです。ブタペストベースのszövetség'39氏が手がけたこの「caltrope」プロジェクトは、マングローブの力を借りて、自然生態を壊さずその自然



    地下鉄の下にある巨大ミミズと暮らす地底人。私たちの日常世界とは別に地下のユニークな世界が描かれるこの作品はブルックリンを拠点とするアーティストKristen Liu-Wong氏のユーモアとシュールさが感じられる作品です。彼女の作品は淡い色彩と日現実な世界が描かれているも



    クリスピーであと味爽やかなチョコレートクッキーに、濃厚でとろけそうなあま~いクリーム挟まれた牛がいると~。牛乳の川に入りその体をディップすることで更なる旨みが溢れるオレオ牛~。世はグルメ時代、人々は魅せられる、数多の食に~。 



    夜の工場地帯は不思議な幻想的世界に生まれ変わります。この作品は、卵のカートン、ビール缶、ヘアカーラーや段ボールなどのリサイクル材料を使用し製作された「LAND SCAPE」。フォトグラファーDavid LaChapelle氏の工場やプラントをミニチュア模型に置き換えた作品で、カル




    このページのトップヘ