eiffel tower metal frame close up 2

皆さんが良くご存知のフランス・パリのエッフェル塔。建物を違う視点から見てみると、また違う顔を覘かしてくれます。この写真は、エッフェル塔の下からのアングルでとらえたものです。

ライトアップされたエッフェル塔 の複雑に重なり合う鉄骨が幻想的な世界を作りだしていまね。


スポンサードリンク




1. 下からのアングル 青空に伸びる
eiffel tower metal frame close up 3
 
 Credit Flickr User David.NikonVsCanon


フランス革命100周年を記念して、1889年にパリで行われた第4回万国博覧会のために建造されるべくコンペティションが開かれた。ここで、ギュスターヴ・エッフェルほか2者の案が採用になった。設計者がステファン・ソーヴェストルモーリス・ケクランとされたり、エッフェルは工事を請け負ったにすぎないとされたりするが、当時ソーヴェストルとケクランは、2者ともエッフェル社の社員で、エッフェルとともにコンペに参加していた。最終的にはエッフェルが著作権者となり、この塔の名前の由来になった。”wikipedia

2. 鉄骨が生み出す不思議な幾何学
eiffel tower metal frame close up 1
Credit Flickr User BFXU


  • モーリス・ケクラン
    23歳でエッフェル社鉄骨構造物研究部長となり、技師のエミール・ヌーギエや、建築家のステファン・ソーウェストルとともに、エッフェル塔の設計案や鉄骨構造の計算に協力した。また、エッフェルのあとを継いで、ルヴァロワ・ベレ鉄骨構造物建設会社社長、エッフェル塔会社社長に任命された。ケクランが手がけたエッフェル塔設計図面は、母校のチューリッヒ工科学校ETHに飾られている。
  • ステファン・ソーヴェストル
    1846年生まれ。1868年、エコール・デ・ボザール建築科卒業。翌年、モン・サン=ミッシェル修道院建築に関する研究で受賞(シャルル・アルペール・ゴーティエと共同研究)。22歳でプレスト劇場改造の監督に任命され。次第に建築家として認められるようになる。パリの新開地プレーヌ・モンソ一地区に、多数の別荘や邸宅を建設。エッフェルとの最初の仕事は、1878年万博のガス・パビリオンの建造だった。のちエッフェル社の建築部長となり、モーリス・ケクランやエミール・ヌーギエらと協力して、エッフェル塔の設計監理に従事。その後、ムニエ一家をパトロンとして建築作品を残す。1905年には、ノワジエルのチョコレート工場近代化に貢献。1919年死去。”
    wikipedia 

3. エレベーターアングル
eiffel tower metal frame close up 4
Credit Flickr User Eole

4. 地下に何かがあるような(下からアングル)
eiffel tower metal frame close up 7
Credit Flickr User ontourwithben

5. 橋のようなエッフェル塔
eiffel tower metal frame close up 8
 Flickr User domiketu

6. 
eiffel tower metal frame close up 9
Flickr User crwly

7.
eiffel tower metal frame close up 18
Flickr User Mollivan Jon

8.
eiffel tower metal frame close up 21
Flickr User Falling Angel

9.
eiffel tower metal frame close up 17
Image Credit Flickr User Eksly
Flickr Image Credit Aumary Henderick

The Eiffel Tower: Different Perspectives
The Eiffel Tower: Different Perspectives

-------------------------------------- 
 ライター:わらちゃん