barbican-1

壁に張り付き歩くスパイダーマンごっこが流行っているのでしょうか?この地球の重力に反する遊び私もしてみたいものです!

このスパイダーマンごっこの様な画像は、 アルゼンチンの芸術家 Leandro Erlich氏によって巨大なミラーの壁を使用して作られたアート作品である。この作品につけられた名は、ダルストンハウス(Dalston House ダルストンとはロンドンの地名)と言う。
 

スポンサードリンク



” 
1. 壁に張り付いています! 何かおかしいいぞ~ 上と下に同じ人物が・・・
barbican-2
telegraphtv

2. な~んだ! こんな大きな鏡が! 
barbican-3
telegraphtv

3. こちらは鏡に映し出された世界 それぞれの人々が好き勝手やっています
barbican-4
telegraphtv

4. なんか面白そうですね^^ 
barbican-5
telegraphtv

5. この様に映し出されるのもキチンとした角度が必要なのですね
barbican-6
telegraphtv

6. この画像をみると重力に反するより思いっきり重力堪能していますね!
barbican-7
telegraphtv

7. いつの日か本当に重力に反して壁を空を歩いてみたい 反重力装置作ってくれないかな~
barbican-8
telegraphtv

8. こちらがニュース動画

telegraphtv

Leandro Erlich’s Reflective Optical Illusion House Now in London
Leandro Erlich’s Reflective Optical Illusion House Now in London

telegraphtv

--------------------------------------

ライター:わらちゃん