名称未設定-1

目と言う構造は、それぞれの動物や昆虫の生態によって使用する用途が違うので、形や基本的な構造はにていますが、各々の生き方によって機能が異なっています。カメラにたとえるとナイトモードやセピアモードなどのカメラのモードやレンズの組み合わせで写真でとるものによって変えていくような感じに似ていると思います。私たちの近くにいる存在の動物たちが、どの様な感じで物事を見ているかがとても気になると思います。この画像は、アーティストのNickolay Lamm氏によって猫がどの様に私たちが見る世界を見ているかを人間の見ている世界と猫の見ている世界の比較の画像を製作しました。

様々な要素を取り込んで製作されたこの画像は以下の事を注意点として製作された様子です。

●猫は人間の180度に比べて200度の視野を持っている。
●人間の視野は各サイド20度です。これはぼかしで表される。
●猫のための視野は各サイド30度である。これはぼかしで表される。
●大きな角膜および絨緞組織があるため人間より薄明りの中で猫は6~8回倍を物事を見ることができる
 
など他にも細かい注意点を汲み取り、病院(All Animal Eye Clinic)や専門機関(Penn Vet)などと相談しながら製作が行われた猫の眼の世界は、ほぼ近いところまで表現できているのではないかと思います。

※残りの色や光の波長の注意点は、「What Do Cats See?」に載っていますのでもっと詳しく知りたい方は「What Do Cats See?」をご覧ください!
 

スポンサードリンク




1. 夜の見え方:上人間 下ネコ
7
Nickolay Lamm

2. こちらも夜の見え方:上人間 下ネコ
6
Nickolay Lamm

3. 高いところからの見え方:上人間 下ネコ
5
Nickolay Lamm

4. 夜の繁華街の見え方:上人間 下ネコ
4
Nickolay Lamm

5. 草原・緑の見え方:上人間 下ネコ
3
Nickolay Lamm

6. 高層からの見え方:上人間 下ネコ
2
Nickolay Lamm

7. 駅の見え方:上人間 下ネコ
1
Nickolay Lamm

images & information courtesy of
WS000000
Fascinating Visualizations Of How Cats See The World


thanks a lot ^^

------------------------------------
ライター:わらちゃん