a

この飛行機はイタリアで1932年にルイージ・スティパ氏が設計し、カプロニ社が製造したまだ開発段階の実験機だったトイレットペーパーの芯のような筒型プロペラ飛行機「スティパ・カプロニ(Stipa Caproni)」の復刻版です。飛行機の胴体がトイレットペーパーの芯のように空洞で推進力は前方の空洞内に設置されたプロペラで飛行する一風変わった飛行機です。プロペラの空気の流れとエンジンの排気を先細りの筒内で圧縮することで、主翼に加えて胴体が揚力を生み出すジェットエンジンに近い構図を持っていたそうで、ジェットエンジンの開発への重要な要素を持っていた飛行機のようです。

1933年に撮影された「スティパ・カプロニ(Stipa Caproni)」の飛行風景の動画もありますので続いてご覧ください。
 

スポンサードリンク




1. 1933年に撮影された「スティパ・カプロニ(Stipa Caproni)」の飛行風景
1
SEA Aeroporti Milano

2.
2
SEA Aeroporti Milano

3.
3
SEA Aeroporti Milano

4.
4
SEA Aeroporti Milano

5.
5
SEA Aeroporti Milano

6.
6
SEA Aeroporti Milano

7.
stipa-caproni-avion-italie-05-684x800

stipa-caproni-avion-italie-11
it.wikipedia:Vista motore dello Stipa-Caproni&Unknown

8. 1933 Voli sperimentali aeroplano Stipa Caproni

SEA Aeroporti Milano

9. こちらが復刻版
d

b

c
imgsource:italianways|flickr:QV AG|flickr:Mark


images & information courtesy of
WS000000
Le Stipa-Caproni : un avion tonneau précurseur du moteur à réaction
Photo(C):TOP:flickr:QV AG

thanks a lot ^^

------------------------------------
ライター:わらちゃん