swimmingseacucumber

この発光し内臓スケスケの生物は、ユメナマコと呼ばれる深海に生息する生物。深海400~5000メートル付近に生息しており、全長が最大で25センチほどで、小さい物はピンク色をしており、成長に伴いワインレッド色に変色していくそうです。このユメナマコは、深海でも砂泥地に生息し、この画像に映し出されている円形の口を使い、大量の砂泥を吸い込みその中に含まれる有機物やその他生物を栄養源としている、私たちが良く知るナマコにヒレを付けた浮遊し回遊できる深海に住むナマコです。


スポンサードリンク




1. 深海のクリーチャー「ユメナマコ」
enypniastes-transparent-swimming-sea-cucumber
Larry Madin / AP

皮膚には発光するものが散在しており、強い刺激や敵からに攻撃に対し発光し、もともと外皮は剥がれ易い構造らしく、捕食者の目くらましとして、外皮をはがす事で自分の分身を作り身を守っているとのこと。

2. 横側
tumblr_m5o1x9mp9I1qzu5fbo1_500
imgsource:touba

それにしても形といい、発光といい、透明感といいクールなナマコですね!

3. ヒレを広げ回遊中のユメナマコ
2
imgsource:Woods Hole Oceanographic Institution

4. ユメナマコの構造
1
imgsource:thatsridicarus

5. Enypniastes sp.

Brian Glazer

6. Swimming sea cucumber bioluminescence

Our Oceans

 images & information courtesy of
WS000000
Enypniastes, A Deep Sea Swimming Sea Cucumber
Photo(C):TOP:imgsource:realmonstrosities

info:ja.wikipedia:ユメナマコ

thanks a lot ^^

------------------------------------
ライター:わらちゃん