anmmtBS

「メンダコ」というと真っ先に思い出すのが、うる星やつらの登場するキャラクター面堂終太郎の家に大量に飼われているタコ。世間では面堂終太郎のタコをメンダコ(面ダコ)と呼ばれていたのか分かりませんが、わたしはメンダコと呼んでいました。私の中では面堂終太郎のタコとこのメンダコが重なり合っているので、この深海生物のメンダコと言う名前がとても面白く感じたのですが、皆さんはいかがでしょう。

キャプチャリングロングロング

面堂終太郎のタコの事はさておいて、このタコはメンダコと呼ばれる水深200mから1000m付近の深海に生息する詳しい生態が不明なタコです。このメンダコには何種類か種類があるようで今回私の記事に使用している写真は、詳しい名称は分かりませんがその何種類かが含まれています。このメンダコの主な特徴として、普通のタコより足が短く、傘が開いたり閉じたりするようにして海中を泳ぎ、普通のタコには吸盤が二列あるに対して、このメンダコは一列しか無く、墨袋は深海に生息しているので無くなり墨を吐く事が出来ないタコです。そして、体長は20センチほどとのことです。

それにしてもUFOやはぐれメタルスライムのような「メンダコ」かわいいですね!科学万博つくば'85マスコットキャラクターは「コスモ星丸(ほしまる)」にも少し似ていますね。
 

スポンサードリンク




1. 「メンダコ」
opsothoteuthisD577-500
mbari:Flapjack octopus

opishoteuthis-depressa1_2
沼津港深海水族館:メンダコ

2. Flapjack octopus swims

jewelspalace

3. メンダコ - Flapjack octopus

新江ノ島水族館のなかまたち!

images & information courtesy of

info:ja.wikipedia:メンダコ

Photo(C):TOP:offbeat
Photo(C):TOP:jewelspalace

thanks a lot ^^

------------------------------------
ライター:わらちゃん