6

なんかいい響きがしない殺人と言う言葉ではあるが、まさかのこれが!という、日常に潜む実際に殺人に使われた凶器があるようだ。この作品はフォトグラファーEd James氏が制作した「マーダー・ウエポンズ(Murder Weapons)」。そんなまさかのモノと殺人に焦点を置いたユニークな視点で制作された作品である。

この画像の作品は、キリストの十字架であるが、45歳の女性が81歳の女性を殺害したマーダー・ウエポン。神聖な十字架を殺人の凶器として使用するとは、この二人の複雑な関係と事情が浮かび上がってくる。
 

スポンサードリンク




1. スプーン
10
Ed James

31歳の男性が38歳の男性をスプーンで殺害。これはどんな状況でなぜスプーンなのか謎が多い事件だ。

2. エレキギター
9
Ed James

33歳の男性がエレキギターで53歳の男性を殺害。騒音なのか、音楽グループのいざこざなのか、はたまた酒場での出来事なのか。

3. ボーリングのボール
8
Ed James

14歳の男性がボーリングのボールで5歳の男性を殺害。これは事故なのか、喧嘩の延長でこうなったのか、とっても悲劇な事件。

4. フライ返し
7
Ed James

32歳の女性がフライ返しで5歳の女性を殺害。これは親子ぽい。幼児虐待で悲惨な結末をむかえたのかな。

5. トイレのタンク蓋
5
Ed James

49歳の男性がトイレのタンク蓋で28歳の女性を殺害。イメージすると結構厳つい状況だ。多分バスルームでいざこざになり、男性が蓋で殴ったんじゃないかと思う。

6. ハイヒール
4
Ed James

44歳の女性がハイヒールを使い59歳男性を殺害。ヒールは凶器であることは知っている。以前タイでレディーボーイに殴られた白人男性を実際に見たから。その男性は大事には至らなかったが、額に丸い傷跡が残っていた。男女のいざこざでこの事件が多分起こったのであろう。

7. ボールペン
3
Ed James

21歳男性がボールペンで26歳女性を殺害。これも男女のいざこざか?

8. ピクルスのビン
2
Ed James

16歳の男性がピクルスのビンで55歳男性を殺害。年齢関係とピクルスのビンから親子か、はたまた盗みに入った家での犯行なのか分からないが少年はもうピクルスを食べることが出来ないだろうね。

9. レンガ
1
Ed James

42歳の男性がレンガで48歳の男性を殺害。レンガはありがちなものと思うが、ありがちなものほど気をつけないといけない凶器である。

日常に潜む「マーダー・ウエポンズ(Murder Weapons)」。詳しい状況は書いてはいなかったが、歳と性別とその使用された凶器で、なんとなくではあるがその状況が目に浮ぶ。これはEd James氏が作品の中に仕込ませたアーティスティック・ウエポンであることは間違いないようだ。

images & information courtesy of
WS000000
These Ordinary Objects Were Once The Weirdest, Most Unexpected Murder Weapons
These Ordinary Objects Were Once The Weirdest, Most Unexpected Murder Weapons
 
Hat tip:)

Photo(C):TOP:Ed James

thanks a lot ^^

------------------------------------
ライター:わらちゃん