apple1

先日、ニューヨークでアップルの初号機アップル1が競売に掛けられ90万5000ドルで落札されたそうである。前回、2012年にサザビーズのオークションで37万4500ドルで落札された事を考えると約3倍近い値段で落札された事になる。このアップル1は、故スティーブンジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏などの創立者3人が資材を投売り、現在のアップルを作り出したといっても過言が無い、創業者の大きな思いが込められたアップルの記念となる第一号作品である。

このアップル1は、ロイターによると初めに200台生産された内の1台であり、それも初段階で制作された50台の内の1台ではないかと報じられている。




スポンサードリンク




1. アップル1
apple1-Henry-Ford

apple1-computer
imgsource:
golem13

その後アップル2が販売され、1から2に乗り換えさせるためにアップル1を持つ顧客に対し、下取りとして回収されたアップル1は全て廃棄されているので、機器としても希少性を考えると価値が高い(アップル1は生産された200台のうち約170台が販売された)。それにしても当初の落札価格が30万ドルから50万ドルを想定していたようであるが、その想定を今回は大きく上回る結果となったようだ。

そして、このアップル1を落札したのはヘンリー・フォード博物。今後博物館で展示が予定されているそうである。

2. 若き日の故スティーブンジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏
apple-1-steve-jobs-40
imgsource:golem13

今回、90万5000ドルもの価値が付いたアップル1であるが、機器としても希少性もさることながら、やはり故スティーブンジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏の大きな功績がこの価格を生み出したと考える。現在世界ではアップルの名を知らない人がいないくらいの大きな巨人へと変貌を遂げたアップルの姿とガレージの中で、純粋で若い力がまだ見ぬ先の未来を思い描き大きく羽ばたこうとする光景が、このアップル1からイメージできるからではないかと思う。

あと何台この世に存在するか分からないアップル1。彼らの大きな思いは古びた時代遅れのスペックの中に溢れんばかりに今なお存在し続けている。

images & information courtesy of
WS000000
L’UN DES PREMIERS ORDINATEURS APPLE VENDU 900.000 DOLLARS
L’UN DES PREMIERS ORDINATEURS APPLE VENDU 900.000 DOLLARS
 
ja.wikipedia:Apple I
 
Hat tip:)

imgsource:TOP:golem13

thanks a lot ^^

------------------------------------
ライター:わらちゃん