キャプチャリング600

江戸時代に「黄身返したまご」というゆで卵があったらしい。この動画は「黄身と白身が逆転!黄身返したまごの簡単な作り方!」。なんと!黄身と白身が逆転したゆで卵の作り方映像である。何のために黄身と白身を逆転させたのかは分からないが、洒落た江戸時代の人々の粋な物への探究心がうかがえる逆転ゆで卵であるのだ。

WS000004

用意するものは、卵、透明粘着テープ、懐中電灯、ストッキング、ストッキングのストッパー。これらを使い「黄身返したまご」を作っていく。手順は7つありそれらを順にこなしていけば逆転ゆで卵の完成だ!


スポンサードリンク




1. 黄身と白身が逆転!黄身返したまごの簡単な作り方!
キャプチャリング600

WS000005


yama chaahan

黄身と白身が逆転したゆで卵「黄身返したまご」!もしかしたら黄身と白身が逆転させることで「逆転」というゲン担いでいるのかも知れないね。それなら窮地に食べるといい縁起ものになりそうだ。

images & information courtesy of
Hat tip:)

Imgsource&Photo c:TOP:yama chaahan

thanks a lot ^^

----------
ライター:わらちゃん