3

おおおおっ!お耳が特徴的でウサギの仲間と言われればウサギにも見えるが、今までに見たことが無い動物さん。このヤバカワな岩にちょこんと座っている動物は、ピカチュのような名前を持つ可愛いウサギ!イルリピカさん。そしてイリナキウサギとも呼ばれパンダよりも絶滅の危機に瀕している新疆ウイグルにある天山山脈の岩場に生息する鼻から尾っぽまで約20センチのウサギさん。

中国の自然保護研究員であるLi Weidong氏が1983年に発見し新種と確認されて以来、2008年に絶滅危惧種に指定されたかなり個体数が少ない野生生物で、今回この写真のイルリピカ(イリナキウサギ)は20年ぶりに発見されたとても貴重なもののようだ。

発見当時は2900匹のイルリピカ(イリナキウサギ)が生存していると推定されていたが、地球温暖化の影響で生息地域が標高の高いところに押しやられ縮小し現在の生息数は1000匹未満になっているという。




スポンサードリンク




1. イルリピカ(イリナキウサギ:Ili Pika)
4

1

2
Li Weidong

地球環境の変動で様々な動物がこの地球上から消えていった。それらは自然的なものから人為的なものまで色々ある。そして自然淘汰(自然選択説)と言う言葉があるが、これもまた人間が作り出した考えや言葉なので本当のところは分からない。

そして、仮にその環境に適したものがDNAに刻まれ、進化していくことが本当に望ましいのか、そうでないのか。

イメージ的には素晴らしいものだけが残っているかのように感じるが、生命力だけで考えるとそうかもしれないが内側などのことを考えると本当のところはどうなんだろうか。

images & information courtesy of

Hat tip:)

Imgsource&Photo c:TOP:Li Weidong

thanks a lot ^^

----------
ライター:わらちゃん