カテゴリ: カガク


    一度はしたことがある水の電気分解の実験。水の中に+の陽極、-の陰極の電気を流す事で+の陽極には酸素が発生し、-の陰極には水素が、酸素と水素の割合が2:1で発生するおもしろい実験です。近年、燃料電池と言うものを良く耳にしますが、この水の電気分解を逆の反応を行




    スポンサードリンク



    1915年と少し官能的なイラストが描かれたものがガラスの小瓶に入っています。この小瓶に入っているクッキーのような物は・・・・ 


    アーティストVik Muniz氏とMITの研究者Marcelo Coelho氏の科学と芸術が作り出すサンド・キャッスル(Sand Castle)。この作品は小さな砂の粒に城を描くというプロジェクトです。人間の手で砂に線を刻むというわけではないですが、とてもサイエンス的な製作過程がおもしろい作


    宇宙服に身を包みSFに出てきそうな光景。この光景は、アメリカ・ユタ州にある火星を想定した訓練施設「マーズ・デザート・リサーチステーション(MDRS)」で行われている訓練風景です。この訓練はマーズ・ソサイティーが行ってる研究で、2週間ごとに研究員が交代しながら、NA


    このロボは、MorpHex MKIIと呼ばれるモーフィングボールロボットでZentaRobotic CreationsブログのZentaさんが製作したものです。球体を12分割する事で、このGIF動画のような動きや転がりを見せたり、上部の6分割部分も開閉したりとユニークな動きを作り出します。 


    水滴の奇妙な動き。この動画は「When Water Flows Uphill」いうライデンフロスト現象を撮影したものです。ライデンフロスト現象は、私たちの日常でも良く見る現象で、料理をする際に熱したフライパンの上に水滴をたらすと独りでにコロコロと動く動作の事です。この現象は、高


    背景の白い紙に二本の黒い矢印があります。その前には、ガラスのグラスが置かれ、背景の矢印が透けて見ていると思います。このグラスに水を注ぐと矢印に驚きのある変化が伺えます。この動画は「Awesome Optical illusion Trick! ( The Arrow illusion )」 というグラスと水を


    酸素や重力などの作用で古代生物は巨大化した説がありますが、実際には数千年前から数十億年前の話になるので、実際にはその時の地球環境がどのようなものであったか、導き出すのは難しい問題と思います。しかし、化石などから古代生物の骨などの化石が出てきているので、地


    ドイツのハノーファー行われた世界最大級のコンピュータエキスポセビット(CeBIT)。その会場でブースを賑やかしていたロボットがあるそうです。そのロボットは、ドイツのTobit Softwareが開発したスパートフォンで制御できるロボット、ポールダンスロボ。このロボットのデザイ


    この奇妙な青虫のような生物は、ロシアのWhite Sea Biological StationのAlexander Semenov氏が撮影した、オーストラリア・グレートバリアリーフのサンゴ礁に生息する多毛類(ゴカイ類)の作品「Worms Renaissance」。私たちが良く知るゴカイとは、何か少し違っているゴカイ


    この銀色の宇宙船のようなものは、フリーフライト8(Free Flight8 (FF8))というNASAが開発を進めている無人の月面着陸機。このプロジェクトは、モーフィアス・プロジェクト(Morpheus)と呼ばれる物で、以前にも何回か行われましたが、炎上したり、まっすぐ飛ばなかったりし


    この画像は、ロシアのThe Yuri A. Gagarin State Scientific Research-and-Testing Cosmonaut Training Center (GCTC)で行われた宇宙に出る前の宇宙飛行士の候補生や飛行士が宇宙に出た時に行う船外活動を訓練している様子を捉えたものです。巨大プールには、宇宙ステーショ


    ピザを注文するときにメニューに載っているピザなら簡単に注文できますが、自分好みのトッピングで頼むと注文に結構手間が掛かるものです。この画像に映っているものは、Pizza HutとChaotic Moonが共同で製作したインタラクティブ・コンセプト・テーブル(Interactive Concep


    バック・トゥ・ザ・フューチャーIIのナイキの自動靴ひも調節シューズに続き、次はホバーボードまでが。この画像は、HUVrTechが撮影したバック・トゥ・ザ・フューチャーの空飛ぶホバーボードの映像。何人かのアーティストが、ホバーボードに乗り楽しんでいる風景を見ることが


    この画像は、映画の無重力シーンを再現・撮影する為に、アメリカ航空宇宙局(NASA)が宇宙空間とその宇宙空間で船外作業をする宇宙飛行士の姿を撮影したものです。現在フリッカーの「'Gravity' - NASA's Real-Life Images from Space」に掲載されている写真であり、宇宙空間に


    この脳みそのX線写真のようなものは、アーティストFabian Oefner氏がアルコールを燃焼する瞬間をカメラで撮影したものです。ガラスの容器に数滴のアルコールをたらし、気化するのを待ち、その気化したアルコールに着火させ燃焼する瞬間をハイスピードカメラで撮影されたモノ


    いつも見る雪の結晶とは少し違う感じがすると思います。この雪の結晶は、アメリカ・メリーランド州の研究センター:Beltsville Agricultural Research Centerで、天然に存在する雪の結晶を低温走査型電子顕微鏡で撮影されたものです。通常の電子顕微鏡では電子ビームを当てる


    2013年に世界人口が72億人に達し、人口の爆発的増加により食糧問題、環境問題、エネルギー問題などが昨今取り沙汰されています。漠然とした72億人という数字からは見えないものでも、分かり易い数字に置き換えてみると浮かび上がるものもあます。上の画像は、100peopleと言う


    化学の実験機材のように並べられた物は「Cloaca」と呼ばれる人工的に排泄物(うんこ)を製造するうんこの出来る過程を科学的に再現したものです。このマシーンはアーティストのWim Delvoye氏によって製作されたモノで、構想8年の末に消化器の専門家の協議の上で完成したそう


    この画像は、正弦関数としてな周期的変化を示す波動「正弦波」。皆さんも数学や物理などで一度は見たことがあるものと思います。私たちが知っている正弦波は、グラフにX軸、Y軸に点と線で結んだ正弦曲線が多いと思いますが、その点と線を結ぶ過程をGIF動画で製作された


    この船は、海洋調査船シー・オービター(SeaOrbiter)。まるで宇宙を漂うスペースシップやコロニー、宇宙ステーションのような形をしています。このシー・オービター(SeaOrbiter)はフランスの建築家Jacques Rougerie氏が設計した海洋調査船で、船体の高さは200フィート(60


    宇宙の魅力やロマンの憧れは、宇宙の大きさに匹敵するほど大きく空想をかきたてるモノです。暗黒の宇宙を照らす恒星の存在、その光で輝く星たち、そこに存在してると思われるエイリアンの存在、私たち大人にとっても魅力を感じさせられます。これらの貴重な画像はGoogleのBlo


    水・金・地・火・木・天・海・冥。太陽を中心とした太陽系の惑星配列(今は冥王星が外されています)。地球のお隣の惑星は金星と火星ですが、そのお隣の火星から見た地球が火星探査機(Mars Rover Curiosity)によって撮影され米航空宇宙局(NASA)によって公開されました。


    21世紀に入り科学技術が進歩した中でも「謎」は存在しています。卵が先かニワトリが先かと同じように、ニワトリのように創造主によって創造されたという創造論と卵のような細胞の塊から何かのきっかけで進化した進化論の二通りで我々と地球上の生物全ての元となるものを考え


    この画像は、オーストラリアの化学教師James Kennedy氏が何も手を加えていないナチュラル・バナナを化学的な成分表を作成したものです。日本で良く目にするのが、水分、たんぱく質、脂質、炭水化物、灰分、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、


    レトロ・フューチャーに代表されるスチームパンク。レトロなデザインと近未来技術を兼ね備えるその姿は、古き物の外見は変わらないが、中身はバリバリの最先端技術が取り込まれているという物としても人物像としても憧れる存在。スチームパンクとは少しはなれますがドクター


    人が宇宙に旅立ったことは記憶に残りますが、動物達が宇宙へ旅立った事はあまり記憶に残らず曖昧な感じで記憶に残されていると思います。私もこんな動物や昆虫達が宇宙に行ったとは知らず、意外と色んな種の生物が宇宙に行っていたんだと驚かされました。このイラストは、ハ


    この木炭ののような黒い物体は、中国の浙江大学の研究チームが開発した超軽量カーボンエアロゲル(グラフェンエアロゲル)と言う素材です。良く見てみると麦の穂先を使い浮かんでいるように見えます。このカーボンエアロゲルは、軽量材料の世界記録を更新した素材で、密度は0


    私達が日々の日常を生活していると様々な要因によって感情と言う心の変化が存在します。怒ったり、笑ったり、泣いたり、恥ずかしがったりと人間はとても多様性に富んだ感情を持つ生物でありますが、この一連の変化が一人一人のその時々で違っているので、人が集団的に集まれ


    私達が何気なく使用する殆どの製品は、誰かによって発案・発明されたもので、その中には大ヒットするものや良い製品なにも関わらず資金不足や宣伝方法のやり方よって埋もれてしまうものも存在しています。この触覚が伸びているようなおじさんの白黒写真は、1960年代ごろ発明


    この腐食した化石のような歯車のようなものは、1900年にギリシャのアンティキティラ島近くの海に沈没した船の中で発見されたモノで、この歯車は2000年前以上経過していると言われています。(紀元前150~100年に製作されたと考えれれている)今から2000年という年月を遡ると


    南国の海岸線に広がるハニカム構造。このプロジェクトは、「the grand prix award」でグランプリを受賞した「caltrope」というものです。ブタペストベースのszövetség'39氏が手がけたこの「caltrope」プロジェクトは、マングローブの力を借りて、自然生態を壊さずその自然


    博士号を持つ医療物理学者だったArie van 't Riet氏が作り出すレントゲン写真のような世界観。彼の友人が「絵画をレントゲン写真で撮ってくれないか」という事から始まったこの試みは、自然界を全てシースルーで表現されているように思えるほど、動植物の透け透け観がとても


    このページのトップヘ