カテゴリ: カガク


    この4足歩行ロボット・ワイルド・キャッ(WildCat)と呼ばれるもので、以前ビッグドッグ(BigDog)という、このワイルド・キャッ(WildCat)に似た4足歩行ロボットがありましたが、そのビッグドッグ(BigDog)よりも軽やかに安定した動きをこなしています。両者ともボストンダイ




    スポンサードリンク



    この入れ歯ののような歯ブラシは、Blizzidentという歯磨き促進するために協力する歯科予防の専門家の世界的な学際的チームが3Dプリンターで製作した3Dプリンテッド歯ブラシと言うことです。その人の口に合わせて制作してくれるこの歯ブラシは、わずか6秒ブラッシングで歯み


    技術の進歩は私たちの知らないところで様々に進化して行っているようです。このカッコいいサイバーな包丁は、ハイテク包丁スマートナイフ(SMART KNIFE)と呼ばれるもので、調理しながら鮮度、栄養成分、細菌のレベルとその毒性をテストできるというもののようです。このハイ


    イギリスのトンプソン&モーガン(Thompson & Morgan)という園芸会社からトムタト(TomTato)というジャガイモとトマトを両方同時に生産できるトムタト(TomTato)の鉢植えを販売を世界で初めて販売しているようです。以前ポマト(pomato)という、細胞の融合で作られたジャ


    それぞれの国には、文化・言語・宗教など様々なその国特有の国柄を持ち合わせ国を形成しています。それらの国には、国特有の国柄以外にもそこに住む人達の違った顔が存在します。それは、人種と呼ばれるもの一部と思いますが、その土地柄に適応した人間を形成しています。こ


    交通事故により鼻を損傷し、重度の感染症で変形した鼻を形成する取り組みが中国・福建省の病院で行われました。この画像の方は、中国人のとある男性で、変形した鼻を元通りに復元する為に、自身の肋骨の軟骨を額に移植して額で新しい鼻を形成し、その額に形成された新しい鼻


    広角レンズで何枚も撮られた画像を繋ぎ合わせ製作されたこの月の回転映像は、the Lunar Reconnaissance Orbiter missionと呼ばれるもので、LROC広角カメラと呼ばれるものを使用して製作されたといいます。月の裏側は、私たちの地球からは伺えることが出来ない神秘な場所で、


    この「さわれる検索」というのは、Yahoo!Japnが盲学校に通う子供たちの為に行った面白いプロジェクトです!画像にある「さわれる検索」と言うマシーンに、子供たちが音声で検索し、その検索されたモノが、3Dプリンターで立体に印刷され、子供たちがさわって検索したものを感


    この不思議な触手の様な光のチューブPetting Zoo(触れ合い動物園)と呼ばれる時間と共に進化し対話するロボットは、デザインスタジオ:Minimaformsに製作されたとても新感覚な感じがする、触る触れる事でコミュニケーションを図るロボットです。この画像だけでは分かりませ


    1912年4月14日に起きたタイタニック号の事故からちょうど100年目にあたる、2012年1月13日に座礁したクルーズ旅客船のコスタ・コンコルディア(costa concordia)号の引き上げの計画が立てられいるそうです。このコスタ・コンコルディア(costa concordia)号は、タイタニック


    太陽からは「太陽風」と呼ばれるプラズマの流れと大気中の粒子と衝突すると引き起こされるオーロラの現象。とても壮大で幻想的な風景を作り出しています。オーロラと言うと一般的には緑色を想像しますが、オーロラの色は、高度200 km以上では赤色、200kmから100kmの低


    この生物はIssusと呼ばれるウンカ(planthopper)に属する3ミリメートルぐらいの小さな昆虫で、最近ケンブリッジ大学の研究者Malcolm Burrows氏とGregory Sutton氏によって、このIssusの後ろ足に機械的なギア(歯車のような凸凹)が存在する事が分かったようです。ギアという


    このフラッシュは、ズームイン・ズームアウトで、この世の中の全てのスケールを感じれる面白いものです。例えば人基準に考えると量子(1×10のマイナス34.1乗メーター)という最小単位から超巨大な宇宙の果て(1.6×10の27乗メーター)のスケールをスクロールさせる事により


    そこに無いものあったり無かったり、動いているようで動いていない。私たちは、先入観と過去からの経験で、おおよその物を判断していっています。それが当たっていたり間違っていたり、勝手に脳が思い込んでいる場合も存在します。その錯覚を科学的、人工的に作り出したもの


    ピンホールカメラは、レンズを使わずに小さな穴から抜けていく光を像に変えるユニークなカメラです。このコンクリートで作られたカメラは、ニュージーランドの写真愛好家のamuuさんが製作したカメラです。彼女は、このカメラを作っただけではなく、その作り方まで掲載してい


    集光塔に一斉に集められる光が作り出す道筋が、後光が射して見えるような幻想的な状況を感じさせます。この太陽光発電は、スペインのセビリアにある巨大な発電所は、2001年から約4年の歳月をかけて建造され、発電方法は集められた太陽の光は、集光塔の中にある収集器と蒸気タ


    3分の1サイズになって復活を遂げたMacintosh(128K/512K)!!このMACのスタイルは、アップルコンピューターより初めて発売されたアップルの記念すべきモデルのコンピューターです。このレトロなMACを製作したのは、RetroMacCast のJohn氏で、彼のサイトを見てみるとレ


    オーストラリア・メルボルンRMIT大学で面白い講座が行われたようだ!。生徒を使いその生徒に人体解剖学のボディーペイントを行うと言うもです。講師のClaudia Diaz氏によれば、20年以上もこの講義を行っているが、暗記中心の人体解剖学の授業は退屈なので新しい取り組みを行


    タイタニックのバイオリン弾きというのは有名な話ですが、あの混乱時に他にも音を奏でていたものがあったそうです。このブタのオルゴールは、救命ボートに乗る子供たちを勇気づける為に、救助が来るまで数時間音を奏でていたそうです。タイタニック沈没から100年余り経過して


    ロックンフラワーのような何か楽しそうな大きなな花は、ソニックブルーム(sonic bloom)と呼ばれ夜になると色鮮やかに発光し、そして音を奏でると言ったソーラーパワーフラワー(solar powered flower)です。高さ10メートルあるというソニックブルーム(sonic bloom)はア


    一見レゴブロックで作られたような作品ですが、この作品はキネマモジュラーロボット(kinematics modular robot)と呼ばれ、子供たちを対象に力学やセンサー機能、自然エネルギ・再生可能エネルギーについて学んでもらう為に、ロボットを構築できるというBauhaus大学のLeonha


    私たちと一番近いとされるチンパンジー!!彼らに色を渡すとそれぞれの感性で、各々独自の創造的な表現でおもしろいものを作り出しています。このチンパンジーと絵画は、The Humane Society of the United Statesと言うアメリカの動物愛護協会が、主催した「お気に入りのチン


    とてもPOPで可愛らしい人体の模型!!見てるだけでも楽しい作品です!!この作品は、Kellia Anderson氏が、骨格、静脈、筋肉、臓器に至るまで製作した人体の構造のストップモーションです。人間がどうして機能しているか簡略的ですが、とても分かりやすく子供たちでも馴染め


    映画や特撮に出てくる怪獣やロボットは、実際どのくらいのサイズなのか気になると思います。このインフォグラフは、左端から人間の男女から始まり、最後(右端)は死神デストロイヤー(Reaper Destroyer)までのSFに出てくる仮想的な生物のサイズ比較を可視化した物で、モン


    この画像は、NASAによって作成された、太陽系内での潜在的に危険な1,400個の小惑星(PHA)軌道を示す地図です。この地図をご覧になっていただくと分かるように物凄い円の重なりが存在しているのが分かると思います。真ん中にある黄色い丸が太陽でその後に、水星・金星・


    自然との共生を考えていかなくてはいかない中、面白試みがされています。チューブに包まれる人の顔は、その共生を考えられたもので、中部の中には緑の藻類が流れており、人が息をする度に吐かれる二酸化炭素を吸収し育っていくというものです。光があるところでは二酸化炭素


    生ものを食べる私たちにとって生きたままの食材を食べるという事は、あまり驚きを感じる事は少ないですが、合成生物学を応用して生きていて動く食材を作り出したらと言う少し変わったプロジェクトが存在します。上記の画像はデモの画像(映像もありますのでご覧ください)で


    サメがいつも何を食べているか気になると思います。多分海の生物には間違いないと思いますが、口に入るものなら何でも食べそうな勢いを持っているサメ。590キロもある巨大なサメの胃袋を解剖をし最後の食事は何だったのかという研究がNOAAの学者Antonella Preti 氏により


    明日8月9日は長崎に原爆を落とされた日です。広島には原子爆弾リトルボーイ、長崎には原子爆弾ファットマン日本は二発も原爆を落とされてしまいました。史上最大の殺戮兵器原子爆弾を使用された広島・長崎は日本だけでなく、世界の人々も関心を寄せている事柄の一つです。こ


    このサイバー感覚に満ち溢れたスーツ皆さんは何だと思いますか。この不思議なスーツは、1960年代前半に設計されたスミソニアン国立航空宇宙博物館で展示されている宇宙服と言うことです。宇宙服をX線で撮影する事により、普段伺える事が出来なかった面白い内部構造を把握する


    この地球上に沢山のウイルスが存在し、そして日々進化をを遂げて私たちの身体を脅かす存在です。ウイルスの構造が少しでも分かりビジュアル化される事により、何か手を打つ手段が生まれるかも知れません。HIVウイルスと言う存在は、皆さんご存知のようにまだ良く分からない種


    もしこんなケーキを出されたらもったいなくて食べれないですね!!面白いのが表面だけ地球をデザインしただけでなく、地球内部の構造もきちんと作られている事です!見て楽しい切って楽しいこのケーキは、オーストラリアの動物学を専攻している学生のRhiannon氏が妹の地質学


    2050年には人口増加により食肉の生産量は現在よりも50パーセント増加しなくてはなりません。食肉用に飼われている家畜の生産効率から考えて、多分今よりも生産を全体的に50パーセントを底上げするという事は難しいと思います。そこで生産性・栄養価値の両方を考えたときに注


    このページのトップヘ