カテゴリ: ナゾナゾ


    この問題は直感的。見たまんまで解いてみよう!!




    スポンサードリンク



    吉兆をもたらしてくれるんだってさ。この虫綺麗だよね。緑い色になんかレインボーがかったところが。


    ポイントは、よく見ると何かよく見かける数字。それをどうにかしたらその中で欠けてる数字が見つかる。


    少々意地悪なのでヒントは詳しく書きます。2=11に関しては、1=5との関わりがあり、ある数に2を掛けてからのある数字を+。同様に3=36も1=5、2=11関わりがあり、ある数に3を掛けてからのある数字を+。


    ヒントは、サラダやジュース、パスタなんかで」よく見るよ。


    少々ややこしかったので、解き方のヒント書いておきます。(5✕?) - 5 =10


    ヒントは、店先で、買う気もないのに品定め。


    注目ポイントは、234567。ちょっと意地悪問題。


    百日紅は、中国名。長い間花を咲かせ続けるところから、百日紅と名付けられてそうだ。滑らかな樹皮から、ある動物も容易に登れないだろうと名付けられたんだって。


    確かにワニと言われれればワニぽさも感じられる。身の部分は、サラダにしたりわさび醤油でいただくとトロぽい感じで美味しい。さて、「鰐梨」と書いてなんと読む???


    ノーヒント


    この問題は、プラスマイナス混合でややこしかったので、解き方のヒント書いておきます。(●+1) ✕●=●(●-1 ) ✕●=●こんな感じの流れを作り出して、ハテナの数字を解いてみよう。


    ヒントは、鳥系。そのまま読むとその鳥の名になる。○○○○○○コ


    ポイントは、ある数字に0を加え、ある数字とある数字を+し、−。そういう意味での+0と考えると面白い問題。


    そのまんま問題。


    ヒントは、ある数字を+するとハテナに入る数字が自然と見えてくる。


    ヒントは、ローマ数字Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ,Ⅵ,Ⅶ,Ⅷ,Ⅸ,Ⅹ。


    ヒント、沖縄の名護に「鳳梨」公園あるよね。


    四則計算のルール。1,()2,×、÷3,+、-


    この果物は、世界何処の国で食べてもハズレがない。色は黄色で実は白い。そんな○ナ○!とか言ったりすることもある。


    このパズルは、○●をどう読み取るかで答えがでるのである。白黒なのか、それとも別の何かなのか。ヒントは、●=1、○=0。


    このメッチャ9の中にある数字が潜んでいるんだけど、どんな数字が潜んでいるんだろうか。いろんな角度から探ってみてね。


    ノブ子ぉ~!風の信子。なんか北斗の拳の風のヒューイ的な信子。さて「風信子」と書いてなんと読む?


    西暦の並びぽい感じ。1999から2011の間の西暦が入りそうだが、どうだろうか。


    皮を剥いたときに現れる半透明な実と食感に感動したよ、昔。


    なんで、「木乃伊」と書いて○イ○と読むんだろう。


    ポイントは、数字がとっても大きくなっているので、✕じゃないかと考える。色んな形でまずは掛けてみてからの−。7、12→37


    業平(なりひら)と書いて○○パン。当て字のようだが、「業平」で我が国の英語読みになるとは新たな発見。在原業平なんて菅原の”○○パン”だよ。おもしろいね。


    ポイントは、何処で分割して数字を読むか。この手の問題は何か見覚えのある数字の並びが手がかりになる可能性が高い。私ははじめ連続する数字の並びに注目し、中心の縦ライン三桁の数字として考えてみた。ヒントとしては、3桁の数字がどのように変化しているか。


    「我儘」のイメージは子供に多いが、大人でもありうる事柄だ。自己中心的な考えを持つ人。


    なぞの「ながおし」。ボタンなんかよく長押しするとかあるけれど、この「長押」はその長押しとは少々違うようだ。


    「薄」や「芒」と書いて○ス○


    「蓼」ってマジ苦いよね。


    このページのトップヘ