カテゴリ: アートデザイン


    たぶん多くの説明は必要としない写真だと思いますが、兵士が、仔猫にご飯をスポイトで与えている光景がとらえられています。戦場で自分自身が生きるか死ぬか分からないという場所で、小さな生き物に命を与えている光景です。このように何か一枚のショットから感じれる写真集




    スポンサードリンク



    私はメガネやコンタクトレンズを使用している近視です。この頃はメガネーズ人口がかなりの割合を占めるようになりましたが、裸眼で1.0以上の視力を持つ方々も沢山おられるとおもいます。以前目の良い人に良く聞かれる事があり、メガネをはずしたらどの様に見えるのかと言う質


    水中では行動力抜群の人魚。しかし足ヒレが陸上では適さず不自由な生活を強いられるとおもいます。この買い物をする人魚の風変わりな姿は「Life with a Handicap」というアーティストLenka Klodová氏の人魚で日常生活をやってみたシリーズの作品です。人魚のような足ヒレを


    これはエイリアンの解剖図。このエイルアンの解剖図はイラストレーターBrad McGinty氏が製作した解剖図と日本語を組み合わせた作品です。何か昭和を漂わせる色合いやタッチが私たちにとって、とても親しみを感じる作風を感じさせます。母国語以外の文字をイラストに重ねる事


    足元を見る。足元を見られた。よく交渉等で使われる昔、駕籠(かご)屋が足元を見て載せる人の品定めの為に行っていた事ですが、日本以外でも足元を見ると何かが浮かび上がってくるようです。このボロボロの靴の画像は、フォトグラファーShannon Jensen氏が南スーダン難民キ


    このユーモア溢れる大きな顔のEmma Watsonさんの画像は、Imgurユーザーのsamuelorsaumell氏によって製作された有名人の顔を大きくしたバブルヘッド(Bobbleheads)のシリーズです。バブルヘッドとは首振り人形を意味する言葉で、首振り人形のようなすこし体と頭の大きさのバ


    このイラストは、ロサンゼルスのグラフィックアーティストやWebデザイナーのFernando Reza氏が製作した、その国を代表とする未確認モンスターの関係がわかるトラベルポスターです。このイラストは、ロシアのヴォロネジ(VORONEZH)の未確認モンスターのジャイアンツ


    この鮮やかなドクロの作品は、ロサンゼルスベースのロシア人アーティストSasha Vinogradova氏の作品です。この作品は、ロシアの民俗絵画の様々なスタイルをドクロにペイントした、今までロシアの民族的なものに触れた事が無くてもすんなり、そのロシア民族の世界に入る事がで


    何か指で羽毛をパタパタさせています。このユニークな作品はアメリカ在住の韓国人アーティストDukno Yoon氏の作品です。そして彼はカンザス大学でと宝石や金属細工を教えるアシスタント・プロフェッサーのようです。指の動きによって、その先にある羽毛を鳥の羽ばたきのよう


    このドクロを見たときに新たな生物、ナス型生物のドクロかなと思ってしまうほどよく出来たドクロだと感心してしまいました。ナスのおもしろい特徴を活かし、かなりのドクロ感を演出しているこの作品は、ロシアのアーティストDimitri Tsykalov氏が製作した野菜や果物を削って


    この画像は、ナメクジ家族の食卓のテーブルには塩が盛られています。そして書かれているキャッチには「起こりうる最悪の事態とは何か」と書かれています。ただ塩分の取りすぎには注意と言ったことでは無く、ナメクジにとって塩は毒にあたる存在であり、それを摂取すると言う


    「12 Special Shoes for 12 Former Lovers」。過去に愛した12人の女性の為に製作されたこの意味ありげなヒールやピンヒール。ニューヨークを拠点とするアーティストでありデザイナーのSebastian Errazuriz氏のユニークな形をしたこれらの作品は、マイアミにあるMelissa pop-u


    皆さんも家族が集まると家族写真を撮り、成長やその時の余韻を楽しんだりしていると思います。この家族写真は、22年間毎年撮影されたものです。この作品は、フォトグラファーZed Nelson氏が彼の友人の家族写真を毎年、同じ日に撮影された作品です。1年ごとに撮影された写真は


    私達にとってはゴミのようなものでも、子供たちにとって見れば宝物であるもあったりします。この何処でも落ちていそうなゴミの寄せ集められたものは、イギリスのアーティストGuy Tarrant氏が集めた珍しいコレクションの一部です。このコレクションは、1996年から現在に至るま


    全身をヨガのポーズのように動かし、木炭を使用し製作されるこの作品は、ニューオーリンズベースのパフォーマンスアーティストのHeather Hansen氏の作り出すマンダラのような精神世界を映し出したものです。マンダラのようなサークルの中心に自分を置く事によって、Heather H


    へそに描かれた地図。この作品は、OMBLIGOという作品で、フォトグラファー南米のSergio Miranda氏の人間のへそに描かれたユニークな作品です。へその凹み具合や皮膚感、そして人の肌の立体感が、立体の地図のように感じられると思います。へそは、人的要素を表現し、そのへそ


    回る寿司と言う不思議な寿司文化が発達していく中、ミニカートラックが運ぶ寿司と言うものもあるようです。とてもちびっ子達に、うけが良さそうなこの寿司トラックは、パラモデル(Paramodel)という日本人のアートユニットが製作した作品です。パラモデルとは、「パラダイス


    この作品は、アーティストのFabian Oefner氏によって製作された「DISINTEGRATING・崩壊」と題されたシリーズです。プラモデルの様な車を少しずつ分解して行き、分解された部品と車を一つずつ撮影し、コンピューター上で組み合わせられたとても手の込んだ作業を必要とする作品


    人形で人形を作る。まさに究極のリサイクルとも言える面白い作品。この作品は彫刻家そして版画家のFreya Jobbins氏の必要となくなった人形のパーツを巧みにリサイクルし作成された人形アート。人形のパーツが作り出す顔の表情は、まるで日本の浮世絵師「歌川国芳」が作り出す


    この作品は、中国のフォトグラファーHuang Qingjun氏のそこに住む人々とその家族が所有する家財に囲まれるユニークな作品です。それぞれの家族の構成、趣味などによって所有するものが異なっており、お宅拝見でないですが、それぞれの家庭の様子を伺えることが出来ます。どの


    パン生地に吸収され、何かパンの具材のようになっている人物がいます。この作品はデンマークのアーティストSøren Dahlgaard氏のパン生地を使用した一風変わった、生地の伸びる変化にこだわりを持った作品のようです。彼の作品は、このようにパン生地を使ったものやパン生地


    オランダ出身のフィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)は、1853年から1890年の間に数々の名作を残しこの世を去りました。そのゴッホの絵画をミニチュア・ジオラマのように立体感を出し、新たに面白いゴッホの世界観を生み出したアーティストが居ます。アーティス


    地下鉄の下にある巨大ミミズと暮らす地底人。私たちの日常世界とは別に地下のユニークな世界が描かれるこの作品はブルックリンを拠点とするアーティストKristen Liu-Wong氏のユーモアとシュールさが感じられる作品です。彼女の作品は淡い色彩と日現実な世界が描かれているも


    夜の工場地帯は不思議な幻想的世界に生まれ変わります。この作品は、卵のカートン、ビール缶、ヘアカーラーや段ボールなどのリサイクル材料を使用し製作された「LAND SCAPE」。フォトグラファーDavid LaChapelle氏の工場やプラントをミニチュア模型に置き換えた作品で、カル


    漫画家高橋留美子さんの作品「うる星やつら」に登場するキャラクターのラムちゃん、トラ柄模様が印象的な鬼っ子ガール。諸星あたるを一途に思い、空を飛び電撃を放ち、異星人との交流、そしてとても愛くるしい言葉「だっちゃ」。そのラムちゃんに男女問わず魅了される人は多


    予言や黙示録。色々な形で存在する我々の行く末。科学的には証明できないことですが、なぜこの様なものが存在しているかがとても興味をそそられます。未来や吉凶を占い人々のまだ見ぬ閉ざされた未来を指し示した「奇跡の書:The Book of Miracles」という少しファンタジック


    ネアンデルタール人に置き換えられた海外セレブリティー達。これらの作品はworth1000のネアンデルタール人と海外セレブリティーたちを組み合わせるコンテストでクリエーター達が製作したものです。ネアンデルタール人の大きな特徴として、頭の大きさが現代人より大きく(脳の


    人は物事を様々な角度からいろいろな物を見ているんだなとつくづく驚かされるます。私たちが普段見ている何気ない風景や物事も少し見方を変えれば何か違うもに変わって見えるのですが、なかなか自分自身の判断ではなかなか気づきにくいもので、その判断や見方は人から教えら


    コーヒーさんたちがプンプンモードお怒り中。頭ポリポリカフェラテ君が「ソーリー・アイム・ラテ」。集合時間に遅刻したカフェラテ君がカフェラテだけにラテ(レイト)。駄洒落まじりの何かほんわかモードに入りそうなこの作品は、マレーシア・クアランプールのアーティストL


    この世界に生息するかしないか分からないミステリアス・クリーチャー。その真相が分からない神秘的な要素で数々の伝説や物語が作られたりしています。その神秘的な生物を題材としてその生物の標本解剖図を製作した人物ブラジルのアーティストWalmor Corrêa氏。彼はミステリ


    もし男女の性別が入れ替わったら。と考えた事は無いでしょうか?この性別が入れ替わったセレブ・スターたちはworth1000の「Gender Bending」のコンテストに掲載されている画像です。worth1000と言うサイトは主にデジタル加工中心で製作された作品が掲載されているサイトで、


    目が点になっている男性の姿。この男性はダイナミックな「キス」に驚きを感じているところ。この作品は、アーティストJedediah Johnson氏の「Kissing Everyone」と言うもので、キスの後に即座に被験者の反応や状態をスナップするというものです。被験者には事前にキスをする


    少林寺と言うと数々の修行の末にカンフーの極意を学び強くなる、香港映画の「少林寺三十六房」を思い出します。香港映画のいいところは、初めはそんなに強くない主人公が修行を積みドンドン強くなり悪党をぶっ潰すというところにあり、そしてその中にユーモアも取り込むこと


    このページのトップヘ