カテゴリ: アートデザイン


    未来を予感させる面白い乗り物。この頃はあまりこの様な未来を想像したようなイラストや本と言うのはあまり目にすることはありませんが、1950年~1970年代のデザイナーやアーティストは貪欲に未来のあり方を色々な形で表現していました。これらのイラストは、その時代に生き




    スポンサードリンク



    ピンクの桶に四角い籠。この作品は、アーティストのJackie Nickerson氏が撮影した「Terrain」。「Terrain」とは自然の特徴から見ることが出来る地域や地形。この作品は食料生産者と農業に関連した景観との関係について表したものです。農作物と人間が自然と重なるユーモラス


    本に針金で擬人化。本の表紙は本にとって顔に当たる部分。ここに描かれるタイトルやイメージで、その本が何なのか判断し、読んでみたり購入に至ったりします。この針金で手足を付けられた本は、「Wiry Limbs, Paper Backs」とタイトル付けられたアーティストTerry Border 氏


    地球の断片的な命のような存在の妖精。彼らは、架空の生き物ですが、私たちが八百万の神々(自然の神々)を信じるのと同じように地球に存在する人々は自然と言う不思議な生命に魅了され、それぞれのイメージでその不思議な生命を形作ります。この作品はスペインのクリーチャ


    こんな経験は無いだろうか!オシャレしてお出かけしたにもかかわらず、そのファッションが皆とかぶり嫌な思いをした経験を。この作品はオランダのフォトグラファーHans Eijkelboom氏が制作した「People of the Twenty-First Century」。同じ日の数時間の間に類似したファッシ


    ペンギンさんの丁寧な深々としたご挨拶のが作り出すシンプルでありながらも’なるほど!’と思ってしまうこの作品は、上海ベースのアーティストTango氏が制作したイラスト・ギャグ漫画。思いもよらない’オチ’が冴えている作品である。シンプルなお題的要素にユーモアを織り


    この組み合わせは斬新だ!この作品はトロントのアーティストAmy Swartz氏が制作した「Pests(害虫)」。昆虫標本とミニチュアフィギュア人形を組み合わせたハイブリッドな昆虫達が制作された作品である。素材はどこにでも居る昆虫を使い、それらに人形の首や体を合体させる事


    同じキャラクターでもそれを描く人の性格や個性などで大きく受ける印象は変わってくる。そしてどんな作品でもその描かれているものや作られているものは、その人の分身といっていいものであると私は考える。この作品は、ドイツのDeviantArtのユーザーでありアーティストであ


    皆さんはどの様な場所で友人達と集い、遊んでおられる?川原や何処までも続く草原、公園などがあると思われるが、それは世界の国別で少々異なっているようである。この作品はヴェニスベースのフォトグラファーJames Mollison氏が制作した「PLAYGROUND」。世界の子供たちの遊


    日進月歩で日々色々と新しいものが登場するこの世の中。その新しいものが話題になり、人々に普及する事で、前とは少し違った新たな世界が創造される。この作品はロンドンを拠点とするイラストレーターでありフランス人アーティストのJean Jullien氏が制作した「News of the T


    クルミは厚い殻に覆われていて、ハンマーで割ったり「クルミ割り人形」を使い中の実を取り出して食べなくてはいけないので、美味しいけども手軽ではないナッツの部類である。そんなクルミを手軽に食べられるようにしたかったのか、大量に剥きたかったのか、はたまたクルミ割


    もし、ディズニープリンセスがポケモンだったら!この作品はアーティストIsaiah Stephens氏が製作した「 If Disney Princesses Were Pokémon」。ディズニープリンセスたちとポケモンがとても上手く融合されポケーディーがとても感じられる楽しい作品だ(この画像の作品はリ


    キャプテンハーロック、どんな小さな約束であっても、一度約束を交わしたなら体を張り、命を懸け絶対に守る。そんな、キャプテンハーロックには、さりげなくその状況に適したメッセージを囁くミーメさんの存在がある。いつもワインらしきものを飲み、アンニュイな感じであま


    ドッグな人々!この作品はドイツのハンブルクのフォトグラファーInes Opifanti氏が制作した「The Dog People」。犬の飼い主が自身のペットであるワンコの表情を忠実に再現するといった現在進行中のプロジェクト作品である。犬と飼い主は、人間の長年連れそう夫婦のように似て


    一枚にたくさん詰め込まれたジブリ映画への多くの思い!この作品はアメリカのDeviantArtのユーザーであり、小さなアーティストGhibliLover92(Leslie Crockett)さんが描いたジブリファン・アート。一枚のスケッチブックに彼女の感じたジブリの世界観が素直に描かれており、オ


    このコスプレは、イタリアのdeviantartのユーザーでありコスプレイヤーのGiuzzys(Giulia)さん扮するワンピースの「しらほし姫」。地上の波打ち際を堪能するしらほしちゃんのひと時が演出されている素敵なコスプレ作品である。巨大人魚のしらほしちゃんバリのダイナミックさも


    筋斗雲(きんとうん)に乗るドラゴンボール初期の孫悟空!ドラゴンボール後半では皆が舞空術 (ぶくうじゅつ)で空を飛べるようになりその存在を見せなくなってしまったが、とても思い出深いドラゴンボールのシーンであった。この作品は、タイランドのアーティストphuwadon t


    かなりのかすみ(霞)っぷり!このコスプレはハンガリーのDeviantArtのユーザーであり、コスプレイヤーEnji Nightさん扮するゲームDead Or Aliveのかすみ(霞)。前回のCGじゃないのかと思ってしまうほどの春麗(チュン・リー )やMs.マーベルなどの驚きのコスプレ作品を今まで


    千手観音のようにマクドナルド商品を持つファストフード・セイント。この作品は、カナダ人アーティストChris Woods氏が制作した「Royal・Treats」と「McTopia」のシリーズ作品。私たちが良く知るファストフードショップとは違うホーリー&ブライトな光景を作り出しています。


    この画像は米航空宇宙局(NASA)と米国地質調査所(USGS)が、衛星で捉えた高画質で美しい衛星写真を審美的な感覚で選んだ「Earth as Art」。タイトルの「Earth as Art」が語るようにアートのような地球の衛星写真が集められています。この上にある衛星写真はマラスピーナ氷河(


    このポスターは、のクリエイティブ・スタジオ「H-57」のデザイナーMatteo Civaschi氏が制作したピクトグラムのムービー・ポスター。映画のタイトルとその内容がシンプルに描かれています。この画像の作品はエイリアンですが、この映画を見たことのある人は、「あ~なるほど!


    ルネサンス絵画とFACEBOOKのアラート表示。この画像は雲の上の人たちと地上の人たちが描かれた絵画とアラートの合わせ技の「Emoji-nation. part 4」というシリーズ作品これらの一連の作品は、ウクライナのアーティストnastya nudnik氏が製作した物です。この作品の中に登場す


    1915年と少し官能的なイラストが描かれたものがガラスの小瓶に入っています。この小瓶に入っているクッキーのような物は・・・・ 


    胸をはり颯爽と登場するニワトリ君。このニワトリ君はマレーシアのニワトリの美を競うコンテストに登場したニワトリの界のスーパーモデルといってもいいようなニワトリ君のナイスポーズ。このナイスなポーズのニワトリは、マレーシアのフォトグラファーErnest Goh氏が撮影し


    いつもと違う白雪姫。この作品は23三歳のアーティストTT氏の自身のサイトに掲載されている、ディズニーの枠を越え様々な民族や部族に置き換えられたディズニープリンセス達の作品です。地球上には暑い地域や寒い地域、その他の自然環境などの違いで肌の色や顔立ちなどが変わ


    この作品はストリートアーティストfauxreel氏が制作したストリートアート。壁に描かれた女性の顔と緑の作り出すヘアースタイルに遊び心が感じられる作品。ストリートアートといっても3Dのものなど様々なストリートが存在していますが、今回は、その場の環境に順応していくピ


    これらの貴重な画像はGoogleのBloggerユーザーのJohn Sisson氏によって集められられたモノで、1961年にロシア(旧ソ連)で子供向けに製作された「как  мы  на  ракете  летали」と言う本の中にある宇宙を旅するミニチュア人形を描いたものです。この


    重く立ちはだかるギロチン台。首を固定しバッサリといく恐ろしい物ですが、刃物の変わりに違う物が付いていたら。この作品はアーティストのSamuel Esquire氏の「Dray Walk Gallery - Progress」と言う作品です。このギロチンには刃物の変わりに首マクラが備え付けられていま


    ターンテーブルの回転するゴムマットに葉っぱを触れさす事によって奏でるクールサウンド。この動画はアーティーストDiego Stocco氏の「Duet for Leaves & Turntable」と言う作品で、指にカスタマイズした小型マイクを付け、回転するターンテーブルの上に針の変わりに葉っぱを


    黒い縦長のパイプオルガンのように筒が伸びるこの楽器は笙(しょう)という管楽器。日本でも雅楽で使用する楽器のひとつです。この笙(しょう)は中国から東南アジアの国々で多少素材は違いますが、大小さまざまな形で存在する楽器です。その笙(しょう)を使いゲーム音楽を


    デコンストラクト(分解)され並べられた作品は、自動車、自転車などのものがありますが、この「デコンストラクト(Deconstructed)」というシリーズ作品は、ゲーム機のコントローラーを焦点において製作されたものです。これらの作品は、Ballen Photographyという、フォトグ


    車軌陸車(きりくしゃ)ならではの大冒険。このシルバーボディーが輝く車はメキシコのアーティストIvan Puig氏とAndrés Padilla Domene氏が制作し、19世紀後半イギリスとメキシコ政府が整備し、現在使用されなく荒廃した線路を突き進み大冒険するプロジェクト「the SEFT-1」


    この作品は、ポーランドのDeviantArtのユーザーでありアーティストのMeago氏の「食べ物ガール」。様々な形で擬人化と言うものはありますが、食べ物の特徴的な部分を抜き出し食べ物と人間を組み合わせた食べ物の擬人化イラストレーション。彼女の作品のユニークなところは、そ


    このページのトップヘ