カテゴリ: ドウブツ


    こんな風にサナギになっていたんだ!この動画は「Monarch Butterfly Metamorphosis time-lapse FYV 1080 HD」。オオカバマダラの幼虫からサナギ、サナギから蝶へなる過程を見ることが出来る映像。全ての蝶がこのようにサナギになっているのかは分からないが、こんな風に繭を張




    スポンサードリンク



    なかなか動物園でも見ることの出来ない動物達。まだまだ、知らない動物たちもこの地球上に沢山いるっス。ちょっと変わった動物達をなんとなくギャートルズにのせてお送りしよう。 


    原油が流出しているような海中に漂う黒く大きな影。この影の正体は一体・・・・。 


    山盛りのバナナの上に一匹のサル。まさに宝の山!バナナ大好きなサルにとっては堪らない光景と思います。もし、この光景と同じシチュエーションが実際に存在していたらいかがでしょうか。そんなバナナ!と言う方もおられると思いますが、そんなバナナの光景をみなさんはこれ


    ま、丸すぎる羊さん。この羊は、シュレック(Shrek)ちゃんという羊でニュージーランドの南島に住んでいた6年間毛を刈るのを拒否し、洞窟に隠れていた何とも不思議な羊さん。飼育者のJohn Perriamさんが言うには、発見した当時シュレックを見たときに聖なる生き物のように輝


    ピラニアと言うと肉を集団で貪り食うイメージがあると思います。水中かで尾ひれをバタバタしワニのように一度食いついたらはなさないピラニア君。そんな行動を逆手に取ったピラニア漁があるようです。この動画は「piranhas」という、腸のような肉の断片を川の中に入れること


    この作品は、フランス人アーティストのEDOUARD MARTINET氏の古い自転車、自動車、バイク、タイプライターなどの無数の廃棄された部品で製作された昆虫の作品です。この画像は、スズメバチのオブジェですが、使用された材料は、【腹部:ブーツ、バイクのヘッドライト用鋼。胸


    なんでそ~なるのッ!この動画は「Кот ушёл / Cat gone」。まるで欽ちゃんを髣髴させるニャンコの二足歩行映像。手の振りがイマイチ足りないが、顔の方向、体の向き、走り方が欽ちゃん走りを感じさせるニャンコな光景が捉えられている。 


    心優しい男性に起きたミラクル!この動画はタイのKiatnakin bankのCM作品「THE DOG : ธนาคารเกียรตินาคิน (Official HD) 」。屋台で串を買う男性の目の前に現れた一人の女性、そして登場する白いわんこ。そして白いわんこは、その優しい男性に串を貰う


    孔雀といえば手塚治虫の「火の鳥 乱世編」にも出てくる「火の鳥」と間違えられた鳥ですが、この画像の孔雀を見ていると「火の鳥」と間違えても仕方がないかなと思えます。孔雀が生息する地域も中国から東南アジア、南アジアに分布する孔雀とアフリカに分布する孔雀がいるら


    マニキュアを塗るおばあちゃんの手。と言いたい所ですが、指が一本足りません。少し妖怪人間のベラポイ感じも否めませんが、この作品は、davide lucianoさんとclaudia ficcaさんがコラボして製作した「cold feet」と言う作品で、哺乳類、爬虫類、鳥類などの動物の手を使い、


    幼い頃、昆虫がなぜか二匹離れなず引っ付いているのを目撃し、引き離した事があります。今考えると悪いことしてしまったなと後悔の念に駆られるてしまいます。自分の遺伝子を残す作業「交尾」。昆虫達も様々な方法で「交尾」を試みているようです。それはまさにインドに古く


    羊のようなこのブタさんは、ハンガリーで19世紀初頭に誕生した希少なマンガリッツァ(Mangalitza)と呼ばれる2004年にハンガリーで国宝にされるほどの希少なブタさんです。別名ウーリーピッグと呼ばれゴールド・レッド・ブラックの毛の色が存在し、ぬいぐるみのようなカーリー


    梱包などに良く使われる通称プチプチ。エアークッション、気泡シートや気泡緩衝材とも呼ばれています。その名の通り、物が壊れないようにクッションとして使われるものですが、いつしかその存在に気づき、誰にも教えられずともプチプチやっていたと思います。この動画は「Rac


    このニャンコのイラストレーションは、Tumblrのユーザー、そしてアーティストDerlaineさんの「アニメアウ・ANIMEW」と言う作品です。ドラゴンボールやセーラームーン、トトロなどの私たちが良く知るアニメのキャラターを可愛くニャンコに置き換えています。そして、このニャ


    動物たちは襲い掛かる敵襲に備え自然と溶け込む為に保護色や擬態で身を隠します。この画像は、ある生物があるところに存在している画像。よ~く目を凝らしてみるとある物が見えてきます。その生物は普通にいるのですが、こんなに普通すぎるほどの存在がなぜ見えぬ!と見えて


    天上天下唯我独尊。頭の感じと耳の辺りがブッタ感を漂わしている「ウロコ・アリクイ」。このウロコ・アリクイはセンザンコウと呼ばれるアリクイと食生活と生態が似ているためアリクイ目に分類されていますが、本当はネコ目に最も近い動物だそうです。以前コウモリが「ペガサ


    唇に口紅を塗るようにペイントを施したリップ・ペイントアート。この作品は、deviantartのユーザーであり、アメリカのアーティストPaige Thompson氏(viridis-somnio)の唇にアニメのキャラクターや動物を描いたシリーズ作品。唇にペイントすることで、動物の可愛さと動物の


    見た感じ2匹のワンコのお知りが見えています。この動画は「Basset hound clown car...incredible!」というもので、思いもよらない数のバセットハウンドがこの小さな犬小屋からワラワラと出てきます。一体何匹潜んでいるのでしょうか?


    勇気ある行動といっていいか、無謀と言うか、体を貼った哺乳類と爬虫類の「はじめてのチュウ~」。この男性は、中国・福建省の男性らしいですが、カミツキガメとキスをしています。キスと言うよりも唇に噛み付かせているだけに見えますが、この後の彼の唇がすんげ~事になっ


    ブルーとエメラルドグリーン、ホワイトの布がウロコのように重なり合っているこの画像は、ある生物の一部をオートメイテッド・マクロ・フォーカシング・レイル(automated macro focusing rail)を使用し、生物学者、フォトグラファーであるlinden gledhill氏がカメラでマク


    ニワトリのクチバシが似合いすぎるパグ。このパグはredditのユーザーadmiralsmallnesさんが、redditサイトに投稿した「Pug chicken」。なぜか妙にマッチしすぎているニワトリのクチバシマスクを装着したパグさんの姿。 


    これは、最高の組み合わせだね!この作品は、アーティストLisa Ericsonさんが製作したハイブリッドアニマル作品。南国に住むお魚と美しい色鮮やかなサンゴが融合された、南国の海が凝縮されたように感じるとても美しくユニークな作品だ。 Last but not least, here’s “B


    武装された昆虫たち。この作品は、オランダ人アーティストの job van der molen氏が製作した昆虫標本の昆虫に武器などを装備した昆虫軍隊「Insect Army」です。それぞれの昆虫の習性を活かした武装昆虫の姿を作り出しています。ハチは歩兵の様で、トンボは垂直離着陸可能な


    もし、会社の上司が猫だったら!この作品はアーティストTom Fonderさんが制作した「Business Cat」。猫あるあるの上司が面白い漫画作品である。猫の上司という発想と猫あるあるが入り混じり楽しいコメディーをつくり出している。


    ねこっちのあるある~!微妙な距離感を保ちながら、決してこちらの思い通りに動いてくれないツンデレさん。でも、そんなねこっち惹かれた者達のみぞ知りえる、ねこっち達のあるあるの世界。さてさて、どんなあるあるが登場するのか!そしてあるある共感しよう!


    動物ファッション界のリーダともいえるニャンコさん。なんでも着こなすお洒落さんで、見た目のモフモフ感から想像できない意外と軽いライトウエイト。そんなニャンコさんが今回、ねこメガネチャレンジ。どれもこれもいい具合に似合ってるにゃ。


    ネコ君の写真に楽しくお絵かき!この作品はBenjamin Starr氏とネコの飼い主のAmanda Coffelt氏のidraw_on_catsというプロジェクトで制作されたネコ君たちのファンタジック・ドゥードゥルアート。ネコ君たちの何気ない姿の写真にお絵かきをしていくというものです。ネコ君た


    ママ~!!助けて~。ミッション・イン・ポッシブルさながらなナイスキャッチ!偶然が作り出すリアル写真は、迫力と人の手では作り出せない感動やおもしろさがあります。今回お送りするのが、ナイスタイミングで撮影された動物達のおもしろショット。15枚のおもしろ画像をお


    吸血系の生物は、「マダニ」。とても小さな生物ですが、二酸化炭素の匂いや体温、体臭、物理的振動などに反応して、私達の体や動物達の体に飛び移り、吸血し血を栄養源とする厄介な生物です。このマダニは、普通の吸血昆虫は刺す事によって吸血するのですが、このマダニは、


    ゴミ箱のような缶と角材、そしてペットボトル。この不思議な組み合わせの光景は、見た目シンプルながらにも、効果的なネズミ君捕獲装置です。設置されたペットボトルには、ネズミ君の大好きなご飯が貼り付けられています。この後ネズミ君はどうなるのでしょうか! 


    紅白の色合いが、何かめでたさを感じさせるカタツムリ界の寿司ネタ「マラッカベッコウマイマイ」。又の名をインデレラ・アムプラ(Indrella ampulla)というインドのウエスタン・ガーツ山脈に(Western Ghats)に生息するカタツムリです。カタツムリの巻貝の下から出ている白


    細かい触手のようなものを体に帯び、らせん状にねじる不気味な生物。この生物はマヨイアイオイクラゲと呼ばれる深海に住むグタクラゲの一種であり、カツオノエボシしと同じグループに属する生物としてもよく知られています。このマヨイアイオイクラゲは全長が40メートルを超


    このページのトップヘ