カテゴリ: ノリモノ


    昔の車は、チャレンジ旺盛でカッコイイの多いね!この動画はユーチューブのkbigstoneさんが編集した1964年から1990年までの車のCM集。今ではあまり見ることが出来ないものから、たまに走ってるのを見る事ができるものまで、ノスタルジックな車を感じさせてくれる映像。ただノ




    スポンサードリンク



    面白いね、ベトナムの町並み。この動画は「It's less scarier than it look.」。ベトナムの町中をバイクですり抜けで爆走する映像。ちょっとスリリングだけど違った視点からの町並みを感じれるバイクから見ることが出来るベトナムだ。 


    やっぱ、パカ目カッケェ!この動画は「Tribute to Pop Up Headlights: Almost every car made with them」。隠しライトがクールすぎるスーパーカー映像。登場する車は、Cizeta V16t、Ferraris、Lamborghinis、Toyota 2000GT、TVRs、a Cord 810 Plymouth Superbird、BMW M1な


    なんか、めっちゃ早そうだな!この動画は「The Fastest Ship in the U.S. Navy: Boeing Pegasus-Class Hydrofoils (720p HD)」。アメリカ海軍が運用していたペガサス級ミサイル艇映像。水中翼船というと一般客を輸送したり、観光用をイメージしてしまうが、軍艦の水中翼船は


    こんなスノーチェーンがあるんだね。この動画は「Onspot Tire Chain Operation」。車下のタイヤ横に設置された回転する幾つものチェーンが、スノーチェーンの役割を果たすワンスポット・タイヤチェーン映像。まじかよ!こんなんで、スリップ防げるのかよ!と思っていたんだが


    愛犬と自作キャンピングカーで二人旅。この写真に写っているのは、イタリアの旅行好きのMarina PiroさんとOdieちゃん。彼女は、中古の5ドア2001年式ルノー・Kangooを改造し、素敵な自作キャンピングカーで愛犬のOdieちゃんと旅をしているそうだ。それもKangooのサイズで、こ


    水陸両用って、プラレールの幅ひろがるなぁ~!この動画は「水中プラレールを作ってみた」。水中でも走ることが出来るプラレールを見ることが出来る映像だ!製作者によると、プラレールの車両を水陸両用に改造してみました。ふと思い付いたので、簡単な方法でやってみました


    ジ~ッ、なんか森からの視線が・・・。この作品はスペインのバイクカスタム会社El Solitarioが制作した「MONONOKE」。1975のDucati(ドゥカティ)350をベースにスタジオジブリの「もののけ姫」をデザインし制作されたバイクであるのだ。 その姿は、サンが犬神に乗る姿そのもの


    今日2015年10月21日は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」でマーティ(マイケル・J・フォックス)がデロリアンでタイム・トリップした30年後の未来の日。そしてこの動画は「Fueled by the Future | Back to the Future | Presented by Toyota Mirai」という、Toyota


    船長席からはこんな風に見えてんだな!この動画は「The Gunhilde Maersk - 4K Time Lapse by Toby Smith」。 コンテナ船 (Gunhilde Maersk)から見る美しい船旅のタイムラプス映像である。このコンテナ船はベトナムのホーチミンから中国の寧波市に航行するGunhilde Maersk


    みなさんも一度は思ったことがあると思われる、小型のドローンで有人飛行ができるんだろうか?を実践した人物がいる。この動画は「The Swarm Manned Aerial Vehicle Multirotor Super Drone Flying」という、複数のドローンを使い製作されたお手製のドローンを使って宙に浮く


    親亀の上に子亀じゃあるまいし、どんだけ~!この動画は「Kran - Mobile Liebherr Kundentage 2012」。LR 13000というクレーンのプレゼン映像。クレーンがクレーン、そんでまたクレーンがクレーンを吊っちゃっている、クレーンってとっても凄いんだね!が良く伝わってくる斜


    このバイク欲しいっす!この動画はDC SHOESが制作した「DC SHOES: ROBBIE MADDISON'S "PIPE DREAM"」。一見普通のモトクロスだが野山を駆け抜け、川や海までも制するかなりオフロードなバイク映像。そして、この映像の最大の見所は海!海を自由に走り回る、ジェットスキー、


    この動画は「INSPIRED Presents the LOPIFIT a new Walking Bike invention」。オランダのBruin Bergmeesterさんが、考案し制作したまるでランニングマシーンと自転車が合体したようなユニークな自転車LOPIFIT。このように普通に歩いていてもランニングマシーンのベルトが力


    この作品はオーストリアのアーティストErwin Wurm氏が制作したウニョ~ンとネコバスのように曲がっている車。ドイツのカールスルーエの街に展示されているユニークな車のオブジェである。こんな柔軟性のある車ならもうバックは怖くない!しかし、前進するとボヨ~ンと凄い衝


    このタンクは、Howe and Howe Technologies社が開発した「Ripsaw EV2」。600馬力のディーゼルエンジンが搭載された、凄まじい機動性とデザイン性がクールなスパータンクである。動画「Ripsaw EV2 Extreme Luxury Super Tank 2015 1st Look (original)」も掲載しているので、


    リアル・ホバーボードでギネス新記録!この動画はGuinness World Recordsが制作した「Farthest journey by hoverboard - Guinness World Records」という、カナダのAlexandru Duruさんが、カナダ・ワロール湖(Lake Ouareau)で成し遂げた大型ドローンでの記録映像。なんと!


    この車はイタリアの工業デザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロ氏が設計、製作し1971年にトリノオートサロンで発表したコンセプトカー「マセラティ・ブーメラン(MASERATI BOOMERANG)」。隠しライトに、平ぺったい風を切って走りだしそうなヘラのような風貌、44年前に登場


    こういうのって楽しいいし面白いね!この作品はフランス人デザイナーSylvain Viau氏が制作した「フライング・カーズ(Flying cars)」。レトロな車も今時の車もタイヤを取っ払いホバーさせるだけで、未来を感じさせてくれるグラフィックデザイン作品だ。インスピレーションは


    うぉ~かっけ~!このバイクは工業デザイナーmehmet doruk erdem氏がデザインした「アポロ・ストリームライナー(apollo streamliner)」。このバイクのデザインは速度の向上を試みるものではなく、日常の街乗りを意識しデザインされた個人的なプロジェクト作品である。まる


    この蒸気機関車のようなバイクはオランダのモーターバイクショップRevatu Customsが制作した「Black Pearl」。ガソリンや電気を燃料として走るバイクとは違って石炭の熱エネルギーを使った蒸気機関バイクである。漆黒のボディーとクランクの回転でバイクのタイヤに動力を送る


    これ一台で線路の入れ替え作業!?この動画は「RU 800 S」という、線路メンテナンス列車「RU 800 S」が線路をメンテナンスしていく映像。その様子は長い線路ひいたり、砂利採取や砂利ひき、枕木ひきなどの作業をこの列車一台でこなしていくという、まるで工場の流れ作業のラ


    嘘のようなホントな光景!この動画は「dv motorcycle chariot racing」。バイクを馬の様に操るバイカーが映し出された映像。どの様な手綱さばきをし走らせているか分からないが、馬の手綱を操るようにバイクを操り走行している鉄の馬を運転する不思議な光景が捉えられている


    頭上数メートル!世界一飛行機を近くに感じれるカリブ海!セントマーチン島のマホビーチ(Maho Beach)。そんなマホビーチのスローモーション映像が今話題になっている。この映像を撮影したのは旅行作家のPaul Luningさん。マホビーチの動画はユーチューブで多くUPされている


    飛行機に乗っていると雲の厚い部分を飛行する事がある。飛行機の窓からその光景を見ると厚い霧の中を移動しているように見えるが、飛行機の外側から見るとこんな風に飛行機が雲の中を通過している事が分かる。この映像は「Emirates A380 CLOUD CUTTING」。エアバスA380が厚い


    ジブリの世界にもこんな感じの乗り物登場しているけど、妙に何かそそられる。それがスチームパンクぽいせいなのか、乗り物であり住居であるところなのか、はたまた乗り物から生活感が感じられるのか、その理由は分からないが、実際に見たことが無い未知なる乗り物なのに何か


    こりゃ~凄いぞ!この動画は「EPIC CATCH!!! Dashing Thru the Snow 」という、大雪に見舞われたカナダで捉えられた列車映像。除雪車無しでもパワフルに雪を蹴散らし線路を進む豪快な列車が走る光景が映し出されている。そしてこの列車はカナディアン・ナショナル・レールウ


    美しいフォルム!そしてタンクからシート後方までの流線型の一体感がたまらないこのバイク。このバイクはBandit9が制作した「EVE」。このバイクは、1967年のHonda SSをベースにウクライナのファッションデザイナーkonstantin kofta氏と共に製作されたカスタムメイドモデルバ


    ぶっ潰す爽快感があるストリートファイターのボーナスステージ!このストリートファイターのボーナスステージを実際にやってみた人物が居る!この動画はユーチューブのユーザーPaul "The Kicking Machine"さんが制作した「REAL LIFE Street Fighter Car Bonus Stage」。赤い


    4本の草刈アームが一気に草を刈る!この動画は「Claas Xerion 3300 VC Octopus | Ditch Bank Mower | Loonbedrijf Hack」。通常よく見られる光景では、芝刈り機を持ち人がブイ~ンと芝を刈っていくが、オランダのメーカーが制作した4本のアームの先に付いた芝刈り機「Claas X


    これは想像を超えるデカさを誇る大型建設重機!この今にもトランスフォームしそうなアームと回転する刃が凄すぎる重機は、バケットホイールエクスカベーターと呼ばれるバガー288(Bagger288)。ドイツのクルップ社が開発製造したもので、建造に5年の歳月が費やされたという、


    この動画は「Sand Dune Car!!」。どこの国か分からないが車で、砂で出来た壁のような巨大な急斜面登る光景が捉えられたもの。さて、この車はこの巨大な急斜面を登ることができたのであろうか!それともまさか!のハプニングに巻き込まれてしまったのであろうか!


    この動画は「Saudi Ghost Riding taken to a whole new Level!」。確かにニューレベルといっていいユニークな方法でブルドーザーが動かしてしまう朗らかな光景が映し出された映像。アルプスの少女ハイジを髣髴させる砂漠でのブルドーザーな光景なのだが、一体どんな光景が収


    昨今、電気と従来のエンジンの動力を使ったハイブリットカーから、水素を燃料とした燃料電池で動く燃料電池自動車(FCV)まで、環境と二酸化炭素の減少を目的とした車が登場している。そんな中、人力と電気を用いた車も登場している。この画像の赤色の車のような乗り物は、th


    どこでも自分の家を味わえるのなら、その旅もまた違ったものになるに違いない。このオールドバンを改造し居心地の良さそうなキャンピングカーを製作したのはMike Hudson氏。システムエンジニアの仕事を辞め、自分が持つ世俗的な所有物のほとんどを友人などに譲り、そして10年


    スノボーシーズン到来で当分の間スノボーを楽しむ事が出来るのであるが、オールシーズンスノボーを楽しめる’スケートボード’というものがあるようだ。このスケートボードは「LEIF eSnowboard」。現在indiegogoで販売されているスノーボードの感覚を楽しむ事ができるスケー


    新しいけど60、70年代も感じさせる美しい流線型を持つバイク。このバイクは、ドイツで開催された「the Bad Salzuflen Custombike Show」に登場したアクラポビッチ(akrapovic)という、主にオートバイのエキゾーストマニホールド、マフラーを製造するメーカーが制作した「フル


    フェリーやボートなどに乗ると引き起こされる船酔い。一度乗ってしまうと船なので途中で下船が出来ないので、ひたすらその気持ち悪さを耐えなければならない。この一風変わった船は、Velodyne Marineがデザインした「マルティーニ1.5(Martini 1.5)」。なんと!この船にはア


    もしこんな機体が登場したら飛行機に乗るだけで満足しそう!この動画は「Aerospace Windowless Aircraft - The Future Inspired by CPI」という、巨大なデジタルウィンドウを機内に設置するといったイギリスのCentre for Process Innovation (CPI)と言う企業が制作した映像。


    映像の世界だけだと思っていたら、まさか現実に!この動画は「J-deite 開発者インタビュー:「No Transform, No Robot」中二から始まった変形合体ロボの道」という、トランスフォーマーさながらの車からロボへのトランスフォームが見ることが出来る映像。マジすげ~と思える


    昨日に続き今日もバック・トゥ・ザ・フューチャー系お送りいたす!昨日はホバーボードであったが、今回はデロリアン。昨日のホバーボードは宙に浮くよりリアルなホバーボードであったが、今回のデロリアンも宙に浮き空まで飛んでしまう超カッコイイ!デロリアンである。この


    車輪???このいまだかつて見たこと無いユニークな乗り物はInventistが制作・販売がしている「Lunicycle」。かなりのバランス力が必要と思われる座るサドルも無く、車輪とホイールとペダルだけの、マジで一輪な一輪車だ。ホイール中心部に備えつけらられた軸となる棒にペダ


    久々にホバーボードの話題が飛び込んできた!今回はキックスターターで発表されたモノなのでホバーボードにリアリティーがある。この世界初のリアルホバーボードは「Hendo Hoverboards」と呼ばれる特殊な磁場を作り出し浮遊するホバーボード。地上から約1インチ(2.54 センチ


    ビートルでキャンピングトレラーを引いて旅するって楽しそう!この動画は「Wow! The Volkswagen Beetle Mini-Camper from the 70's!」という、1970年代に撮影されたワーゲンのビートルとキャンピングトレーラのドッキング、そして走行風景が収められた映像。ドッキングしてい


    長時間の飛行機で移動となると必ず出てくる機内食。朝食は割りとさっぱりしたものが多いが、夕食は出発地の国に関係した食事や向かう国の食事が提供される。寝ているときなどタイミングによって迷惑なときもあるが、機内での私にとって結構楽しみなイベントの一つでもある。


    社会主義国の実態と言うものはなかなか見えにくく、それがゆえに興味がそそられる。この写真はAram Pan氏が撮影した北朝鮮:高麗航空(Air Koryo)の実態。高麗航空(Air Koryo)は、平壌を拠点に国内線・国際線(中国・ロシア・マレーシア・タイ・クウェート)を運航している北


    これは綱渡りよりも怖いかも。この動画は「The Making of the World's Tallest Rideable Bicycle」という、世界一背の高い自転車を運転する様子が捉えられたもの。どれ位高いかと言うと、20フィート(約6メートル)の高さがあり、ビルでいうと2階から3階の高さに相当する高さ


    見ただけでも何かワクワク観が感じられる三輪自転車ハウス。この作品は、中国・北京のPeople’s Architecture Office (PAO)とthe People’s Industrial Design Office (PIDO)がコラボレーションをし制作された三輪自転車ハウスだ。外観のデザインもとてもクールに仕上がっ


    なんじゃこりゃ!海中を突き進む謎の物体。この光景は日本・岩手県で捉えられたなんとも奇妙な光景。潜水艦の潜望鏡のように突き出た部分が湾内を動き回る様子が捉えられている。 


    2隻併走そうする巨大コンテナ船。このコンテナ船に一体何があったのか!この動画は「Accident between two vessels in suez canal 29/09/2014 in portsaid」という、2014年9月29日にスエズ運河で一方のコンテナ船が突然向きを変えだし、巨大コンテナ船同士が一触即発の状態に


    このページのトップヘ