カテゴリ: ノリモノ


    心地よい風とそして振動。それは眠りへの誘いの扉。フォトグラファーAlejandro Cartagena氏がメキシコの道路を行きかうトラックの違う視点から捉えたユニークな写真「car-poolers」です。画像は14枚ほどあるのですが、殆どといっていいほどお昼寝中の写真です。出勤途中なの




    スポンサードリンク



    トランスフォーム!!中学生の頃、助走をつけ正座でスライディングするコンボイ・スライディングが流行っていたのを懐かしく思います。この動画は「Transformers / Transforming Deluxe [1080p]」というユーチューブに掲載されているサイバトロンとデストロンのトランスフォ


    円形の円盤のようなこの不思議な船は、「ノブゴロド・Novgorod」。1874年頃に実用化されたロシアの円形砲艦です。この船は、ポポフ提督によって設計されたもので、この戦艦の利点は沿岸や河川で正確に火器で敵艦を狙えるところにあり、この時代の戦艦の中では大きな火器をを


    もし私たちが良く知る映画やTVドラマ、アニメに出てくる車が「トランスフォーマー」のロボットのようにトランスフォームをしたら。この作品は、イラストレーターDarren Rawlings氏が描いた「If They Could Transform」、’もしそれらがトランスフォームできたら’とタイトル


    ジ~ッ、なんか森からの視線が・・・。この作品はスペインのバイクカスタム会社El Solitarioが制作した「MONONOKE」。1975のDucati(ドゥカティ)350をベースにスタジオジブリの「もののけ姫」をデザインし制作されたバイクであるのだ。 その姿は、サンが犬神に乗る姿そのもの


    ハンドメイドのものは色々ありますが、全てハンドメイドで製作されたポルシェと言うのをご存知でしょうか。このゴールドに輝くポルシェは、動力は自転車ペダルから伝わる人力で、パイプとダクトテープと四輪自転車で構成される究極のエコカー・ポルシェです。mailonlineによ


    この車達は1950年代から1970年代にかけて作られたコンセプトカー。今から約60年ぐらい前にデザインされていますが、今の時代にもマッチしそうなくらいの斬新なデザインで作られています。コンセプトカーなので自動車メーカーが展示目的で試作された自動車なので、量産や販売


    古くて新しいような、もし乗れるのならこんなフライングマシーンで空を飛んでみたい!この作品はアーティストDaniel Agdag氏が制作した「The Principles of Aerodynamics」。この夢のあり、そして構造がなんとも興味をそそるフライングマシーンは、全てダンボールで制作され


    この蒸気機関車のようなバイクはオランダのモーターバイクショップRevatu Customsが制作した「Black Pearl」。ガソリンや電気を燃料として走るバイクとは違って石炭の熱エネルギーを使った蒸気機関バイクである。漆黒のボディーとクランクの回転でバイクのタイヤに動力を送る


    このエアバス(Airbus A-380)のジャンボジェット機は、ユーチューブのRCHeliJetに掲載されている1/16スケールのラジコン飛行機が空に飛び立つ映像が収められた動画で、人が横に立っていなければ、本物のシンガポール・エアラインズのエアバス(Airbus A-380)に思ってしまう


    曲線が美しいこのバイクは、ニューヨークのFrank Westfall氏のバイクコレクションの一つである「1930 KJ Henderson Custom Motorcycle」です。結構古いバイクのようですがアールデコ調の流線型が、近未来感を感じさせるスタイリッシュなデザイン。(スペック:1200cc・直列4


    この作品は、アーティストのFabian Oefner氏によって製作された「DISINTEGRATING・崩壊」と題されたシリーズです。プラモデルの様な車を少しずつ分解して行き、分解された部品と車を一つずつ撮影し、コンピューター上で組み合わせられたとても手の込んだ作業を必要とする作品


    地面効果翼機と呼ばれる旧ソ連で開発されたエクラノプラン(Ekranoplan)。地面効果を利用して、地面や水面の上を数10センチメートル~数メートルの高度を保ち飛行する航空機や船舶の一種とされています。少し立ち居地が曖昧な乗り物ですが、翼に備え付けられた幾つも並列さ


    未来を予感させる面白い乗り物。この頃はあまりこの様な未来を想像したようなイラストや本と言うのはあまり目にすることはありませんが、1950年~1970年代のデザイナーやアーティストは貪欲に未来のあり方を色々な形で表現していました。これらのイラストは、その時代に生き


    現代の車は、余計なものをそぎ落としとてもシンプルに納まったダッシュボードを使用していますが、1980年代ごろは、ハンドル周りやその周辺に様々なボタンが配列され、メーター類も色鮮やかなデジタルで表示でされたモノが多かったともいます。そんな1980年代ごろの車に搭載


    これは凄い!この動画は「Matt Hunter Going Around a Corner on his Bicycle」という、Specialized Bicyclesが製作したマウンテンバイクを使い、フィールドで水平走行をするとてもトリッキーな映像が収められているものです。この映像に映っているのはプロフェッショナル・


    アメリカの自動車紹介番組「Jay Leno's Garage」に登場した三輪自動車「デコポッド:Decopods」。キャンピングトレーラーのエアストリームのようなシルバーボディーが輝く、レトロとメカが際立つ車。この三輪自動車「デコポッド:Decopods」は、日本でもたまに見ることが出来


    この車は、イギリスの自動車会社リライアント社が、1962年から1972年に生産していた車、リライアント ロビン(Reliant Robin)。普通の車のボディーをしていますが前輪一輪、後輪が二輪のコミカルな車です。この動画は「Top Gear : Rolling a Reliant Robin - Top Gear - BBC


    車軌陸車(きりくしゃ)ならではの大冒険。このシルバーボディーが輝く車はメキシコのアーティストIvan Puig氏とAndrés Padilla Domene氏が制作し、19世紀後半イギリスとメキシコ政府が整備し、現在使用されなく荒廃した線路を突き進み大冒険するプロジェクト「the SEFT-1」


    この画像は、フォトグラファーLaurent Maes氏が制作した船舶の上空写真シリーズ「Shipshape」。一枚モノの上空写真と言うのも珍しく興味深い物ですが、何とこの船舶の上空写真は、10フィート(3メートル)の大きさまで印刷が可能な高画質・高解像度な写真です。WEB上でも


    ピアッジオのエイプ。べスパで有名なピアッジオが販売している三輪の50CCの車です。そのエイプのデザインがファイヤーパターンとレッドとブルーで構成されています。このイラストは「UNCONVENTIONALHEROES」というアーティストのGerald Bear氏が製作した、映画に登場した車を


    セガのアーケードゲーム「アウトラン(OutRun)」。私もゲームセンターで良くやったゲームで思いで深いレースゲームです。その「アウトラン(OutRun)」のそのままのゲーム画面を使用して公道を走ります。車両となるモノはEVTアメリカ電動トライク(3輪スクーター)を使用し


    宙に浮くこの女性は、な、な、何と!2機のラジコン・ヘリで宙に浮いています。この動画は、「Two helicopters lift a woman - Aviation Milestone & World Record (HeliGraphix HULC project)」と言う動画で、HeliGraphixと言うラジコン愛好家が集まるクラブが撮影したもので


    これは想像を超えるデカさを誇る大型建設重機!この今にもトランスフォームしそうなアームと回転する刃が凄すぎる重機は、バケットホイールエクスカベーターと呼ばれるバガー288(Bagger288)。ドイツのクルップ社が開発製造したもので、建造に5年の歳月が費やされたという、


    幼い頃、自転車がバイクのサウンドを作り出せたらと思った事はないでしょうか。グリップ型のバイクサウンドを楽しめる物はありましたが、走行と共に音がなるモノは無かったと思います。この自転車・バイクサウンドシステムは、「TurboSpoke Bicycle Exhaust System」というva


    このオレンジの物体は、ラジコン愛好家Nic Caseさんが製作した時速300キロ(188MPH)オーバーで爆走するラジコンカーの姿を捉えた「Nic Case's R/C Bullet goes 188mph」。大きな物体が時速300キロで走り抜ける時には、その物体をまだ目で追うことが出来ますが、この小さなラ


    車輪に注目していただきたい。いつもある物が無く、動力の伝わり方に違いことにお気づきであろうか。この自転車は、イタリアのデザイナーGianluca Sada氏が制作した「サダ・バイク(sadabike)」。車輪のあり方を新しく発想する事で、動力の伝わり方など今までの自転車のあり


    前に突き出たボンネットとキャメル色の幌がカッコイイこのトラックは、1954年製Commer:消防トラックを改造して製作されたキャンピングカー「ビアー・モス(THE BEER MOTH )」。私たちが良く知るキャンピングカーよりも、かなりの家感が漂うキャンピングカーです。この消防


    この画像のホンダS90と並ぶ未来感覚が満ち溢れているバイクがあります。このバイクは、ロシア人工業デザイナーIgor Chak氏がホンダS90発売からデザインした「the 50th anniversary of Honda Super 90」。彼は幼い頃日本で生活をしたことのある日本通でもあります。このバイク


    この飛行機はイタリアで1932年にルイージ・スティパ氏が設計し、カプロニ社が製造したまだ開発段階の実験機だったトイレットペーパーの芯のような筒型プロペラ飛行機「スティパ・カプロニ(Stipa Caproni)」の復刻版です。飛行機の胴体がトイレットペーパーの芯のように空洞


    謎多き神秘に満ちた海中を自由に漂う事が出来たらどんなに素晴らしいことだろう。この飛行機のようで宇宙船のような潜水艦は、DeepFlight社が制作した「ディープフライト・スーパーファルコン・マークII(DEEPFLIGHT SUPER FALCON MARK II)」。水深400フィート(121.92 メー


    自転車の一輪車のような電動バイク。この電動バイクはRYNO Motorsが制作販売しているワン・ホイールの一輪電動バイク「RYNO(ライノ)」。車のタイヤサイズのタイヤにバイクのボディーが載った世界初のマイクロサイクルとして知られているユニークな電動バイクである。操作方


    なんか、めっちゃ早そうだな!この動画は「The Fastest Ship in the U.S. Navy: Boeing Pegasus-Class Hydrofoils (720p HD)」。アメリカ海軍が運用していたペガサス級ミサイル艇映像。水中翼船というと一般客を輸送したり、観光用をイメージしてしまうが、軍艦の水中翼船は


    このページのトップヘ