カテゴリ: ノリモノ


    宙に浮くこの女性は、な、な、何と!2機のラジコン・ヘリで宙に浮いています。この動画は、「Two helicopters lift a woman - Aviation Milestone & World Record (HeliGraphix HULC project)」と言う動画で、HeliGraphixと言うラジコン愛好家が集まるクラブが撮影したもので




    スポンサードリンク



    これは想像を超えるデカさを誇る大型建設重機!この今にもトランスフォームしそうなアームと回転する刃が凄すぎる重機は、バケットホイールエクスカベーターと呼ばれるバガー288(Bagger288)。ドイツのクルップ社が開発製造したもので、建造に5年の歳月が費やされたという、


    幼い頃、自転車がバイクのサウンドを作り出せたらと思った事はないでしょうか。グリップ型のバイクサウンドを楽しめる物はありましたが、走行と共に音がなるモノは無かったと思います。この自転車・バイクサウンドシステムは、「TurboSpoke Bicycle Exhaust System」というva


    このオレンジの物体は、ラジコン愛好家Nic Caseさんが製作した時速300キロ(188MPH)オーバーで爆走するラジコンカーの姿を捉えた「Nic Case's R/C Bullet goes 188mph」。大きな物体が時速300キロで走り抜ける時には、その物体をまだ目で追うことが出来ますが、この小さなラ


    車輪に注目していただきたい。いつもある物が無く、動力の伝わり方に違いことにお気づきであろうか。この自転車は、イタリアのデザイナーGianluca Sada氏が制作した「サダ・バイク(sadabike)」。車輪のあり方を新しく発想する事で、動力の伝わり方など今までの自転車のあり


    前に突き出たボンネットとキャメル色の幌がカッコイイこのトラックは、1954年製Commer:消防トラックを改造して製作されたキャンピングカー「ビアー・モス(THE BEER MOTH )」。私たちが良く知るキャンピングカーよりも、かなりの家感が漂うキャンピングカーです。この消防


    この画像のホンダS90と並ぶ未来感覚が満ち溢れているバイクがあります。このバイクは、ロシア人工業デザイナーIgor Chak氏がホンダS90発売からデザインした「the 50th anniversary of Honda Super 90」。彼は幼い頃日本で生活をしたことのある日本通でもあります。このバイク


    この飛行機はイタリアで1932年にルイージ・スティパ氏が設計し、カプロニ社が製造したまだ開発段階の実験機だったトイレットペーパーの芯のような筒型プロペラ飛行機「スティパ・カプロニ(Stipa Caproni)」の復刻版です。飛行機の胴体がトイレットペーパーの芯のように空洞


    謎多き神秘に満ちた海中を自由に漂う事が出来たらどんなに素晴らしいことだろう。この飛行機のようで宇宙船のような潜水艦は、DeepFlight社が制作した「ディープフライト・スーパーファルコン・マークII(DEEPFLIGHT SUPER FALCON MARK II)」。水深400フィート(121.92 メー


    自転車の一輪車のような電動バイク。この電動バイクはRYNO Motorsが制作販売しているワン・ホイールの一輪電動バイク「RYNO(ライノ)」。車のタイヤサイズのタイヤにバイクのボディーが載った世界初のマイクロサイクルとして知られているユニークな電動バイクである。操作方


    なんか、めっちゃ早そうだな!この動画は「The Fastest Ship in the U.S. Navy: Boeing Pegasus-Class Hydrofoils (720p HD)」。アメリカ海軍が運用していたペガサス級ミサイル艇映像。水中翼船というと一般客を輸送したり、観光用をイメージしてしまうが、軍艦の水中翼船は


    4本の草刈アームが一気に草を刈る!この動画は「Claas Xerion 3300 VC Octopus | Ditch Bank Mower | Loonbedrijf Hack」。通常よく見られる光景では、芝刈り機を持ち人がブイ~ンと芝を刈っていくが、オランダのメーカーが制作した4本のアームの先に付いた芝刈り機「Claas X


    ぶっ潰す爽快感があるストリートファイターのボーナスステージ!このストリートファイターのボーナスステージを実際にやってみた人物が居る!この動画はユーチューブのユーザーPaul "The Kicking Machine"さんが制作した「REAL LIFE Street Fighter Car Bonus Stage」。赤い


    このバイク欲しいっす!この動画はDC SHOESが制作した「DC SHOES: ROBBIE MADDISON'S "PIPE DREAM"」。一見普通のモトクロスだが野山を駆け抜け、川や海までも制するかなりオフロードなバイク映像。そして、この映像の最大の見所は海!海を自由に走り回る、ジェットスキー、


    この動画は「INSPIRED Presents the LOPIFIT a new Walking Bike invention」。オランダのBruin Bergmeesterさんが、考案し制作したまるでランニングマシーンと自転車が合体したようなユニークな自転車LOPIFIT。このように普通に歩いていてもランニングマシーンのベルトが力


    ジブリの世界にもこんな感じの乗り物登場しているけど、妙に何かそそられる。それがスチームパンクぽいせいなのか、乗り物であり住居であるところなのか、はたまた乗り物から生活感が感じられるのか、その理由は分からないが、実際に見たことが無い未知なる乗り物なのに何か


    飛行機に乗っていると雲の厚い部分を飛行する事がある。飛行機の窓からその光景を見ると厚い霧の中を移動しているように見えるが、飛行機の外側から見るとこんな風に飛行機が雲の中を通過している事が分かる。この映像は「Emirates A380 CLOUD CUTTING」。エアバスA380が厚い


    このタンクは、Howe and Howe Technologies社が開発した「Ripsaw EV2」。600馬力のディーゼルエンジンが搭載された、凄まじい機動性とデザイン性がクールなスーパータンクである。動画「Ripsaw EV2 Extreme Luxury Super Tank 2015 1st Look (original)」も掲載しているので


    この武装されたようなモトクロスバイクは「モトペッド・サバイバルエディション(Motoped Survival Edition)」という、自転車とバイクを合体させた「モトペッド(Motoped)」をサバイバル化したものです。TOMOSのペダル付きバイク・モペッドは日本でも販売されており、たま


    美しいフォルム!そしてタンクからシート後方までの流線型の一体感がたまらないこのバイク。このバイクはBandit9が制作した「EVE」。このバイクは、1967年のHonda SSをベースにウクライナのファッションデザイナーkonstantin kofta氏と共に製作されたカスタムメイドモデルバ


    長時間の飛行機で移動となると必ず出てくる機内食。朝食は割りとさっぱりしたものが多いが、夕食は出発地の国に関係した食事や向かう国の食事が提供される。寝ているときなどタイミングによって迷惑なときもあるが、機内での私にとって結構楽しみなイベントの一つでもある。


    フェリーやボートなどに乗ると引き起こされる船酔い。一度乗ってしまうと船なので途中で下船が出来ないので、ひたすらその気持ち悪さを耐えなければならない。この一風変わった船は、Velodyne Marineがデザインした「マルティーニ1.5(Martini 1.5)」。なんと!この船にはア


    外見は至って変わらない普通のバイクですが、エンジン部分に注目して欲しい。隙間無くぎっしりとメカに埋め尽くされたエンジン。このバイクは「ベーコンバイク(Bacon Bike)」という、WEBサイトのDrivenbyBaconが、制作したベーコングリースをバイオ燃料に変換し、それを


    仕事場にこんなスペースがもしあったなら、かなりクリエイティブな発想が浮びそうなモダンでハイ・デザインな飛行機の部品で制作された驚きのデスクや椅子たち。このカッコよすぎるオフィス・ファニチャーは、MotoArtが制作したFEATURED PRODUCTSと呼ばれるもので、使用され


    見ただけでも何かワクワク観が感じられる三輪自転車ハウス。この作品は、中国・北京のPeople’s Architecture Office (PAO)とthe People’s Industrial Design Office (PIDO)がコラボレーションをし制作された三輪自転車ハウスだ。外観のデザインもとてもクールに仕上がっ


    なんじゃこりゃ!海中を突き進む謎の物体。この光景は日本・岩手県で捉えられたなんとも奇妙な光景。潜水艦の潜望鏡のように突き出た部分が湾内を動き回る様子が捉えられている。 


    新しいけど60、70年代も感じさせる美しい流線型を持つバイク。このバイクは、ドイツで開催された「the Bad Salzuflen Custombike Show」に登場したアクラポビッチ(akrapovic)という、主にオートバイのエキゾーストマニホールド、マフラーを製造するメーカーが制作した「フル


    こういうのって楽しいいし面白いね!この作品はフランス人デザイナーSylvain Viau氏が制作した「フライング・カーズ(Flying cars)」。レトロな車も今時の車もタイヤを取っ払いホバーさせるだけで、未来を感じさせてくれるグラフィックデザイン作品だ。インスピレーションは


    親亀の上に子亀じゃあるまいし、どんだけ~!この動画は「Kran - Mobile Liebherr Kundentage 2012」。LR 13000というクレーンのプレゼン映像。クレーンがクレーン、そんでまたクレーンがクレーンを吊っちゃっている、クレーンってとっても凄いんだね!が良く伝わってくる斜


    とてもカッコよく、ジブリワールドに出てきそうなこのバイクは、スチームパンク・スクーター(Steampunk Scooter)と呼ばれる、一見蒸気を原動力として動きそうなデザインで製作されたバイク。このスチームパンク・スクーターは、オランダのエンターテイナー:アーサー・バン


    どこでも自分の家を味わえるのなら、その旅もまた違ったものになるに違いない。このオールドバンを改造し居心地の良さそうなキャンピングカーを製作したのはMike Hudson氏。システムエンジニアの仕事を辞め、自分が持つ世俗的な所有物のほとんどを友人などに譲り、そして10年


    この動画は「Saudi Ghost Riding taken to a whole new Level!」。確かにニューレベルといっていいユニークな方法でブルドーザーが動かしてしまう朗らかな光景が映し出された映像。アルプスの少女ハイジを髣髴させる砂漠でのブルドーザーな光景なのだが、一体どんな光景が収


    この車はイタリアの工業デザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロ氏が設計、製作し1971年にトリノオートサロンで発表したコンセプトカー「マセラティ・ブーメラン(MASERATI BOOMERANG)」。隠しライトに、平ぺったい風を切って走りだしそうなヘラのような風貌、44年前に登場


    このページのトップヘ