カテゴリ: ノリモノ


    人類の夢ホバーボード(Hover Board)。バック・トゥ・ザ・フューチャーの映画が公開されて以来、空飛ぶホバーボードは多くの人々の興味をそそり、もし販売されたなら絶対に欲しいアイテムの一つになっていると思います。前回のHUVrTechが撮影したバック・トゥ・ザ・フューチ




    スポンサードリンク



    これから気候もよくなりバーベキューやキャンプシーズンの到来です。この小型のキャンピングトレーラーはどんな悪路でも耐えることができるオーストラリアのConquerorが制作したオフロード型キャンピングトレーラー「UEV-440」。こんな小さなスペースにエアコン、電子レンジ


    もし何気に止めたTAXIがデロリアンだったら。あなただったらどうしますか?違うタクシーをまた捜しますか、それともタイムトラベルにでかけますか。色々想像してしまうと思いますが、このタクシーはバック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX [Blu-


    このような写真は、びっくり写真で見かける光景の一つですが、その飛行機をつかむといった行為に特化した写真と言うのは、あまり目にしない物だと思います。この作品は、マカオベースのWebデザイナーであり開発者のVarun Thota氏が制作した「Chasing Toy Planes(blog.instag


    ベトナム・ハノイは、私もお気に入りの場所でホーチミンとは違った昔ながらのベトナムを感じれる場所です。カフェにはとても小さなテーブルと小さな椅子があり、少し変わった視線でコーヒーを飲む事が出来、また街中もかなり入り組んでおり、必ずといって迷ってしまうラビリ


    宇宙探査のが出来そうな外観をもつトラック。このトラックは「KiraVan」と呼ばれ、Applied Minds社の最高経営責任者(CEO)Bran Ferren氏が、自分の4歳の娘と冒険する為に製作されたアドベンチャートラックです。この画像からも伺えるように様々な機能が搭載されているトラ


    007 私を愛したスパイ:ロータス・エスプリ(Lotus Esprit)は、車なのに潜水艦に変身する姿は、007の中でも衝撃を受けたボンドカーだったと思います。ロンドン映画博物館で行われている007:ジェームス・ボンドをテーマとした「Bond in Motion 」。この展覧会は、ジェームズ


    ハンモックと青い空、この川に浮かぶフローティングハウスのような乗り物は「Saunalautta」という手作りで製作されたイカダです。このイカダにはサウナルームもついているという乗船したら、きっと一日が素敵になりそうな雰囲気を感じさせてくれます。以前フローティング・ゲ


    手を組み何かの上に乗っている船長の姿。見た目そんなに大きなものでは無さそうですが、下に何かがありそうな気がします。 


    この銀色の宇宙船のようなものは、フリーフライト8(Free Flight8 (FF8))というNASAが開発を進めている無人の月面着陸機。このプロジェクトは、モーフィアス・プロジェクト(Morpheus)と呼ばれる物で、以前にも何回か行われましたが、炎上したり、まっすぐ飛ばなかったりし


    手作りの良さは、世界で一つだけと言う事と気持ちがそのものに入っているということです。このゴーストバスターズの「Ecto-1 Vehicle」は、Bryan Wilson (ハンドル名:tabres) さんは、最近生まれた甥っ子のために、何か驚きとユニークな物をプレゼントとして贈りたいという


    バック・トゥ・ザ・フューチャーIIのナイキの自動靴ひも調節シューズに続き、次はホバーボードまでが。この画像は、HUVrTechが撮影したバック・トゥ・ザ・フューチャーの空飛ぶホバーボードの映像。何人かのアーティストが、ホバーボードに乗り楽しんでいる風景を見ることが


    玉虫色に輝くランボルギーニー。この動画は「ド派手LEDランボルギーニ軍団 夜間首都高爆走編」という動画に収められたかなりのキラキラボディーをしたランボルギーニーが首都高を爆走するものです。約一ヶ月ぶりに日本へ戻ったスティーブ。今回は前回諸星伸一氏に連れて行っ


    漆黒のカーボンボディーが輝くこのバイクは、ロータスが初めて製作したロータス(lotus)C-01というモーターサイクルで設計にはダニエル·サイモン(daniel simon)氏が関わっているそうです。このスーパーバイクのフレームは宇宙に飛び立つロケットやスペースシャトルに使わ


    この船は、海洋調査船シー・オービター(SeaOrbiter)。まるで宇宙を漂うスペースシップやコロニー、宇宙ステーションのような形をしています。このシー・オービター(SeaOrbiter)はフランスの建築家Jacques Rougerie氏が設計した海洋調査船で、船体の高さは200フィート(60


    この動画は、「A cars worst nightmare / Maszyna do mielenia samochodów」という巨大車粉砕マシーンで砕かれる車を撮影されたものです。この粉砕場所はポーランドで悪質な違法駐車された車を解体される場所でもあるそうです。駐禁で、もしレッカーされ自分の車がこのよう


    イタリアのフィアットとSMEG社が共同で製作したフィアット500のフロントで製作した冷蔵庫。レトロな車と冷蔵庫がコラボするとなにかビンテージ冷蔵庫のような感じを醸し出しています。ホワイト・グリーン・レッドカラーがあるようで、フロントだけ見ているとタイヤも付いてい


    この平ぺったい車は、イギリスのペリー・ワトキンス(Perry Watkins)氏が製作したギネスに登録されている世界一車高の低いフラットな車「バット・モービルThe Bat Mobile」です。赤ちゃんが普通に座って同じぐらいのこの車の車高は、48.26センチメートル、そして全長3.7メー


    マニラフォルダーと糊だけで製作されたボーイング777。この作品は、Luca Iaconi-Stewart氏が5年の歳月を掛けボーイング777を60分の1スケールで製作したものです。操縦席や客席、貨物室、エンジンや車輪を忠実に紙だけで再現し製作されています。紙だけに神業とタイトルに書き


    トラックのような乗り物に8機のローターが装備された、この乗り物は、「AT Black Knight Transformer」と呼ばれるAdvanced Tactics Incと言う航空宇宙産業企業が製作した世界初の空陸両用の垂直離着陸(VTOL)を可能にした航空機です。8機のローターだけで空を飛ぶのかと言


    沈没しかけている様にも思えるこのユニークな船は、アメリカ海軍が古くから所有する海洋物理学研究所「RV FLIP」。通常のスプーン型したこの船は全長108メートルの長さがあり、この海面から出ている部分(船首部分)がその内の17メートルに当たるそうです。海面下には残りの9


    氷のブロックを積み、そしてトラックのボディーを作り出す。この氷で出来たユニークなトラックはカナダのタイヤ・バッテリーメーカのCanadianTireが製作したアイス・トラック(Ice truck)です。外観だけでなく車内の細かいところまで完璧に元のトラックを再現されています。


    この宇宙船のような不思議な空飛ぶ物体は、LEMV(P-791)という巨大ハイブリッド飛行船です。LEMVとは長時間飛行が可能で多用途情報収集するビークルと言う意味で、ノースロップ・グラマン社とハイブリッド・エアービークルズ社によって開発されたハイブリッド飛行船を指しま


    このグリンピース・カーは、「Birds eye」という冷凍食品製造会社のCM動画「Pea Car」と言うものです。このグリンピース・カーが街を走りぬけていくのですが、その途中バラバラになっていきます。出荷から自宅までの鮮度を表現したユニークな冷凍食品のCMの様ですが、この球


    クリスマス使用に電飾が取り付けられた眩しいほどに輝くクリスマスカー。デコトラ顔負けのクリスマスツリーのような電飾の華やかさがクリスマスを演出しています。やはり、LED電飾より普通の電飾の方が輝きが綺麗ですね^^ 


    現在のミシュランのマスコットのイメージとは少々雰囲気が違うビバンダム(Bibendum)君。この写真は1900年代初頭に撮影されたものです。ミシュランといえば世界最大級のタイヤメーカーであり、ミシュランガイドという旅行ガイドブックで知られるフランスの企業です。そのミ


    セグウェイのようなこの乗り物は、Bel & Belというスペインのバルセロナのデザイン会社が設計したべスパ・セグウェイ・エレクトリカ(VESPA SEGWAY ELECTRICA)というセグウェイとべスパを合体させたような乗り物です。 Bel &Belは、このほかにもべスパの部品やフレームを利


    宇宙船でありタイムマシーンでもあるブルーのポリスボックス、その名はTardis(ターディス)!Doctor Who(ドクター・フー)のストリーには欠かせない乗り物であり、いつもドクターの運命を司るように時空を超えて様々な場所に連れて行く、意志があり生きている不思議な乗り


    イギリス・ヘイ-オン-ワイ(Hay-on-Wye)の近くにあるマジェスティック・バス(Majestic Bus)。懐かしい形のオールドバスが、キャンピング・バスに。このマジェスティック・バス(Majestic Bus)は、ロンリープラネットにも掲載された素敵な時間を過ごせる場所のようです。


    ランドローバー・ディフェンダー(land rover defender)の65周年を記念して製作された、この見ていて楽しくなるこの車はstudio jobによってデザインされた物です。様々な面白いものが引っ付いており、動き出すとパレードが始まりそうなワクワク感が感じられます。使用されて


    このタイヤは、アメリカのポラリス・インダストリアル(Polaris Industries)社が製作した蜂の巣のようなハニカム構造を用いて製作された「Polaris Sportsman(ポラリス・スポーツマン) WV850 HO」というものです。今までのタイヤとは違いタイヤの中にチューブや空気入れな


    UKベースのイラストレーターChris Labrooy氏によって製作された摩訶不思議な車。この車は「Auto Aerobics」と言う作品で、もちろん実在しない車ですが、2台の車が知恵の輪のように絡み合ってとてもユニークな車と車の重なりを見せています。 


    未来の乗り物というと真っ先に思い浮かぶのが、自由自在に空を駆け回る車ホバーリング・カー。この車は、実際には存在していないものですが、ノスタルジック・カーをベースに写真加工されています。この作品は「Air drive」というCOOLなホバーリング・カーのシリーズで、


    このページのトップヘ