カテゴリ: ノリモノ


    ベスパと言えば流線型のモノコックボディーが美しいヨーロッパ・イタリアのバイクですが、そのベスパをここまでワイルド仕様に改造されたものは今までに見たことはありません。ワイルドだろ~オーラを凄まじく放なつその風貌は、今まさにインドネシアでベスパが超えた新たな




    スポンサードリンク



    本田技研の65年間にわたる、ものづくりの歴史を1分56秒で体験できるこの映像は、一つのナットから始まり、そのナットが、時代を追うように次々と変化していくのだ。この映像には、「Honda Hands」と名づけられ、本田技研の長い歴史から培った技術、「ものづくりの手」が集約


    ↓グーグルマップでセントマーチン島を探索できます。青い海そして、ギラギラと輝く太陽。セントマーチン島のマホビーチ(Maho Beach)は、カリブ海に浮かぶ島にある、世界一飛行機を近くに感じれるビーチです!マホビーチ(Maho Beach)がどんな場所かと言いますとプリンセ


    塗装が剥がれ落ち、鉄がむき出しになり、やがて赤く染まっていく姿。そこには、朽ちるというよりも何か力強さを感じられる。なぜそのように感じれれるのか。ありのままの姿を恥ずかしげもなくさらけ出しているからだろうか。朽ちるもの姿は、新しく生まれたものの姿よりも奥


    過去の大戦で使用された潜水艦たち。彼らの大半の人生は水中での戦いに費やされていた。大戦が終わり使用されなくなったものや、退役したものが行き着いた場所がこれからお届けする、偉大なる潜水艦の眠れる場所であります。彼らの中には、まだ原型をとどめているものもある


    海から約500キロにあるドイツのミューヘン。そんなミューヘンのアイスバッハ(Eisbach・ice brook)でサーフィンが、楽しめるらしい。海から相当離れた町にはウエットスーツ、そしてサーフボード片手に川に向かう少し奇妙な光景を目撃できると言うことだ。アイスバッハは


    少し様子のおかしい夜空に浮かぶヘリコプター!緑色に発光する光がまるで蛍にでも囲まれているような感じです。なぜ、このように緑色に発光しているのでしょうか?カルト的なものの力なのでしょうか?それともUFO絡みでしょうか?または自然現象がもたらすオーロラ的なものが


    水陸両用車の存在は以前から取り上げられていますが、陸上・水上どちらにおいても性能を妥協しないのが、WaterCar社が製造するパンサーである。動力は、ホンダ3.7リッターのエンジンとポンプジェット推進システムを使い、陸上での最高時速80マイル(約時速130キロ)、水上で


    この車は、皆さんのよくご存知なシンプソンズ ホーマーカーであります!!Porcubimmer Motorsによって製作されたもので、細部のディテールまで忠実に再現された” THE HOMER”である。ゴリラパワー炸裂なエンジン搭載で、ドア横に取り付けられたスヌージーホルダー、後ろの


    UFO・空飛ぶ円盤とっても不思議な存在です。やはり各国で円盤を飛ばそうと試みていたようです。確かに円盤だから宇宙人が乗っていると言うのは私たちの勝手な想像であって本当は、この様な形の乗り物が存在していてもおかしくは無いと思います。またなぜ、円盤型の開発に力を


    自転車の後ろに伸びたジェットエンジン!!これが何を意味するか皆さんお分かりであろうか。この自転車は、ジェットパワーを使い突っ走る最も危険な乗り物である!!最高時速は50マイル(80.4672 キロメートル)。たかが80キロぐらいかと思われる方も多いと思いますが、細い


    1943から2013へ移り変わり行くVespasの進化をアニメーション化されたものです。題してVespalogy(ベスパロジー)、歴代のVespasが出てきますのでVespas好きにはたまりません。こちらの作品は、フランスのクリエイティブエイジェンシーNomoonによって製作されたものです。


    カメが重なるように積まれた船・船・船・船。この様な船見た事あるだろうか!それも、半分沈んで、航行が 出来るそうだ。この様な船の事を半潜水艇と呼ばれている。どの様に輸送しているか見てみよう! 


    ホイールの中に本棚・鍋・フライパンの家財が、一切合財詰め込まれた、生活感溢れるホイールハウス。コロコロゆっくり転がりながら、二人は、どこに向かうのだろうか。彼らの世界観が見ものです! 


    そうそう!これこれ! こんなの探してたんだ。未来の飛行機 ブン・ブッ・ブン!世界の果てまで飛んで行け→ → → → → → → → → → → → → → → → →  


    5時間の間に、こんなに飛行機が行き交っているとは!色とりどりの飛行機が空港に向かう姿は、迫力があり見る価値ありです。まるで、旅客機が戦闘機に見えてしまうのが不思議。


    LOVE&PEACEの大御所 ジョン・レノン サイケデリック・ファントムVロールスロイスです。これも彼の”Piece of love ”なのかな!(PEACEとPIECEかけて見ました(*'-'*)) 


    空を高速で駆け抜けるジェットマンことYves Rossy氏。自由自在に空の高速移動を楽しむ男です!背中に背負ったウイングとその羽に取り付けらジェットエンジン!!彼が空を駆け抜ける姿はまさにアイアンマンです。 


    沢山のミニカーが、勢いよく超巨大コースを爆走する。ジェットコースターのような上りから一斉に下りに向かうその光景は、見るものを圧倒させる迫力です!!トミカのミニカーもこの様なコースで次々と走らせると面白そうですね!多分ちびっ子達は釘づけになる事は間違いない


    こんな自動車乗ってみたくないですか。小さな頃よく未来の乗り物で紹介された空飛ぶ車。みんなが一度は憧れたそんな乗り物を見てみよう! 


    このちょっと変わった形をした自転車。デンマーク・コペンハーゲンの不妊治療のクリニックに精子を届けるEuropeanSpermBank(欧州精子銀行)のデリバリー自転車です。環境に配慮された自転車を使い、ユニークな精子の形をした頭の部分には、保冷設備が備えられています。今時


    このページのトップヘ