カテゴリ: タベモノ


    このおもしろ試みは、アイスランドのredditorのSvabiAlonsoさんが考案した地球最大規模のサンドウィッチ。内容を良く知ると「な~んだ」と思ってしまいますが、アイデアとしてはユニークな発想で制作されたいます。 




    スポンサードリンク



    この作品はアーティストGinou Choueiri氏が制作した「Las Papas」。Ginou Choueiri氏の友人、家族、政治家やポップスターなどの顔を片っ端からジャガイモに描きポテトに変身させたものです。なぜGinou Choueiri氏がジャガイモをキャンバスに選んだのかと言うと凸凹とした皮膚


    夏に近づくとどうしても露出してしまう体型。寒い時期なら服でカバーできるのですが、服が薄手になるとかばー出来なる箇所が増えてきます。今までにダイエット法は色々ありましたが、今回紹介するダイエット方法は、幾つか皆さんもご存知なダイエットもありますが、過去に海


    フォトショップやイラストレーターのアイコンが並ぶユニークなディッシュ・プレート「アイプレート(iPlate)」。そして写真を撮影する前に加工・編集をしたくなるようなお皿。このお皿はフランスのイラストレーターであるTodd Borka氏が制作したブログに食べ物をアップした


    麺を編む。この作品はシンガポールのアーティストCynthia Delaney Suwitoさんが製作した「Knitting Noodles」。茹でた麺をニットのように編みこんでいくといった作品。あの粘度があるネバネバしている茹でた麺をニットのように編みこんでいく作業。想像するだけでも忍耐と精


    この動画は「Popping Popcorn at 30,000 FPS in Ultra Slow Motion」。ポップコーンの一粒がハジケル瞬間をスローモーションで撮影された映像。その光景は、発泡スチロール、コットン、花の開花なんかを想像させるダイナミックなものとなっている。 


    その国や都市からイメージできる食べ物!この作品はイラストレーターBea CrespoとフォトグラファーAndrea Portoles氏が制作した「ブランチシティー(Brunchcity)」。その国によって変わる私たちが良く知る食べ物とペーパークラフトが作り出す、食べ物の味と香り、そしてその


    良くて手入れされた道具と職人の技が交わると驚きを感じる何かが生まれる!この動画は「Sharpest Knife in the World Slices Tomato Super Thin」という、あの型崩れし易いトマトをそこまで薄くスライスするかと言う映像なのだが、スライスされたトマトに職人の技がキラリ!


    黄色の皮を持ち、剥くと白い果実、その形状も三日月のようで、よく考えてみるととても不思議な果物バナナ。中にはバナナを食べるとモア~ンとした感じが嫌だから嫌いと言う人も居るが、モア~ンとしたバナナの食感と言うのも、バナナ特有の不思議さをかもしだしている。そし


    給食のために学校に行く!と言う考えは現代ではあまり見られないようだが、一昔前では月一回配られる給食献立表をTVの番組表を見るような感じで、この週はこんなデザートやおかずなどと面白い番組を楽しみにする様に見ていた。アイスクリームやプリンにヨーグルト、カレーに


    私たちにとって食材である牛タン。この牛タンを使い地理的な生ものを制作した人物がいる。この作品はアーティストElisabeth Hogeman氏が制作した「Geographic Tongues」。牛タンに植物的な木々なものや石などを装飾(パリのモネの庭園で調達した材料)し、牛タン自体をジオグ


    これは素晴らしい!この養蜂箱はFlowHiveが発明・制作したオートマティックで濃厚で純粋なハチミツが抽出可能な蜜蜂を育てたくなるような夢のような養蜂箱。従来なら遠心分離機でハチミツを抽出するのだが、この養蜂箱を使えば遠心分離機無しで手間をかけず、そして巣を壊さ


    ソーセージってこんなに主張が強く目立つ存在だったとは!この作品はニューヨークの匿名フォトグラファーが制作した「IDK ABOUT THESE HOTDOGS」。あらゆる場所、そしてあらゆるシーンに登場する、ユーモアとユニーク性が入り混じるソーセージの光景が捉えられた作品である。


    江戸時代に「黄身返したまご」というゆで卵があったらしい。この動画は「黄身と白身が逆転!黄身返したまごの簡単な作り方!」。なんと!黄身と白身が逆転したゆで卵の作り方映像である。何のために黄身と白身を逆転させたのかは分からないが、洒落た江戸時代の人々の粋な物


    ホイップクリームって美味しいけど、混ぜ混ぜするのが大変だよね~。この動画は、「Whipped Cream - Like a Boss!」。泡立て器を使わずホイップクリームを作る方法が紹介された映像。何処の家にもあるジャー(ジャムの瓶のようなもの)とホイップを使うことでお手軽にふんわり


    色合いと立体でツブツブ感がとってもいい!この作品は医学生Mike McCormickさんが制作した「Gummy-Phosis」。キャンディーやラムネ、グミなどのお菓子を使用して製作された「candyanatomy」 と呼ばれる人体解剖図作品である。医学生観点から人体解剖図をフードアートに変換


    じゃがいもツルンと剥いちゃいました!この動画は「Super Quick Potato Peeling! - Life Hack」という、じゃがいもの皮をゆで卵の殻のようにツルン!とスーパークイックに剥いちゃう映像。用意するものはじゃがいも(メークインの方がいいかも)、そしてお鍋に包丁。じゃがい


    ちょっとひと手間でお弁当や食事をラブリーに。この動画は「How to Make a Heart Shaped Egg」という、丸いゆで卵をハート型に変えてしまうことが出来る方法がレクチャーされたもの。ゆで卵にひと手間かけるだけでかわいいハート型のゆで卵を作ることが出来てしまいます。で


    とてもシンプルではあるが多くの事をこなしてしまうニュータイプなプランター。このプランターはEcobirdが製作した「エコファーム(Ecofarm)」。植物のプランターと水槽を組み合わせた循環型植物水耕栽培キットである。この「エコファーム(Ecofarm)」が何が出来てしまうか


    こんな経験をした事はないだろうか。プチトマトを半分に切ろうとすると潰れてしまう経験。熟している度合いにもよるが、包丁の切れ味が少しでも悪いとグチャッといってしまう。この動画は「How to Cut Tomatoes Like a Ninja - Cooking Hack」という、そんな複数のプチトマト


    長時間の飛行機で移動となると必ず出てくる機内食。朝食は割りとさっぱりしたものが多いが、夕食は出発地の国に関係した食事や向かう国の食事が提供される。寝ているときなどタイミングによって迷惑なときもあるが、機内での私にとって結構楽しみなイベントの一つでもある。


    毎日生活していると必ずといっていいほど出てくるゴミ。そのゴミを捨てずに溜め込んでいたらどんな風になってしまうのでしょうか。この作品はアメリカのフォトグラファーGregg Segal氏が制作した「7 Days of Garbage」。被験者の方に1週間ゴミを捨てずに取っていてもらい、そ


    押っ魂消(おったまげ)たぜ!こんなスイカの食べ方があるなんて!この動画は「How to Eat a Watermelon」という、パーティーや野外BBQにおいて衛生的でスカイの瑞々しさを損なわず、食べ易いスイカの切り方をレクチャーしたものです。ただスイカを半分に切り賽の目に切って


    海外ドラマ「ブレーキングバッド」でガスがクリーニング工場の地下に制作したメス・ラボで、ウォルター・ホワイトの助手の化学者がコーヒーをたてていたシーンを覚えているでしょうか。ビーカーにフラスコなどの化学の実験器具で構成されたコーヒーメーカ。香り良し、味良し


    ええええっ!洗濯機で調理ができるのか。この動画は「黑暗料理鍋 洗衣機能做菜」という、全自動洗濯機で調理ができるのかと言う実験を行う光景が捉えられたもの。じゃがいもと豚カルビを洗濯機の中に入れ、そして最後の味付けに生姜と塩の洗濯機煮が調理されます。さて、美味


    ゲテモノを食べてみたいけど、本物はちょっと・・・とお思いの方!こんなグミはいかがでしょう!昆虫の幼虫をモチーフに見た目はグロイが食べたらとっても美味しい、青森県八戸市にある赤いテントのコーヒー店さんが制作・販売する「ようちゅうグミ」。土を掘り起こすとゴロ


    いつもより食材を多く買いすぎて無駄に腐らせてしまった経験はないだろうか。この作品はアーティストKlaus Pichler氏がプロジェクトした「One Third」。このプロジェクトは食べられずに捨てられる食品をテーマとしたものである。この世の中に食べ物が腐って捨ててしまうほど


    語呂合わせのいいネイミング!このお菓子のレシピ本は、あの人気海外ドラマ「ブレーキング・バッド」をモチーフに制作された「ベイキング・バッド(BakingBad)」。フードライターであり、ブレーキング・バッドファンであるウォルター・ウィート(Walter Wheat)氏が、ブルー


    宇宙寿司時代!この作品はNASAでは無く 、ちょっと紛らわしいNSSA(National Sushi and Space Administration )と命名したSpace Sushiさんが制作した「スペース・寿司Pic(SpaceSushiPic)」。宇宙空間と寿司がコラージュされることで、全く関係ない2つの存在が少しカオス


    ハンバーガーがクリエイティブにトランスフォーム!この作品は以前も紹介させていただいたThomas氏とQuentin氏によって製作された「Fat & Furious Burgers」の新作。ハンバーガーを中心に、ハンバーガーだけでこれほど色々なハンバーガーな世界が制作されるとは、製作者のハ


    うまっそ!けど食べられないだな、これが!この作品はカナダ・トロントのリッツカールトンホテルで専属アーティストとして活躍しているJacqueline Poirier氏が制作したプレートアート。白いお皿をキャンバスにヨダレが出てきそうなハイパーリアルで美味しそうな食べ物などが


    これは凄い!こんなこと考えもしなかった!この動画は「ペコリ‐おうちごはんレシピやおうちカフェレシピの料理動画」という、かなり参考にしたいと思えるライフハック映像。さて、1つの卵から2つの目玉焼きを作る方法を見てみよう!


    うわぁ~!マリオのキノコだ!このツールは、Ravanello Radish Shaperというクッキングツール。なんと!ハツカダイコン(ラディッシュ)を簡単にマリオのスーパーキノコに変える、パワーアップアイテム製造機である。使用方法は、ハツカダイコン(ラディッシュ)を包丁で先ち


    このページのトップヘ