カテゴリ: タベモノ


    彩り鮮やかで美味しそうなディッシュの数々。この美味しそうな食べ物たちは、オーストラリアベースのフォトグラファーTQ Lee氏が制作した「Inedible 」。型にはまらずにその食べ物に適した様々な材料を用いてクッキングされたフードアートです。今までもフードアートの作品




    スポンサードリンク



    美しいよな!このカービング!この作品は日本のアーティスト岳さんが制作した「和の幾何学」が感じられるフルーツ&ベジタブルカービング。和を感じさせるフードアート作品だ。素材はブロッコリーやりんご、ナスなどを使い、その内側に手作業で彫っていく美しい和の世界!色


    絵に描いた餅は食べれないけど、これなら食べれそうな気がする!この作品はアーティストERIC WERT氏が描いた「Locavore」。信じられないと思われるが、これは写真ではなく、全てオイルペイントで描かれたハイパー・リアリスティクな野菜や果物などの食べ物たちなのである。色


    じゃがいもツルンと剥いちゃいました!この動画は「Super Quick Potato Peeling! - Life Hack」という、じゃがいもの皮をゆで卵の殻のようにツルン!とスーパークイックに剥いちゃう映像。用意するものはじゃがいも(メークインの方がいいかも)、そしてお鍋に包丁。じゃがい


    宇宙寿司時代!この作品はNASAでは無く 、ちょっと紛らわしいNSSA(National Sushi and Space Administration )と命名したSpace Sushiさんが制作した「スペース・寿司Pic(SpaceSushiPic)」。宇宙空間と寿司がコラージュされることで、全く関係ない2つの存在が少しカオス


    この動画は「How to Cool Wine」。簡単&シンプル発想で白ワインの風味をなるべく壊さずワインを程よく冷やして美味しく頂く方法が紹介されたHow to映像である。用意するものは、葡萄とジップロックのような食べ物を保存するプラスティックバッグ。 


    なんて!お美しい!この作品はカナダ・バンクーバーのケーキアーティストでありティーチャーでもあるKsenia Penkinaさんが製作した「Mirror Glazed Mousse Cakes」。ミラーケーキとは、このようーにコーティングしていくことで美しいマーブルのような模様がうみ出されるケー


    リンゴで白鳥が作れるように、バナナを使いアヒルが作れてしまう。この動画は「Fruit Carving Yellow Duck Tutorial」という、バナナでアヒルを作る方法がレクチャーされたフルーツカービング映像。用意するものは1房のバナナと唐辛子。それらを使いちょっとしたアイデアで


    今から面白い実験が始まります。ゆで卵やスクランブルエッグは通常、鍋やフライパンで調理するものですが、この実験は、赤くなるまで熱せられたニッケル球を生卵の上に置く事で、調理できるかどうか見ることが出来る動画です。3つの生卵に今まさに鉄球がのせられようとしてい


    このドクロを見たときに新たな生物、ナス型生物のドクロかなと思ってしまうほどよく出来たドクロだと感心してしまいました。ナスのおもしろい特徴を活かし、かなりのドクロ感を演出しているこの作品は、ロシアのアーティストDimitri Tsykalov氏が製作した野菜や果物を削って


    このチーズは、芸術家のOlafur Eliasson氏、学芸員のHans Ulrich Obrist氏、シェフのMichael Pollan氏によって企画された「人間チーズ」というプロジェクトのようです。「人間チーズ」といっても人間の遺伝子や人間の自体を使うというものではなく、涙やヘソにいる細菌を用い


    回る寿司と言う不思議な寿司文化が発達していく中、ミニカートラックが運ぶ寿司と言うものもあるようです。とてもちびっ子達に、うけが良さそうなこの寿司トラックは、パラモデル(Paramodel)という日本人のアートユニットが製作した作品です。パラモデルとは、「パラダイス


    クルミは厚い殻に覆われていて、ハンマーで割ったり「クルミ割り人形」を使い中の実を取り出して食べなくてはいけないので、美味しいけども手軽ではないナッツの部類である。そんなクルミを手軽に食べられるようにしたかったのか、大量に剥きたかったのか、はたまたクルミ割


    中国レストラン・メニューのビックリでおもしろ誤訳!海外旅行に行くとレストランや食堂で食事を取らないといけないが、そこで面白い発見も時々ある。私もある国のレストランでスパゲッティー・ナポレオンと言うものを発見したことあり、そしてもちろんの事、そのナポレオン


    うわぁっ!うまそっ!この動画は「Taiwanese Street Food - Sirloin Steak」。台湾の屋台で食べれるという、鉄板焼き(サーロインステーキ)映像。屋台レベルというよりも鉄板焼き屋がただ屋外に移動したようなくらいのうまっそ!レベル。場所は、台湾の高雄市にある瑞豊夜市


    この作品は、ポーランドのDeviantArtのユーザーでありアーティストのMeago氏の「食べ物ガール」。様々な形で擬人化と言うものはありますが、食べ物の特徴的な部分を抜き出し食べ物と人間を組み合わせた食べ物の擬人化イラストレーション。彼女の作品のユニークなところは、そ


    メントスとコーラの組み合わせは皆さんもご存知のように豪快なシュワシュワ感が感じられるものと思います。この動画は、epicmealtimeのクリエーターHarley Morensteinさんが無数に貼り付けられたメントススーツを身にまといダイエット・コーラ風呂にダイブするものです。それ


    この作品は、ニュージーランドのフォトグラファーHenry Hargreaves氏が死刑執行前の囚人が選んだ食事を再現した「No Seconds」という作品。2回目は無いという強烈なタイトルから伺える本当の最後の食事と言うことをイメージさせられます。確実に迫り寄る死という恐怖の手前で


    意外と作るのに手間暇かかってるんだな!この動画は「Burning Food - Burn to black」。銀魂のお妙さんのダークマターが再現されたかのようなタイムラプス。様々な食物が、お妙さんのあのダークマターになっていく様子を見ることが出来る暗黒映像だ。


    この画像に並べられた物は、実際に世界11カ国の軍隊がフィールドにいる兵士に配給する食事の配給パックです。昔の印象とは大きく違い、かなりコンパクト化され、宇宙食をイメージさせられる物が多くあると感じます。パック化されたものは、見かけは同じような感じもしますが


    食品の素材感や色合いをうまく使った食材ペイント。この作品は、フードスタイリストのCharlotte Omnes氏と フォトグラファーBeth Galton氏がコラボして製作した作品。食材の半分をペーストにし、それらを画材として利用して、滲みやグラデーションを作成したものです。食べ


    刺身や寿司を食べそして一杯。魚の素材その物の味と醤油とわさびが口に広がり、お米の芳醇な発酵がもたらす米の風味の一杯で〆る。このコンビネーションは刺身や寿司一番美味しくいただける最強の組み合わせだと思います。 この作品は、アメリカのフォトグラファーKyle Dreie


    地図と言う物はその国の国名、地名などのインフォメーションを表した物ですが、制作方法によって普段と違ったインフォメーションを伝える事ができるようです。この作品は、ニュージランドのアーティストHenry Hargreaves氏とニューヨークを拠点とするスタイリストCaitlin Lev


    白い粉にアルミホイル、そして注射器にスプーン。危ない香りがプンプンしています。白い粉末状のものに、白い液体、卵から抽出した液体を混ぜ合わせ、スプーンの上に載せライターであぶっています。映画やTVで見たことがある光景ですが、一体この青年は何を作っているのでし


    ペットボトルに詰め込まれた魚の切り身。この作品は、デンマークのアーティスト Per Johansen氏が製作した「Mæt ( Full )」というペットボトルに食品を詰め込み、視覚的どのように感じるかをテーマとし、私たちがスーパーなので、良く見る食品とこのペットボトルに詰め込ま


    このおもしろ試みは、アイスランドのredditorのSvabiAlonsoさんが考案した地球最大規模のサンドウィッチ。内容を良く知ると「な~んだ」と思ってしまいますが、アイデアとしてはユニークな発想で制作されたいます。 


    この作品はアーティストGinou Choueiri氏が制作した「Las Papas」。Ginou Choueiri氏の友人、家族、政治家やポップスターなどの顔を片っ端からジャガイモに描きポテトに変身させたものです。なぜGinou Choueiri氏がジャガイモをキャンバスに選んだのかと言うと凸凹とした皮膚


    夏に近づくとどうしても露出してしまう体型。寒い時期なら服でカバーできるのですが、服が薄手になるとかばー出来なる箇所が増えてきます。今までにダイエット法は色々ありましたが、今回紹介するダイエット方法は、幾つか皆さんもご存知なダイエットもありますが、過去に海


    フォトショップやイラストレーターのアイコンが並ぶユニークなディッシュ・プレート「アイプレート(iPlate)」。そして写真を撮影する前に加工・編集をしたくなるようなお皿。このお皿はフランスのイラストレーターであるTodd Borka氏が制作したブログに食べ物をアップした


    麺を編む。この作品はシンガポールのアーティストCynthia Delaney Suwitoさんが製作した「Knitting Noodles」。茹でた麺をニットのように編みこんでいくといった作品。あの粘度があるネバネバしている茹でた麺をニットのように編みこんでいく作業。想像するだけでも忍耐と精


    この動画は「Popping Popcorn at 30,000 FPS in Ultra Slow Motion」。ポップコーンの一粒がハジケル瞬間をスローモーションで撮影された映像。その光景は、発泡スチロール、コットン、花の開花なんかを想像させるダイナミックなものとなっている。 


    その国や都市からイメージできる食べ物!この作品はイラストレーターBea CrespoとフォトグラファーAndrea Portoles氏が制作した「ブランチシティー(Brunchcity)」。その国によって変わる私たちが良く知る食べ物とペーパークラフトが作り出す、食べ物の味と香り、そしてその


    良くて手入れされた道具と職人の技が交わると驚きを感じる何かが生まれる!この動画は「Sharpest Knife in the World Slices Tomato Super Thin」という、あの型崩れし易いトマトをそこまで薄くスライスするかと言う映像なのだが、スライスされたトマトに職人の技がキラリ!


    このページのトップヘ