カテゴリ: タベモノ


    この動画は「How to Cool Wine」。簡単&シンプル発想で白ワインの風味をなるべく壊さずワインを程よく冷やして美味しく頂く方法が紹介されたHow to映像である。用意するものは、葡萄とジップロックのような食べ物を保存するプラスティックバッグ。 




    スポンサードリンク



    給食のために学校に行く!と言う考えは現代ではあまり見られないようだが、一昔前では月一回配られる給食献立表をTVの番組表を見るような感じで、この週はこんなデザートやおかずなどと面白い番組を楽しみにする様に見ていた。アイスクリームやプリンにヨーグルト、カレーに


    私たちにとって食材である牛タン。この牛タンを使い地理的な生ものを制作した人物がいる。この作品はアーティストElisabeth Hogeman氏が制作した「Geographic Tongues」。牛タンに植物的な木々なものや石などを装飾(パリのモネの庭園で調達した材料)し、牛タン自体をジオグ


    バナナ一本なに思う!この作品はアーティストStephan Brusche氏が制作した「Fruitdoodles (Banana art) 」。バナナの形状や特性、白と黄色と黒のコントラストを巧みに利用しバナナにカービングを施したり、描いたりして制作されたバナナアート。先日もバナナアートを紹介さ


    結構好きな人が多いと思われるゆで卵!板東英二さん程では無いが、私も好きは方で3個ぐらいは一気に食べれてしまう。以前ラオスでゆで卵を食べようと楽しみに購入したのだが、黄身無しのゆで卵でガッカリしたことがある。やはり黄身の無いゆで卵は、どこと無く味気なく例える


    黄色の皮を持ち、剥くと白い果実、その形状も三日月のようで、よく考えてみるととても不思議な果物バナナ。中にはバナナを食べるとモア~ンとした感じが嫌だから嫌いと言う人も居るが、モア~ンとしたバナナの食感と言うのも、バナナ特有の不思議さをかもしだしている。そし


    その国や都市からイメージできる食べ物!この作品はイラストレーターBea CrespoとフォトグラファーAndrea Portoles氏が制作した「ブランチシティー(Brunchcity)」。その国によって変わる私たちが良く知る食べ物とペーパークラフトが作り出す、食べ物の味と香り、そしてその


    コーヒーを入れると部屋中をコーヒー香りが漂い素敵な時間をつくり出してくれる。そんな毎日お世話になっているコーヒーであるが、世界には様々な形で工夫し美味しくコーヒーを頂いているようである。この動画は、BuzzFeedBlueが制作した「Coffee Around The World」という、


    良くて手入れされた道具と職人の技が交わると驚きを感じる何かが生まれる!この動画は「Sharpest Knife in the World Slices Tomato Super Thin」という、あの型崩れし易いトマトをそこまで薄くスライスするかと言う映像なのだが、スライスされたトマトに職人の技がキラリ!


    いままでにこんな何かの精霊に取り憑かれたような大根を見たことがあるだろうか。大根足は、香川県の綾川町の農家池内幸広さんが大根を出荷するために収穫している最中に発見した、この指といい、形といい、靴下を履かしてあげたくなる様な大根様。大きさは長さ約30センチ、


    紫水晶として知られる宝石アメジスト。そしてインドのジャイプールやパキスタン北部なんかでよく販売されているアメジストの原石。原石は卵のような感じで割ると中にはこの画像のような感じにアメジストが詰まっている。少し余談だが、パキスタン北部のフンザにはガーネット


    一体何個の卵から出来てるんだ!と思ってしまうとてもデリケートなソファー。このソファーはアーティストCarlos Blanco氏が制作した「Relax If You Can」。ある意味罰ゲーム的な卵と卵パックで出来た座ったら卵まみれになりそうなソファー作品だ。実際はこのように全てデジタ


    この時期は乾燥して喉がイガイガする。市販されているのど飴やトローチもいいもんだが、もし自分でのど飴が作れるのなら量産して持ち歩きたい!この動画は「Home Made Cold and Flu Remedy」という、市販されているのど飴よりも美味しそうで、なんか本当に喉に良さそうなのど


    仕返し、それは必殺仕事人やザ・ハングマンがもし存在するなら、その行いと同等分の報復を依頼できるのだが、それが出来ないのが現代社会。100倍返しという言葉も流行した「仕返し」であるが、なんやら弁当を使った仕返しなるモノが海外で話題になっている。この画像に映し出


    シェケナベイベー!!味噌汁はホットすぎるボイルドウォーターに「ロックを聴かせた味噌汁」だぜ!この動画は「マルコメ×味噌汁's PV「世界初、ロックを聴かせた味噌汁」工場篇120秒」という、マルコメ×味噌汁's がコラボレーションし制作されたロックな味噌汁工場篇映像


    先日、イギリスの抗議デモ「韓国人はイヌを食べないで!」という記事があり、その記事の中に”なんで日本はイヌを食べないのだろう?中国も韓国も食べているのに”という文言があったので、ちょっと私も気になったので調べる事にする。私が知る限りでは、東南アジアから中国


    (ツ)_/ ̄ サクッと!概要≫バラの茎をジャガイモに刺すとバラが復活し花を咲かせるDIY。このバラのDIYを見た人たちは「バラの為にポテトが無駄に」、「写真を撮ったらバラ長持ちするよ」、「お気に入りに登録!これ試してみる」、「バラはジャガイモのような味ですか


    ハンバーガーがクリエイティブにトランスフォーム!この作品は以前も紹介させていただいたThomas氏とQuentin氏によって製作された「Fat & Furious Burgers」の新作。ハンバーガーを中心に、ハンバーガーだけでこれほど色々なハンバーガーな世界が制作されるとは、製作者のハ


    年末になると飲み会やクリスマス、年越しとイベントが多く飲み食いする機会が多くなる。そんな大イベントの一つのクリスマスの食べ物や飲み物を200カロリー(200kcal:カロリーの詳細)分にまとめられたものがある。この作品は見た目で分かる可視化されたクリスマスフードの


    これはピザが大量生産できそうだ!この動画は「How to make a Costco pizza in 30 seconds」という、30秒で生地とソースをセッティングするコストコのピザマシーンでピザを作る様子が捉えられたもの。生地は予め作っていたものをマシーンに入れることで引き延ばされ、そして


    今にも落っこちそうなイチゴとメロン頂いてもよろしいですか?このマジで美味しそうな果物盛り合わせは、食品サンプル製造・販売を手がける株式会社畑中(fake food HATANAKA)が制作した、視覚(リアルな質感)、味覚・嗅覚(記憶から呼び起こされる味と香り)が刺激され、


    (ツ)_/ ̄ サクッと!概要≫リンゴで白鳥が作れるように、バナナを使いアヒルが作れてしまう。この動画は「Fruit Carving Yellow Duck Tutorial」という、バナナでアヒルを作る方法がレクチャーされたフルーツカービング映像。用意するものは1房のバナナと唐辛子。それらを


    (ツ)_/ ̄ サクッと!概要≫ある人物(外国人)が海鮮丼の画像を投稿。東京・成田の国際ターミナルをゲート32にある海鮮丼を紹介。そしてその丼を見た人々の反応が・・・・。


    美味しそうなケーキを目の前にして、いざ!切ってみるとスポンジで無く食べても食べてもスイカだったら。きっと食べたら美味しいとは思われるが、お口のケーキな感覚を台無しにしてしまうスイカ丸ごと一個使ったスイカケーキ。この動画は「How to Make Watermelon Cake with


    エビは美味しいけど殻がついていると食べ難く無駄に手を汚してしまう食べ物。そんなエビを綺麗に手を汚さず食べる方法があってしまうのだ。この動画はフォークとスプーンを使いスムーズにエビの皮を剥いてしまうことが出来るHOWTO映像。ポイントをつかめばこれからは楽々とエ


    とてもシンプルではあるが多くの事をこなしてしまうニュータイプなプランター。このプランターはEcobirdが製作した「エコファーム(Ecofarm)」。植物のプランターと水槽を組み合わせた循環型植物水耕栽培キットである。この「エコファーム(Ecofarm)」が何が出来てしまうか


    なにか言葉を発してきそうなアボカド。この作品はアーティストShawn Feeney氏が制作した「The Invisible Underground」。ベジタブルカービングは今までに数多くの作品があったが、こんなに表情豊かにカービングされると魂でも宿っているように感じさせられる。このアボカドの


    おいしそうと言うよりも良く作ったなぁ~と思えるケーキ。このケーキはデザイナーのKylie Mangles氏とイラストレーターのEric Flores氏が制作した「Ralph Wiggum Cake」。漫画の世界から飛び出たようなシンプソンズのラルフがケーキで表現されている。中身はスポンジで外側の


    多分純粋なちびっ子なら絶対に食べる事を拒否すると思われるミートローフ。このネズミの形をしたミートローフは、パフォーマー、作家、シェフであるCharles Phoenix氏が制作した「MEATLOAF OF RAT」。ハロウィンの為に制作されたミートローフではあるが、あまりに良く考えら


    宇宙寿司時代!この作品はNASAでは無く 、ちょっと紛らわしいNSSA(National Sushi and Space Administration )と命名したSpace Sushiさんが制作した「スペース・寿司Pic(SpaceSushiPic)」。宇宙空間と寿司がコラージュされることで、全く関係ない2つの存在が少しカオス


    語呂合わせのいいネイミング!このお菓子のレシピ本は、あの人気海外ドラマ「ブレーキング・バッド」をモチーフに制作された「ベイキング・バッド(BakingBad)」。フードライターであり、ブレーキング・バッドファンであるウォルター・ウィート(Walter Wheat)氏が、ブルー


    これは海外に行かれた方なら’あるある!’と感じるマクドナルドのドリンクの量。私たちの国からアメリカに行くと、とてもその量を多く感じるが、逆にアメリカ人が日本でいつものサイズを注文した際にも同様に違和感を抱くに違いない。この動画はBuzzFeedが制作した上の画像


    長時間の飛行機で移動となると必ず出てくる機内食。朝食は割りとさっぱりしたものが多いが、夕食は出発地の国に関係した食事や向かう国の食事が提供される。寝ているときなどタイミングによって迷惑なときもあるが、機内での私にとって結構楽しみなイベントの一つでもある。


    このページのトップヘ