カテゴリ: タベモノ


    色合いと立体でツブツブ感がとってもいい!この作品は医学生Mike McCormickさんが制作した「Gummy-Phosis」。キャンディーやラムネ、グミなどのお菓子を使用して製作された「candyanatomy」 と呼ばれる人体解剖図作品である。医学生観点から人体解剖図をフードアートに変換




    スポンサードリンク



    シェフ凄し!この作品はアメリカ人のシェフであるJacques Lamerde氏が制作したフードアート。なんと!この美味しそうなお皿に盛られた食べ物の殆どはキャンディ、チップ、ポップタルト、ドーナツやナゲットなどのジャンクフードから制作されており、もし出されたら絶対にジャ


    ワン、ツ~!ワン、ツ~!簡単に太ってしまうが痩せるのはかなりムズイ。効果的なフィットネスを探り日夜新たな方法がうみ出されているが、どれも継続は力なりで続ける精神力と誘惑に負けない心が必要である。そんなフィトネスであるが、その時代におけるトレンドと言うもの


    太陽のような色合いと甘ずっぱく、パッションな風味を感じることが出来るマンゴー。東南アジアや南アジアではこれでもかと言うほどマンゴーを食べることが出来、日本のマンゴーも旨いが、それ以上に濃厚で大きさがデカイ。また、現地ではちびっ子達がマンゴーを独特な方法で


    色々騒がれ続けられているマクドナルド。私は若い頃海外での旅途中で一人で病に苦しんでいるときに、この表現がいいかどうか分からないが文明的な味、そしてシャクティーフード(パワーフード)としてマクドにお世話になっていたので、騒がれていてもそれほど、どうやこうや


    一体どんな花を咲かせるんだろう!この動画は「magic chocolat flower dessert」。ポルトガル共和国にあるホテルThe Oitavos内のレストラン「Ipsylon」のシェフJoaquim Sousaさんが制作したクリームソースをかけると花びらが開いていく魔法のようで夢があるチョコレートフラ


    アイデア爆発!この動画は「How to make Balloon Chocolate Bowls 風船チョコレートお椀」という、ユーチューブのHey! It's Mosogourmet!! あっ、 妄想グルメ(ameblo「妄想グルメのレシピ帖  by イトウ家」)さんがレクチャーしてくれる食べれるチョコレートで出来たお碗の


    ええええっ!これってサブウェイのサンドイッチじゃないの????見た感じパーフェクトなサブウェイのサンドイッチではあるが、これはサンドイッチではないようだ!この作品はサンフランシスコのベイエリアにあるオーダーメイド・カスタムケーキ専門店DEBBIE DOES CAKESが制


    はやっ!この動画は「Indian man cuts onion faster than a blender」という、超高速で玉葱をみじん切りにするインド人映像。かなりの早業!そしてある意味玉葱のみじん切りのHOWTO的な光景も映し出されているインド人による超高速玉葱みじん切りである。


    これは、凄すぎる発想!この作品はアメリカ人アーティストblake little氏が制作した「Preservation」。人の体を大量のハチミツでカバーすることで、人がまるで熱で溶けて行く蝋人形のような光景を作り出す甘~い作品。以前、ミルクを人の体にかけることでドレスを作り出す作


    これは素晴らしい!この養蜂箱はFlowHiveが発明・制作したオートマティックで濃厚で純粋なハチミツが抽出可能な蜜蜂を育てたくなるような夢のような養蜂箱。従来なら遠心分離機でハチミツを抽出するのだが、この養蜂箱を使えば遠心分離機無しで手間をかけず、そして巣を壊さ


    普通の調理や食事も楽しいが、それが小さな調理や食事なら更に楽しさ倍増!この動画はユーチューブのユーザーMiniature Spaceさんが制作した「ミニチュア・フード」のシリーズ作品。小さな食べ物だけだと以前も色々あったのだが、食材ももちろんの事キッチン用品(コンロや火


    これなら私でも作れそうだ!この動画は「How to Make Mickey Mouse Pancakes」。ミッキーマウス風のパンケーキの作り方がレクチャーされた、こんな風にミッキーパンケーキを簡単に作れてしまうパンケーキアートのHOWTO映像。用意するものは、この画像の100均でも販売されてい


    ゆでたまごの殻をむくということは、一見簡単そうであっても時に中の薄皮と実がくっ付き綺麗にむけずイラッとすることがある。茹でた卵は冷水や氷水で十分に冷やす必要があるのだが、それを無下に行うとボコボコゆで卵になってしまうのだ。今までにタッパを使ったものやグラ


    ビタミンたっぷりの太陽の子分のような果物オレンジ。オレンジの剥き方と言うと手で剥くオーソドックスなものから、ナイフを使い切込みを入れたり、そのままナイフで等分に切りるものなどがある。この動画は「Funny orange peeling | How to peel an orange」という、そんな


    この動画は「How to Cool Wine」。簡単&シンプル発想で白ワインの風味をなるべく壊さずワインを程よく冷やして美味しく頂く方法が紹介されたHow to映像である。用意するものは、葡萄とジップロックのような食べ物を保存するプラスティックバッグ。 


    給食のために学校に行く!と言う考えは現代ではあまり見られないようだが、一昔前では月一回配られる給食献立表をTVの番組表を見るような感じで、この週はこんなデザートやおかずなどと面白い番組を楽しみにする様に見ていた。アイスクリームやプリンにヨーグルト、カレーに


    私たちにとって食材である牛タン。この牛タンを使い地理的な生ものを制作した人物がいる。この作品はアーティストElisabeth Hogeman氏が制作した「Geographic Tongues」。牛タンに植物的な木々なものや石などを装飾(パリのモネの庭園で調達した材料)し、牛タン自体をジオグ


    バナナ一本なに思う!この作品はアーティストStephan Brusche氏が制作した「Fruitdoodles (Banana art) 」。バナナの形状や特性、白と黄色と黒のコントラストを巧みに利用しバナナにカービングを施したり、描いたりして制作されたバナナアート。先日もバナナアートを紹介さ


    結構好きな人が多いと思われるゆで卵!板東英二さん程では無いが、私も好きは方で3個ぐらいは一気に食べれてしまう。以前ラオスでゆで卵を食べようと楽しみに購入したのだが、黄身無しのゆで卵でガッカリしたことがある。やはり黄身の無いゆで卵は、どこと無く味気なく例える


    黄色の皮を持ち、剥くと白い果実、その形状も三日月のようで、よく考えてみるととても不思議な果物バナナ。中にはバナナを食べるとモア~ンとした感じが嫌だから嫌いと言う人も居るが、モア~ンとしたバナナの食感と言うのも、バナナ特有の不思議さをかもしだしている。そし


    その国や都市からイメージできる食べ物!この作品はイラストレーターBea CrespoとフォトグラファーAndrea Portoles氏が制作した「ブランチシティー(Brunchcity)」。その国によって変わる私たちが良く知る食べ物とペーパークラフトが作り出す、食べ物の味と香り、そしてその


    コーヒーを入れると部屋中をコーヒー香りが漂い素敵な時間をつくり出してくれる。そんな毎日お世話になっているコーヒーであるが、世界には様々な形で工夫し美味しくコーヒーを頂いているようである。この動画は、BuzzFeedBlueが制作した「Coffee Around The World」という、


    良くて手入れされた道具と職人の技が交わると驚きを感じる何かが生まれる!この動画は「Sharpest Knife in the World Slices Tomato Super Thin」という、あの型崩れし易いトマトをそこまで薄くスライスするかと言う映像なのだが、スライスされたトマトに職人の技がキラリ!


    いままでにこんな何かの精霊に取り憑かれたような大根を見たことがあるだろうか。大根足は、香川県の綾川町の農家池内幸広さんが大根を出荷するために収穫している最中に発見した、この指といい、形といい、靴下を履かしてあげたくなる様な大根様。大きさは長さ約30センチ、


    紫水晶として知られる宝石アメジスト。そしてインドのジャイプールやパキスタン北部なんかでよく販売されているアメジストの原石。原石は卵のような感じで割ると中にはこの画像のような感じにアメジストが詰まっている。少し余談だが、パキスタン北部のフンザにはガーネット


    一体何個の卵から出来てるんだ!と思ってしまうとてもデリケートなソファー。このソファーはアーティストCarlos Blanco氏が制作した「Relax If You Can」。ある意味罰ゲーム的な卵と卵パックで出来た座ったら卵まみれになりそうなソファー作品だ。実際はこのように全てデジタ


    この時期は乾燥して喉がイガイガする。市販されているのど飴やトローチもいいもんだが、もし自分でのど飴が作れるのなら量産して持ち歩きたい!この動画は「Home Made Cold and Flu Remedy」という、市販されているのど飴よりも美味しそうで、なんか本当に喉に良さそうなのど


    仕返し、それは必殺仕事人やザ・ハングマンがもし存在するなら、その行いと同等分の報復を依頼できるのだが、それが出来ないのが現代社会。100倍返しという言葉も流行した「仕返し」であるが、なんやら弁当を使った仕返しなるモノが海外で話題になっている。この画像に映し出


    シェケナベイベー!!味噌汁はホットすぎるボイルドウォーターに「ロックを聴かせた味噌汁」だぜ!この動画は「マルコメ×味噌汁's PV「世界初、ロックを聴かせた味噌汁」工場篇120秒」という、マルコメ×味噌汁's がコラボレーションし制作されたロックな味噌汁工場篇映像


    先日、イギリスの抗議デモ「韓国人はイヌを食べないで!」という記事があり、その記事の中に”なんで日本はイヌを食べないのだろう?中国も韓国も食べているのに”という文言があったので、ちょっと私も気になったので調べる事にする。私が知る限りでは、東南アジアから中国


    (ツ)_/ ̄ サクッと!概要≫バラの茎をジャガイモに刺すとバラが復活し花を咲かせるDIY。このバラのDIYを見た人たちは「バラの為にポテトが無駄に」、「写真を撮ったらバラ長持ちするよ」、「お気に入りに登録!これ試してみる」、「バラはジャガイモのような味ですか


    ハンバーガーがクリエイティブにトランスフォーム!この作品は以前も紹介させていただいたThomas氏とQuentin氏によって製作された「Fat & Furious Burgers」の新作。ハンバーガーを中心に、ハンバーガーだけでこれほど色々なハンバーガーな世界が制作されるとは、製作者のハ


    このページのトップヘ