カテゴリ: タベモノ


    この作品はアーティストGinou Choueiri氏が制作した「Las Papas」。Ginou Choueiri氏の友人、家族、政治家やポップスターなどの顔を片っ端からジャガイモに描きポテトに変身させたものです。なぜGinou Choueiri氏がジャガイモをキャンバスに選んだのかと言うと凸凹とした皮膚




    スポンサードリンク



    まるでグツグツ魔法使いが鍋で何かを作っているように想像してしまうコーヒー。砂糖で制作されたスカル&ボーンがコーヒーに浮かび、溶けていく面白い光景を作り出しています。この作品は、アーティストsnow Violent氏が制作した「Skull Sugar」。コーヒーのブラックカラーと


    ま~るい氷を飲みものに浮かべて一日の疲れと涼をとる。丸い氷を作るのには色々なグッズが販売されていますが、私も幾つか試してみたのですが、めんどくさかったり、上手いかなかったりと結局はお蔵入りするものが多かった経験があります。丸い氷は、同じ重量の小さい四角い


    パンケーキでアート。なんだか食べるのがもったいなく感じる愛情のこもったパンケーキ。このパンケーキーアートは、以前数学の先生であったNathan Shields父さんが子供の為に作る楽しいパンケーキです。パンケーキでここまでのモノが作れてしまうというのも驚きですが、なに


    イラストの上に並ぶ二つのコーヒーカップ。この作品はマレーシアベースフォトグラファーそしてアーティストのYeirkif Abdullah氏が制作した白いカップの中の黒いコーヒーとイラストを重ねる事で生み出される、コーヒーの良い香りが漂ってきそうな一息つくコーヒーブレイクな


    刺身や寿司を食べそして一杯。魚の素材その物の味と醤油とわさびが口に広がり、お米の芳醇な発酵がもたらす米の風味の一杯で〆る。このコンビネーションは刺身や寿司一番美味しくいただける最強の組み合わせだと思います。 この作品は、アメリカのフォトグラファーKyle Dreie


    この動画は「Coke mixed with Milk Experiment - Kola ve Süt Karıştırılırsa Ne Olur?」と言うコーラに乳牛を入れるだけのシンプルなものですが、かなりヤバイ現象を見ることが出来ます。初めはコーヒー牛乳のような色になり、その後6時間放置すると、とてもキモイも


    宇宙世紀877、地球から最も遠いバナナ都市サイド87はバナナ公国を名乗り、地球連邦政府にバナナ戦争を挑んできた。そんなバナナ!このバナナはレッド・バナナ(Red banana)、レッド・ダッカ・バナナ(Red Dacca bananas)と呼ばれる赤い皮を被ったバナナ。普通の黄色いバナ


    アートディレクターとモデルメーカーのJessica Dance氏とフォトグラファーDavid Sykes氏がコラボレーションで制作した「comfort food」。織物で作り出される食べ物のシリーズ作品です。ローカロリーでハイクオリティーな目で楽しめる食品アート。 


    このおもしろ試みは、アイスランドのredditorのSvabiAlonsoさんが考案した地球最大規模のサンドウィッチ。内容を良く知ると「な~んだ」と思ってしまいますが、アイデアとしてはユニークな発想で制作されたいます。 


    この動画は、「レイン・フード(Raining Food)」と呼ばれるこの画像のように頭の上から様々な食べ物が降り注ぐすこし変わった罰ゲームのようにも感じる動画です。これらの動画で得た収益の大部分は飢餓で苦しむ人たちに寄付されるそうですが、食べものを無駄にして寄付をす


    白いお皿に描かれるピンク色のフラミンゴ。ラディッシュやキウイ、米にココナッツなどの食材を用いて描かれています。この作品は、フードスタイリスト、フォトグラファーであるAnna Keville Joyce氏が製作した食事を盛るお皿をキャンバスに食材を使用し描かれるイラストレー


    ペットボトルに詰め込まれた魚の切り身。この作品は、デンマークのアーティスト Per Johansen氏が製作した「Mæt ( Full )」というペットボトルに食品を詰め込み、視覚的どのように感じるかをテーマとし、私たちがスーパーなので、良く見る食品とこのペットボトルに詰め込ま


    小さな娘に作ってあげるパパのお弁当。良いキャラ弁の父と知られているサンフランシスコのブロガーであり食品アーティストである「The Lunchbox Dad」ことBeauさん。フルタイムで働きながらも子供たちの為に時間を作り、色鮮やかで楽しいキャラ弁を作っています。海外のキャ


    食品の素材感や色合いをうまく使った食材ペイント。この作品は、フードスタイリストのCharlotte Omnes氏と フォトグラファーBeth Galton氏がコラボして製作した作品。食材の半分をペーストにし、それらを画材として利用して、滲みやグラデーションを作成したものです。食べ


    メントスとコーラと言う組み合わせでエライ事になる事は皆さんご存知だと思いますが、今回更にクレイジーすぎる試みに挑む人物が居ます。この動画は「Coke + Nutella + Mentos + Durex world record」で、ペットボトルのコーラに、何のために入れるか分からないNutella(ヌテ


    この作品は、imgurのユーザーThatAwesomeJellyfishさんが製作した、ウサギで出来たチョコレートにドライヤーの熱風を当て続けるとえらい事になってしまう動画です。あまりに凄すぎるゾンビのように肌が溶け落ちるチョコレートのウサギの姿を見ることが出来ます。インディージ


    東京にある寿司屋「すし屋の野八」さんが、米粒一粒で作る世界一小さいミニチュア寿司を製作し、話題を集めています。このミニチュア寿司を製作したのが寿司職人のHironori Ikenoさん。はじめは、一人のお客さんとの冗談からこのアイデアがうまれ、その客に小さな寿司を提供


    鼻でシナモンをすする女性。このイラストは数多くのメディアにイラストを描いているアーティストLindsay Mound氏の作品。この不思議な行為をする女性は、diggと言うメディアサイトに掲載されている「How Not To Kill Yourself With Household Items」という記事のイラストレ


    地図と言う物はその国の国名、地名などのインフォメーションを表した物ですが、制作方法によって普段と違ったインフォメーションを伝える事ができるようです。この作品は、ニュージランドのアーティストHenry Hargreaves氏とニューヨークを拠点とするスタイリストCaitlin Lev


    2、3人でパーティー感覚で食べれそうな何段も重なる美味しそうなハンバーガ!このハンバーガーはハンバーガーではなく、ハンバーガーをモチーフに製作されたケーキなのです。このハンバーガーは、元NASAのエンジニアであったケーキーデザイナーのBethAnn Goldbergさんが


    白い粉にアルミホイル、そして注射器にスプーン。危ない香りがプンプンしています。白い粉末状のものに、白い液体、卵から抽出した液体を混ぜ合わせ、スプーンの上に載せライターであぶっています。映画やTVで見たことがある光景ですが、一体この青年は何を作っているのでし


    何処をどう見てもキュウリにしか見えないキュウリ。しかしこのキュウリは、キュウリではありません。それなら、一体何なんだ?! 


    可愛いこのカップケーキは、ブルックリンのベーカーAlana Jones-Mann氏の「DIY: House Plant Cupcakes」。これらのカップケーキは、サボテンなどの多肉植物をモチーフに製作され、作り方のレシピまであるDIYの作品です。作り方を見ていると家庭菜園を見ているように感じさせ


    ピザを注文するときにメニューに載っているピザなら簡単に注文できますが、自分好みのトッピングで頼むと注文に結構手間が掛かるものです。この画像に映っているものは、Pizza HutとChaotic Moonが共同で製作したインタラクティブ・コンセプト・テーブル(Interactive Concep


    10代のスペイン人女性フォトグラファーCristina Otero氏が製作した「Tutti Frutti」というシリーズ作品。フルーツからインスピレーションを得て、そのフルーツに合せメイクアップした物を撮影するフルーティー・セルフ·ポートレイト。彼女は写真撮影を始めて数年と言う事で


    この画像に並べられた物は、実際に世界11カ国の軍隊がフィールドにいる兵士に配給する食事の配給パックです。昔の印象とは大きく違い、かなりコンパクト化され、宇宙食をイメージさせられる物が多くあると感じます。パック化されたものは、見かけは同じような感じもしますが


    この作品は、ニュージーランドのフォトグラファーHenry Hargreaves氏が死刑執行前の囚人が選んだ食事を再現した「No Seconds」という作品。2回目は無いという強烈なタイトルから伺える本当の最後の食事と言うことをイメージさせられます。確実に迫り寄る死という恐怖の手前で


    寿司にハンバーガー、ホットケーキにフルーツパフェ。これらの食べ物はレゴで製作されたレゴ・アーティストのレゴブロック・フード作品です。どれもこれもリアリティーに溢れ本物さながらの見た目も美味しそうな感じがする作品達。これらの作品は、日本人のレゴアーティストS


    自然素材に目を向けその特徴や特性を活かし製作されたモノを見るとレオナルド・ダ・ヴィンチを思い出します。レオナルド・ダ・ヴィンチは芸術家、科学者である偉大な人物であり、凄まじい描写力で全てのものを捉える人としても知られています。「あらゆるものは、他のあらゆ


    一見普通のダースベーダーに見えますが、このダースベーダーは、黒いバナナの「ダーク・フォース」を纏っています。この作品はアーティストの Matthew J. Mahoney氏が製作した「Dark Forces」と言う作品です。このバナナの皮はチキータ・バナナが使用され、バナナの皮には自


    今から面白い実験が始まります。ゆで卵やスクランブルエッグは通常、鍋やフライパンで調理するものですが、この実験は、赤くなるまで熱せられたニッケル球を生卵の上に置く事で、調理できるかどうか見ることが出来る動画です。3つの生卵に今まさに鉄球がのせられようとしてい


    様々な形と焦げ具合があるポップコーン。そのポップコーンとイラストを合わせてみる。この作品は、ポルトガルアーティスト・イラストレーターの Victor Nunes Faces 氏の日常何処にでもあるものと自身のイラストが作り出す可愛らしい世界観を生み出す「COTIDIANO:毎日」と


    この画像は、オーストラリアの化学教師James Kennedy氏が何も手を加えていないナチュラル・バナナを化学的な成分表を作成したものです。日本で良く目にするのが、水分、たんぱく質、脂質、炭水化物、灰分、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、


    五角形の形をしたユニークなミカン。このミカンは愛媛県八幡浜市の農家の方が完成まで5年の歳月を掛けた「合格イヨカン」という受験生にはとっても有り難く縁起の良いイヨカンです。オレンジのカラー(橙:代々栄える)と五角形(五角→合格)だけでもかなり縁起物ですが、イ


    この12体の石造の中に映画に登場した皆さんが良く知っている生物が存在しています。日本の見ざる・言わざる・聞かざるのようなガーゴイルから様々なガーゴイルの中に混じりエイリアン(画像左下)が存在しているのが分かると思います。これらのガーゴイルは、スコットランド


    突如食べ物に現れるキリストの肖像。世界各地で数々の目撃談が報じられるキリスト。キリストは今何を伝えようとしているのだろうか!!


    ユニコーンといえば額に角が生えた白馬に似た伝説の生き物。そんな伝説のユニーコーンのウンコが、最近森の中で発見されたそうです。ウンコ自体の採取に当たってはいくつかの発見があり成功しているようですが、ユニコーン自体の捕獲にはまだ至ってないそうです。しかしなが


    円形に並べられた様々な種類のスパイスや香草。このスパイスたちが、次々とダイナミックに打ちあげ花火のように美しく弾け出します!この作品は「The Sound of Taste」というSchwartz Flavour Shotsというスパイスや食品を製造している会社のコマーシャルの為に製作された作


    みそ汁にドップリと浸かって見たいと夢を描くそこのあなた!そんなみそ汁好きには堪らないみそ汁風呂を紹介します。このみそ汁風呂は、マルコメと箱根小涌園ユネッサンがコラボをして実現した「マルコメくん風呂」と言うもので、皆さんがみそ汁の具となり、だし汁のだしにな


    夏に甘いものを出しておくと何処からとも無くアリが侵入し、長い列を組み行進している姿を幾度か見た事が有ります。よくアリの行動を見ていると、まずは偵察らしきアリが、獲物を見つけに行き、その後巣に戻り隊長やその他諸々のアリにその旨を伝え、獲物の確保に大勢を率い


    なが~く伸びる麺。この作品は、オークランド在住の韓国人アーティストseung yul oh氏の伝統的な韓国料理をモチーフに作られた3.7メートルも麺が延びる作品です。素材はシリコン樹脂などでリアルな韓国の伝統的ヌードルを表現し、文化と料理の両方を見た目で味わえるユニーク


    今日はクリスマス。皆さんどうお過ごしでしょうか。クリスマスと言えば、プレゼント交換や電飾鮮やかなクリスマスツリー、そしてイチゴのショートケーキに定番のチキン料理。クリスマスで最も恐ろしい料理というものをご存知でしょうか。今Twitter上で話題になっている「フラ


    この展望台は、フランスのアルプス山脈にあるエギーユ・デュ・ミディ(Aiguille du Midi)という山にある「Step Into the Void(ステップ・イントゥー・ザ・ブォイド)」というものです。まるで宙に浮いているようなこのガラス張りの展望台は、標高1035メートに設置されてお


    この動画は「Life and Death of an Espresso Shot in Slow Motion」という、ユーチューブにskunkayさんによってアップされた動画です。コーヒーマシーンLa Marzocco FB80を使い1秒間120フレームで製作された、見ているだけで、香りが漂ってきそうな映像を楽しむことが出来ま


    白塗りで顔の真ん中の赤丸が目玉のオヤジのように見えてしまうこの作品は、「Fat Flag」と言うシリーズ作品で、フランスのフォトグラファーJonanthan Icher氏がメイクアップ・アーティストのAnastasia Parquet氏の助けを借りて製作されたものです。アメリカ・イギリス・イタ


    12月に入り寒さを増すこの頃。多分皆さんの家でもコタツを出し、ホッコリとしていると思います。そして、コタツと言えば連想してしまうのがミカンの存在。ミカンを食べたいけど、ミカンを剥くと手が寒くなるからなぁ~とミカンを諦めている人は、少なからず存在していると思


    この3Dプリンターで製作されたピザは、スペイン・バルセロナを拠点とするナチュラル・マシーン(Natural Machines)が、Foodiniという3Dプリンターのマシーンを使い製作した見た目も美味しそうなピザです。こちらがFoodini:3Dプリンターフードマシーンこの3Dプリンター


    回る寿司と言う不思議な寿司文化が発達していく中、ミニカートラックが運ぶ寿司と言うものもあるようです。とてもちびっ子達に、うけが良さそうなこの寿司トラックは、パラモデル(Paramodel)という日本人のアートユニットが製作した作品です。パラモデルとは、「パラダイス


    11月28日は、アメリカの感謝祭またはターキーズ・デイと呼ばれる祝日。感謝祭の起源は、アメリカ入植者が、農耕を始めたが現地の土壌に作物が合わず、飢饉による餓死者まで出してしまい、その際にアメリカ先住民の助けにより入植者達が助かったので、その感謝を示す目的で162


    このページのトップヘ