カテゴリ: フシギ


    青空に長く伸びる飛行機雲と、言いたいところですが不自然に直角に折れ曲がる飛行機雲。この飛行機雲は、ミズーリ州セントルイスで捉えられた飛行機雲のようですが、ショッピングモール上空で直角に折れ曲がるその後、どうなったか気になる飛行機雲です。さて、どうなったの




    スポンサードリンク



    この発光し内臓スケスケの生物は、ユメナマコと呼ばれる深海に生息する生物。深海400~5000メートル付近に生息しており、全長が最大で25センチほどで、小さい物はピンク色をしており、成長に伴いワインレッド色に変色していくそうです。このユメナマコは、深海でも砂泥地に生


    この海中に出来た滝のような光景は、マダガスカル(Madagascar)近くにあるモーリシャス島(Republic of Mauritius)の上空から見た画像。その光景はまるで海の水が海底に落ちていくような光景であるが、シルトと堆積物の流出が作り出す視覚的な錯覚が作り出しており、実際に


    この動画は「Meskel Square, Addis Abeba」。エチオピア・アディスアベバのマスカル・スクエアー付近で撮影された、まるで縦横無尽の人が行きかう渋谷スクランブル交差点のような車が行きかう自動車の交差点を捉えたものです。大きな地図で見る  多分そんなに車は速度が出


    小さな頃に心に抱いたお化けや探究心、未知のモノへの恐怖。The Daily DoodlesというロサンゼルスのアーティストのDavid Michael Chandler氏のブログには、私たちが小さな頃に抱いた何かを呼び起こすような作品(まっくら森のうた系な感じ)が沢山掲載されている。


    蟻のお腹の色がどんどんカラフルになって行きます!それにしてもなぜこのような事を思いついたのでしょうか。このカラフルな蟻を撮影した、インドマイソールの科学者モハメドバブー氏によると、この様なカラフルな蟻を作り出そうとしたきっかけは、台所でこぼれたミルクを飲


    望遠鏡で映し出される世界はとても小さく、顕微鏡で映し出される世界はとても大きい。何か矛盾を感じる二つの両極端な世界。どちらにも私たちにとって計り知れない世界が存在する事は事実です。電子顕微鏡と言うものが発明され、私たちにとって身近にある物の知らなかった世


    川口ひろし探検隊はまさかの衝撃の事実にぶち当たる!それはもうそこら中に存在する。これは何かの陰謀なのか。私たちの周りに潜むあまりにショッキングな三角形。ご覧ください!キャー!!!!! 


    水面に落ちるカラフルな水滴が次々と作り出す幻想的な造形美。この画像は、水面に水滴を落としながら高速カメラが捉えたもので、地球上であまり類の見ない形状を作り出す「Highspeed Video of Liquid Art」という作品です。この作品の製作者は、フォトグラファーのMARKUS REU


    この木炭ののような黒い物体は、中国の浙江大学の研究チームが開発した超軽量カーボンエアロゲル(グラフェンエアロゲル)と言う素材です。良く見てみると麦の穂先を使い浮かんでいるように見えます。このカーボンエアロゲルは、軽量材料の世界記録を更新した素材で、密度は0


    なぜか木の途中が無いのに立ち続ける不思議な木。この作品は、ストリートアートのアーティストDaniel Siering氏とMario Shu氏がドイツ・ポツダムのとある場所の木に施した新たな形のストリートアートです。 


    この動画は「Loch Ness monster from Russia」というユーチューブにアップされた動画です。この湖の場所は定かではないですが、湖面に張られた氷の中に影が現れ、上の画像のように突然姿を現すといった貴重な映像が収められています。 


    異常に丸すぎるこの画像は、redditで話題に上がっているニュージーランドの北島にあるエグモント国立公園内のタラナキ山(エグモント山)の衛生写真です。この公園は1881年に森林保護地区に山頂から半径約10キロ以内が指定されたので、10キロ以内の部分は開発されず、その周


    幻想的な光景を作り出す少し変わった自然現象「穴あき雲(ホールパンチ雲)」。空に広がる雲の一部に丸い穴を作り、UFOや未確認空中現象などに間違えられた例があるほどの不思議な現象です。アメリカやロシアではしばしばこの現象が見られるそうで、突然丸い穴が開く現象は人


    こんな風にサナギになっていたんだ!この動画は「Monarch Butterfly Metamorphosis time-lapse FYV 1080 HD」。オオカバマダラの幼虫からサナギ、サナギから蝶へなる過程を見ることが出来る映像。全ての蝶がこのようにサナギになっているのかは分からないが、こんな風に繭を張


    原油が流出しているような海中に漂う黒く大きな影。この影の正体は一体・・・・。 


    どの様に描かれたか全く分からない驚異の立体トリックアート。この作品はイタリアのアーティストAlessandro Diddi(AlessandroDD)氏が制作した「アナモフィック・アート(ANAMORPHIC ART)」というシリーズ作品。アナモフィックというのは、作品の製作過程で縦横比や奥行き


    一枚岩に立ちカオスな空間を持つエキセントリックな建物は、アメリカ・ウィスコンシン州のスプリンググリーンにあるハウス・オン・ザ・ロック(The House On The Rock)。大きな地図で見る この建築物は、アレクサンダー·ジョン·ジョーダン·ジュニア(Alexander John Jorda


    絶壁にぶら下げられた細長い木の箱。この木で出来た箱は、フィリピン・サガダ(Sagada)・エコバレー(Echo Valley)にある吊るされた棺です。大きな地図で見る少し変わった埋葬方法を取るこの棺は、フィリピンのイゴロト族(Igorot)の伝統的な死者の埋葬方法で、この様な切


    ガラスの透明な世界に閉じ込められた幻想的な世界。この作品は、マーブルアーティストのMike Gong氏の「Acid Eaters」というシリーズ作品。とんぼ玉も色々ありますが、ここまで複雑で美しい世界を作り出したものはあまり見かけないと思います。これらの作品は直径4~5センチ


    円形の円盤のようなこの不思議な船は、「ノブゴロド・Novgorod」。1874年頃に実用化されたロシアの円形砲艦です。この船は、ポポフ提督によって設計されたもので、この戦艦の利点は沿岸や河川で正確に火器で敵艦を狙えるところにあり、この時代の戦艦の中では大きな火器をを


    まるで人の顔が埋まっているように見える不思議な岩。この岩は、スコットランド・セントアンドリュー・イースト・サンドビーチ(St Andrews East Sands beach)で発見された神秘的な人面岩。大きな地図で見るこの少し不気味な表情を浮かべる人面岩は、フォッシルハンター(fo


    大きな地図で見る とてもへんぴな砂漠に作られた映画館。この地図情報を見ていただいて分かるように、回り一面が砂漠で何もありません。この砂漠の映画館は、エジプト・シャルム・エル・シェイクの北西約8キロいったところにある、時代背景は分かりませんが、ベンチなどが


    氷に突き刺さったピストルの弾。この映像は「Spinning .40 cal bullet on ice」という、湖のような場所で、湖に張られた氷にピストルを撃つとどうなるかと言う実験です。何発か湖面に向かい発砲するのですが、その幾つかはこの画像のように突き刺さり回転し続ける珍しい光景


    人物像で表現しないユニークな家族の肖像画とは、なんでしょう??この作品はイタリアのフォトグラファー、そしてアーティストであるCamilla Catrambone氏が制作した「FAMILY PORTRAITS」。この作品の画像の中には、色々なものが並べられているが、これらのものから連想し、


    この作品は、イギリスを拠点とするフォトグラファーCraig Gibson氏の「BOYS AND THEIR FATHERS」。少しアナログ的ではあるが、親子の写真を同じアングルで撮影し重ね合わせる事により親子の繋がりを目で確認する事ができるアート作品だ。そして、なによりも息子はめっちゃ親


    この画像は、「Codex Seraphinianus」というイタリアのLuigi Serafini氏や芸術家・建築家・工業デザイナーによって、架空の世界が描かれた百科事典のような本とのことです。そこに書かれている文字アルファベットは、解読不可能で一般的にはなかなか理解できない空想の世界を


    まるで人間のように傷ついた表皮から血を流す「ブラッド・ツリー(Bloodwood tree)」。この木は、オーストラリアに生息するデザートブラッドウッド(Desert Bloodwood)と呼ばれるユーカリ属の近縁の植物。この赤い血のようなものは、キノ(Kino)と呼ばれる植物ガムで樹皮


    この手のひらに載る小さな天然石は、珪孔雀石で出来た鍾乳石です。小さな空洞にニョロニョロのようにはえている鍾乳石を見ていると、この空間だけで洞窟にある鍾乳洞ワールドが完成しているように思えます。小さな鍾乳洞は、Rob Lavinsky氏が運営するArkenstoneというサイト


    石が何かの栄養分をとり成長するということは考え難い事ですが、ルーマニアのTrovants自然保護区博物館(Trovants Museum Natural Reserve)には、成長し形を変える奇妙な石の存在があるようです。この石は「trovants」と呼ばれ外見は普通の石のように見えますが内部構造はコ


    アイスランドにあるこの奇妙な博物館は、2000年にオープンしたアイスランド魔術博物館(Museum of Icelandic Sorcery & Witchcraft)です。もともとこの地域は魔術が盛んな有名な地域であったようで、その魔術に使われた道具や魔法に関連する完全な儀式と呪文を体験できるとい


    皆さんも家族が集まると家族写真を撮り、成長やその時の余韻を楽しんだりしていると思います。この家族写真は、22年間毎年撮影されたものです。この作品は、フォトグラファーZed Nelson氏が彼の友人の家族写真を毎年、同じ日に撮影された作品です。1年ごとに撮影された写真は


    私達が日々の日常を生活していると様々な要因によって感情と言う心の変化が存在します。怒ったり、笑ったり、泣いたり、恥ずかしがったりと人間はとても多様性に富んだ感情を持つ生物でありますが、この一連の変化が一人一人のその時々で違っているので、人が集団的に集まれ


    このページのトップヘ