カテゴリ: フシギ


    ユニコーンといえば額に角が生えた白馬に似た伝説の生き物。そんな伝説のユニーコーンのウンコが、最近森の中で発見されたそうです。ウンコ自体の採取に当たってはいくつかの発見があり成功しているようですが、ユニコーン自体の捕獲にはまだ至ってないそうです。しかしなが




    スポンサードリンク



    目を細め見るとなんとなく画像が浮かび上がるモザイクにも似たピクセルアート。この作品はイタリアのアーティストMarco Sodano氏のレゴ・ブロックで製作された音楽の有名なCDアルバムのカバーをモチーフに製作されたレゴ・アルバムカバーです。この上のレゴで出来た作品は


    老婆と生まれたばかりの様な赤ん坊。普通の微笑ましい写真に見えますが、この写真は全て人の手で作られた作り物です。あまりにハイパーリアル過ぎるこのヒューマノイドアートワークは、オーストラリアのアーティストsam jinks氏が製作したものです。シリコン、ガラス繊維、樹


    80歳になるイラン・Dezhgah村に住むAmoo Hadjiさん。パイプを持つ手がゾウの皮膚のように分厚く見えるのは、彼は60年間一度も風呂に入らず究極のシンプルライフを送っているからです。人それぞれ人生の中で、自分自身が選択する分岐点があり、どの選択が正解かなのか自分自身


    沈没しかけている様にも思えるこのユニークな船は、アメリカ海軍が古くから所有する海洋物理学研究所「RV FLIP」。通常のスプーン型したこの船は全長108メートルの長さがあり、この海面から出ている部分(船首部分)がその内の17メートルに当たるそうです。海面下には残りの9


    この木炭ののような黒い物体は、中国の浙江大学の研究チームが開発した超軽量カーボンエアロゲル(グラフェンエアロゲル)と言う素材です。良く見てみると麦の穂先を使い浮かんでいるように見えます。このカーボンエアロゲルは、軽量材料の世界記録を更新した素材で、密度は0


    いつも楽しい振り付けでお茶の間を楽しませる南流石さん。面白い動きとオリジナリティー溢れるそのダンスは、ダンス界の異端児といってもいいほど個性があり親しみを感じさせられるものです。その南流石さんのですが、とある事で今海外で話題になっているようです。それは テ


    マレーシアの牧場で少し変わった窃盗事件があったようです。この画像は乗り捨てられた車の中に大きな牛が3頭の牛が大人しく収まっています(1頭は外に出ているようです)。マレーシアのSungai LembuとBukit Mertajamと言う地域の農場から立て続けに強奪されたようですが、な


    この映像は、アイスランドで撮影された氷点下での間欠泉(ガイザー)が吹き上がる瞬間です。その様子はまるで、一瞬にして液体窒素で凍らせられるような衝撃的なものです。間欠泉というと一定の周期で水蒸気や熱湯を空高く噴出するものですが、そのかなりの高温で高く吹き上


    細かい触手のようなものを体に帯び、らせん状にねじる不気味な生物。この生物はマヨイアイオイクラゲと呼ばれる深海に住むグタクラゲの一種であり、カツオノエボシしと同じグループに属する生物としてもよく知られています。このマヨイアイオイクラゲは全長が40メートルを超


    私達が日々の日常を生活していると様々な要因によって感情と言う心の変化が存在します。怒ったり、笑ったり、泣いたり、恥ずかしがったりと人間はとても多様性に富んだ感情を持つ生物でありますが、この一連の変化が一人一人のその時々で違っているので、人が集団的に集まれ


    皆さんも家族が集まると家族写真を撮り、成長やその時の余韻を楽しんだりしていると思います。この家族写真は、22年間毎年撮影されたものです。この作品は、フォトグラファーZed Nelson氏が彼の友人の家族写真を毎年、同じ日に撮影された作品です。1年ごとに撮影された写真は


    なぜか木の途中が無いのに立ち続ける不思議な木。この作品は、ストリートアートのアーティストDaniel Siering氏とMario Shu氏がドイツ・ポツダムのとある場所の木に施した新たな形のストリートアートです。 


    石が何かの栄養分をとり成長するということは考え難い事ですが、ルーマニアのTrovants自然保護区博物館(Trovants Museum Natural Reserve)には、成長し形を変える奇妙な石の存在があるようです。この石は「trovants」と呼ばれ外見は普通の石のように見えますが内部構造はコ


    この命知らずのカメラマンは、スイスの水中フォトグラファーFranco Banfi氏。この巨大ヘビはブラジルのマットグロッソ州で撮影されたヘビのレベルを超えすぎた巨大すぎるアナコンダです。ここまで成長するのに長い年月が掛かったせいか、このアナコンダの表情から何処と無く


    このセクシーで変な場所に右足が存在している女性は、ギネスブックに登録される程の柔軟性を秘めた身体能力を持つ、ロシアのナーベレジヌイェ・チェルヌイ出身の人間軟体動物の Julia Gyuntel(27)さんです(現在ドイツに住んでいるそうです)。その美貌と柔軟性が組み合わ


    この動画は「Loch Ness monster from Russia」というユーチューブにアップされた動画です。この湖の場所は定かではないですが、湖面に張られた氷の中に影が現れ、上の画像のように突然姿を現すといった貴重な映像が収められています。 


    エジプトでは、112年ぶりに雪が降り、雪化粧をした珍しいスフィンクスが見られるそうです。と終わりたいところですが、この雪化粧をしたスフィンクスはエジプトのスフィンクスではないようです。世界中に拡散してしまったこの画像は、情報元BuzzFeedでによると、なんと栃木県


    蛾から伸びるエイリアンのような触手。この動画はredditのredditorのChucke4711さんが捉えた衝撃の映像です。蛾の胸の辺りをピンセットで押すと蛾のお尻の辺りから触手のような物が伸びる「蛾の恐るべき生態」を伺うことが出来ます。この触手のようなものは、オスの蛾が持っ


    日本の小笠原諸島周辺に「DEVIL'S SEA」(魔の海)となる海域があるらしい。また、この魔の海は、ドラゴントライアングル (Dragons Triangle) とも呼ばれ、バミューダ海域のバミューダ・トライアングルのような不思議な現象が起こると言う事です。wikipediaによるとドラゴン


    このように二枚の人の顔の画像が両端に並んで、その画像の中心にはクロス・マークがあり、そこを両目で見続けてくださいと書かれています。この動画は、中心を見続け両端の並んだ顔が次々と入れ替わる事によって人の顔が歪んで、エイリアンのような顔に変化する錯覚が楽しめ


    少年が鎖に繋がれ生活するまるで囚人の様な光景。この写真は、中国の浙江省の東部沿岸地域で撮影された衝撃的な写真です。なぜ、このように鎖で少年が繋がれる状態にされているかという疑問が浮かぶと思いますが、複雑な理由が絡み合っているようです。この少年は、幼い時(


    オーストラリアの研究者Leonardo Guida氏は、今年の四月にこの双頭エイを発見し、サメやエイに見られるこの世界的な少数で類をみない珍しい先天性欠損症を一例としてドキュメント化していっているようです。サメやエイの双頭に関するデータは、世界でもわずかしかなく、この


    異常に腹がデカイニシキヘビ。この画像は南インドのケララ州で撮影されたようです。この画像からトラックらしき物の中にいるインド・ニシキヘビですが、妙にエジプトのミイラのような形が、人をイメージさせられてしまいます。様々な情報が錯綜する中、このインド・ニシキヘ


    11月29日(金曜日)に、グランド・キャニオン(Grand Canyon)が雲海に満たされ美しい光景を生み出していたそうです。この現象は、10年に一度しか起こらない貴重な現象のようで、「テンパーチャー・インバージョン(Temperature Inversion)」と呼ばれる気温の逆転層が起こる


    ゴーストのように存在するシャツ達。この作品は、フィンランドのフォトグラファーRiitta Päiväläinen氏の「vestige ・ヴェスティージ」(痕跡)と言うシリーズの作品です。私達が良く目にするシャツですが、この様な形で存在すると何かが宿っているようにも感じられます。


    お亀さんの顔の周りには、顔が見えないくらいに沢山の蝶々が集まっています。「亀の涙にKISSする蝶々」、蝶々達は、亀の目の水分に含まれる塩分を得ようと亀の顔の周りに集まっている画像です。私達からすれば、おとぎ話のファンタジックな世界に感じますが、亀にとった


    眉毛が特徴的なこの女性は、何らかの容疑で逮捕された女性のマグショット。マグショットとは、警察などに逮捕された際に撮られる証明写真を指す言葉です。この女性にまずは、どうのような容疑でと言うよりも、どうすればこの様な眉毛が作るこが出来るのか教えて欲しいもので


    エレファント・マンという人物ご存知でしょうか。エレファント・マンとは、1800年中ごろの話になりますが、極度の身体の奇形の状態のジョゼフ・ケアリー・メリック氏のことを指す言葉です。そのエレファント・マンの歩行方法、肉声、死因等の詳細をディスカバリーチャンネル


    境界線が分からなくなる程の錯覚を覚えるボディーペイント。この作品は、カリフォルニアに拠点を置くフォトグラファーのJean-Paul Bourdier氏の背景とボディーペイントを見事に組合わせられた作品です。背景の山と空、そして地表の境目と人に描かれたボディーペイントが不思


    こんなダイエットの方法がアメリカでは、話題になっているそうです。コットンボール・ダイエット(The Cotton Ball Diet)と言う薬局で売られているボール状のコットンにジュースなどの水分を含ませ食べる事により、満腹感を得るという、普通で考えると考えることが出来ない


    この女性は、ニューヨーカーのLucy Luckayankoさん。なにやら目の中にハートに輝くものがあります。この目の中に輝くものは、プラチナで出来たハート型のピースのようですが、彼女は、目の中にプラチナ出来たハートのピースを埋め込んだ女性のようです。コンタクトレンズで目


    人間の骨をモチーフに制作される作品は、いろいろな形で存在していると思いますが、人間の皮膚を中心として製作される作品はあまり無いと思います。この作品は、人体彫刻家のFrancesco Albano氏が製作した人間の皮膚をモチーフとした作品です。Francesco Albano氏は、グロテ


    全長十数メートルは、優にあるこのエーリアンの様なヌルヌル質感を持つ不思議な謎の生物。この生物は、ベトナムで発見された巨大モンスター・ワームのようだ。この世界で話題の謎の生物は、私も昔からファンである「不思議と謎の大冒険 カラパイア」さんから発信されたよう


    この画像は、ビッグフィン・スクイッド(Bigfin squid)と呼ばれるイカのようですが、少々加工も加えられているらしいイカのようです。オリジナルは5年前にユーチューブUPされた「Deep-sea squid (Magnapinna sp.)」という石油会社のシェルが撮影したもののようですが、誰


    首から上がバナナになったバナナ人。そんな不思議なバナナ人の家族愛を描く、とてもリアルなバナナ感と生活風景が、妙にシミジミと感じさせるこのユニークな作品は、台湾のアーティストLin Shih-Yung氏が製作したモノです。これらは全て油絵で描かれており、バナナの質感や首


    この天までのびているように見える階段は、「Diminish and Ascend」(登ると減少)と題された、アーティストのDavid McCracken氏の作品です。アルミで製作された階段は、タイトルの「Diminish and Ascend」(登ると減少)で、なんとなく察しが付く様に、先細りの空に向かって


    電車の揺れは、とても睡魔を誘う物です。今の時期なると座席の下から熱風が出ていて、ウトウトに拍車がかけられてしまいます。この動画は「Sleeping On Strangers On The Subway」と言う動画で、私達が一度は経験した事がある、思わず電車の中で寝てしまい、横にいる人に


    アイスランドにあるこの奇妙な博物館は、2000年にオープンしたアイスランド魔術博物館(Museum of Icelandic Sorcery & Witchcraft)です。もともとこの地域は魔術が盛んな有名な地域であったようで、その魔術に使われた道具や魔法に関連する完全な儀式と呪文を体験できるとい


    この面白い羽の模様を持った生物は、フルーツ・フライ(Fruit Fly )と呼ばれるミバエ(果実蠅)科に属する蝿の一種です。標本にされてピンに刺さっていますが、よく見てみると羽の部分に他の昆虫のような柄を目にすることが出来ると思います。羽には、蟻かクモのような柄が


    スーパーヒーローの名前を二つも持つ男シンガポール籍の「Batman Bin Suparman」氏が最近シンガポールで、2年9ヶ月の服役の為に刑務所に投獄されたようです。投獄された理由は、生活費と薬物を購入するために空き巣と窃盗を行い御用となった模様(詳しい彼の犯行の詳細はBrea


    このトゲトゲの付いた鍋つかみのような物は、ブランディングツール(Branding tools)と呼ばれる、1642年から1649年に使用された脱走兵や重罪を犯したものに手に押す烙印のようなもの様です。 1641年から1651年の10年間、イギリスの内戦(English Civil War)があったようで


    この世の中には自分に似ている人が3人いると言われています。偶然に出会う確立はとても低く、もし出会えたなら運命的な出会いになるかもしれません。双子の様に見えるこの画像は、双子でも姉妹でもなく血縁関係が全く無い者同士が集められ撮影されたそっくりさんの写真です。


    フランスの写真家Jean-Yves Lemoigne氏が製作されたとってもゆる~い、GIF動画のようでGIF動画じゃないループ動画。この動画はデジタル・シネマカメラの最高峰のレッド・エピック・カメラ(Red EPIC Camera)で撮影されたもので、ゆるい動きがとても微妙に作用している


    この教会はポーランドにあるカプリツァ・チャシェック(KAPLICA CZASZEK)教会、またの名をスカル・チャペルと呼ばれる人間の頭蓋骨や骨がびっしりと飾られている一風変わった教会の光景です。この隙間無く飾られる亡骸は、三十年戦争・シレジア戦争やコレラなどの疫病の犠牲


    異常に丸すぎるこの画像は、redditで話題に上がっているニュージーランドの北島にあるエグモント国立公園内のタラナキ山(エグモント山)の衛生写真です。この公園は1881年に森林保護地区に山頂から半径約10キロ以内が指定されたので、10キロ以内の部分は開発されず、その周


    このモザイクがかかったドアは、Redditor のhammartime2002さんの店に窃盗団が入った様子をカメラに収めたものです。その侵入方法は、大胆でありこんな事が出来てしまうのかと目を疑ってしまう衝撃的な画像です。たぶん、こんな開け方が出来るのは、ケンシロウかラオウでなけ


    この不気味な人形達は、メキシコにある世界的に有名な観光地のラ・イスラ・デ・ラ・ムニェカス(La Isla de la Munecas)という島にある風景です。この島にある何千体も存在するボロボロの不気味な人形達は、ドン·ジュリアン·サンタナ(Don Julian Santana)さんによって、


    今から約700~800年ぐらいに描かれた奇妙な怪物、宇宙人のイラスト。ノートの端に書かれた落書きのようなものから本格的に書かれたもの、何かの風刺画のようなもの迄沢山存在しているようです。描かれているものは、少しシュールなものや動物系から悪魔系、モンスター系など


    Photoshopの画像合成や補正などのデジタル加工は皆さんご存知と思いますが、ここまで出来てしまうと言うのはある意味、美容整形を超えた技術ではないかと思います。この画像は、ユーチューブのPresident of the WorldさんがUPしている「Body Evolution - Model before and


    このページのトップヘ