カテゴリ: フシギ


    雲海がまるで生き物のように動き回る。それは、とても静かで壮大だ!この作品の作者は、フォトグラファーのSimon Christen氏である。作者はこの作品に数年を費やし、この作品に、サンフランシスコベイエリアの霧のラブレターと題している。美しい雲海が作り出す異空間をご覧




    スポンサードリンク



    少し様子のおかしい夜空に浮かぶヘリコプター!緑色に発光する光がまるで蛍にでも囲まれているような感じです。なぜ、このように緑色に発光しているのでしょうか?カルト的なものの力なのでしょうか?それともUFO絡みでしょうか?または自然現象がもたらすオーロラ的なものが


    ゾンビが襲いかかる恐怖。映画(バイオハザード・バタリアン)やドラマ(ウォーキングデッド)では、ごくありがちな事ですが、実際に襲い掛かってきたらどうでしょうか。このような体験が出来るレースが、アメリカでは存在します!!その名も Run For Your Lives(生き残る


    うわぁ~!こんな街中に大きな穴が!!穴の上にあった建てものは、全て落ちてしまったのだろうか。この巨大な穴は、幅202メートル深さが30階建てのビルにそうとうするという。2010年にグアテマラで発生した熱帯性低気圧アガサにより引き起こされた悲劇である。この場所の地質


    線路のように車輪を載せる場所も無く、メビウスリングの軌道を勢いよく回るマグネット!これは、超伝導の実験であります。超伝導とは,特定の金属や化合物などを液体窒素などで超低温に冷却したときに起こる電気抵抗地がゼロになる現象の事を言います。一度は耳にした事があ


    ピンクの半透明で脚があり、よっこらよっこら歩く様子が何か愛嬌を感じてしまう、この謎の生物 The Sea Pig。Sea Pigと言うと日本語で直訳すると海豚であるが、このSea Pigは、Scotoplanesに属し深海に住むナマコの一種といわれている。生息地は、太平洋、大西洋、インド洋


    皆さんは、この画像をご覧になってどの様に感じられるでしょうか。ただ、画像が四分割されたカラフルな画像と認識される方が多いと思います。この画像は、フォトグラファー Bela Borsodi 氏によって製作されたものであり、カメラ固定しのファインダを見ながら慎重にそれぞ


    この動画を初めて見たとき、驚きそして心打たれてしまいました。死者を弔うと言う行為は、文明が発達する過程で生まれた宗教的行為に位置づけられているからです。この犬は、どこからとも無く現れ子犬の亡骸に砂を被せ、そして物静かに立ち去っている。この子犬とこのワンコ


    これは、強烈過ぎる!海に返されるはずだった、アザラシのスナッフィーが無残にも映画に出てきそうな大きなサメに食べられしまう。このニュースの映像は、 ディスカバリーチャンネルのシャークウイークの番宣に使われているのである。なぜ、突然この瞬間に巨大なサメが突然


    哀愁漂う後姿の小さいおっさん。歩道の割れ目に作られた墓は、誰のものであろうか。この作品はスペイン出身である アーティストIsaac Cordal氏が制作した「Cement Eclipses 」。私たちが見落としがちな美しさの可能性を持っている街の片隅に、この小さなおっさんフィギュア


    ブリティッシュコロンビア州のグローバルニュース正午のニュースでの出来事である。 この女性は、お天気お姉さんクリスティ・ゴードンさん。いつもと何変わらないお天気ニュースをお届けしてしている最中に二枚目の画像左上のモザイクを見ていただきたい!なんとそこにいる


    ビーカーの中には、長さ50Mにもなる8000個のビーズ。このビーズが、うねうねと生命を宿ったように動き出すのだ。なぜ、これらのビーズは、このような動きを見せるのであろう。その不思議にちょっと迫ってみよう!! 


    おおおおっ! バスに人が引っ付いていますけど・・・ これはもしかして、空中浮遊イ・リュ~ジョン?! 何を隠そう、このお方は、三十歳の英国イリュージョニストのSteven Frayne氏、別名:Dynamoである。4.572メートルの二階建てバスに摑まり空中浮遊は、並みの人間じゃ


    激しくコーラを振っているこのおじさん。この方は、カナダの宇宙飛行士Chris Hadfield氏である。このChris Hadfield氏が、なぜ激しくコーラを振っているかと言うと海底で炭酸飲料をこのような状態にしてみると、どうなるか検証している最中なのだ。このコーラがどの様なハジ


    この風の力を利用したオブジェは、ANTHONY HOWE氏によって作られた作品である。この作品の面白さは、人工的に作られたものだが、凄くナチュラルに動いていると言うことだ 。このオブジェの複雑な構造が織り成す、動きはまるで風のようである。風なのかオブジェなのかどちらか


    赤い丸の古代エジプトの像を注目していただきたい。何の変哲もないただ展示されている小像である。マンチェスター博物館に展示されているこの像が、回転していると言うのだ。赤い丸以外の像は定めたれた位置にきちんと収まっていると言う。研究員によると毎日少しずつ位置が


    映像をみているとこの脚は、この人のと理解は出来るのだがそれ以上に振り回されてしまうのが、このフォークポルカの音楽に合わせて踊るブラック&ホワイトシスターズだ。このダンスと音楽、白と黒が変な一体感を作り出し、脳を麻痺させていく感じをご堪能頂けたら幸いです。


    Heather Dewey Hagborg氏は、道で落ちているチューイングガム・爪・髪・タバコの吸殻を集めDNAサンプルを集め、その情報を元に人の顔をプリントアウトをするアーティスト。写真を見ていただいても分かるようにかなりのリアルな仕上がりとなっている。 


    皆さんは、スーパームーン見れれましたか!月は、それが地球の周りの軌道の最も近い点に到達した時に起こるスーパームーン。いつものお月さんよりも14%大きく、30%明るく見えるという。次のスーパームーンは、来年の2014年8月頃らしいです。 


    大変珍しいこの猫ちゃん。この猫ちゃんは、体は一つだがフランクちゃんとルイちゃんだ。ご覧のようにフランクちゃんとルイちゃんは、2つの顔を持って生まれた猫であり、ギネス世界記録の新版で最長寿命ヤヌス猫としての座を獲得している猫さんです。二つの顔を持つローマの神


    この一室に埋め尽くされたチューリップ。ここはアメリカ・マサチューセッツ州の精神保健センターの一室であります。この施設が取り壊され新しく施設を建設されるにいたっての最後のお別れ会と言ってもよいだろう。このプロジェクトは、 Anna Schuleit Haber氏と多くのボラン


    私たちは、ふとした瞬間に動物からたくさんの事を学んでいます。それは私たちが忘れかけているとてもシンプルな事です。この動画は、私たちが必要な感情を犬が教えてくれるものです。そのシンプルな事とは一体何なんでしょう?又シンプルな事を忘れさせているものはいったい


    この巨大な打ちあげられた鯨を見た場合どのような感情をあなたは感じるだろうか? この巨大な鯨は、ベルギーのアート集団キャプテンブーマーによって等身大(17メートル)のガラス繊維で作成された。このリアルなクジラは、グリニッジとドックランズ・インターナショナル・


    二人の少年が空の岩に貼り付けられ、そして町の風景も上と下に映し出しています。さてこの不思議の写真の真相はどうなっているのでしょう?答えは、続きに・・・・


    人は、少なからず変身願望があると思います。それにしてもEric Ducharmeさんすごいですねー。ここまでマーメードになりきるとは!コスプレとはまた違った迫力を感じられます。このフィンは、販売されているようで、購入も可能だそうです。早くEric Ducharmeさんの時代が来る


    私もこのような恐ろしいターミネーターを見たことが有りません。くろぶち眼鏡で、蝶ネクタイ、口にくわえているシルバーのおしゃぶりは何を意味するのか想像を絶します。これからお送りするこの恐ろしいターミネーター心臓の強い方のみご覧ください。決して軽い気持ちでは、


    音の周波数によって作り出される幾何学模様。黒色金属板に音源が取り付けられ周波数を変えていく事により上に載せられて砂が様々な形を生み出していく。 高い周波数になればなるほど複雑な形を形成していくそうだ。 


    UFO・空飛ぶ円盤とっても不思議な存在です。やはり各国で円盤を飛ばそうと試みていたようです。確かに円盤だから宇宙人が乗っていると言うのは私たちの勝手な想像であって本当は、この様な形の乗り物が存在していてもおかしくは無いと思います。またなぜ、円盤型の開発に力を


    皆さんは、このようなツートンな林檎を見たことがあるだろうか!この林檎を発見したKen Morrish氏は、45年林檎栽培に携わっているが、彼の人生でこの様な完全にツートンになっている林檎は見たことがないといっているそうだ。


    口と目がこんなに同じ表現をしていたなんて面白いですね^^目は口ほどに物を言うという言葉を聞いたことが有りますが、口を目の位置に持っていくと本当に物を語っているかのようです。 


    中国でエイリアンが発見されたのことですが、真相はいかに!!見た感じは、白子を駆使して作られたような・・・・ とりあえず続きをみてみましょう。  


    砂の上に置かれた黒いリュックサックらしきもの。通常なら背中に背負われているものだが、なぜこのような場所に・・・・真相を明らかにする為に、探検隊は洞窟の中に進みことにした!! 


    地下施設と言うものは、その響きだけでもとても謎めいて聞こえる。その施設は、戦争や核攻撃などの最悪の事態から人々​​を保護するように設計されているのだ。 謎めいた地下施設また、その秘密めいた内部構造ご覧いただきたい。 


    このページのトップヘ