カテゴリ: シゼン


    鳥の巣といえば私たちの身近に感じられる物ではツバメの巣。毎年同じ場所で巣をつくり、これからの時期チビツバメが巣から顔をだし、ピーピー餌を親にねだる姿が見られと思います。巣といってもやはり鳥の好みがあるようで、卵を守る巣は様々な形状や素材に囲まれています。




    スポンサードリンク



    まるで人間のように傷ついた表皮から血を流す「ブラッド・ツリー(Bloodwood tree)」。この木は、オーストラリアに生息するデザートブラッドウッド(Desert Bloodwood)と呼ばれるユーカリ属の近縁の植物。この赤い血のようなものは、キノ(Kino)と呼ばれる植物ガムで樹皮


    この緑の物体は、スライムでは無く「ヤレータ(La-Llareta)」と呼ばれるセリ科の小さな植物が集合して生息する植物です。南アメリカ大陸のアンデス山脈のプーナ草原で標高3,200mから4,500mに自生しており、年間成長速度は、1.5センチメートルぐらいといわれる常にグリーンの


    この画像の塩の結晶は、イスラエル側の死海(デッド・シー)の浜辺に普通に転がっている、「立方体」すぎる「天然の塩の結晶」です。この塩の結晶は「amazing natural phenomenon in the Deadsea」という動画に掲載されているもので、体がプカプカ浮く現象と共に死海の楽しみ


    鉛筆と言うと字を書いたり、絵を描いたり人間の頭の中にあるモノを創造してくれるツール。しかし、使っていくと小さくなりまだ使えるのに筆箱の隅や捨てられたりすると思います。この鉛筆はSPROUT(スプラウト)という鉛筆で、使用して小さくなった鉛筆を土に埋める事で鉛筆


    すんげーバランスで立っているこの岩は、イギリス・ノース・ヨークシャーに存在するブリムハム・ロックス(Brimham Rocks)。この岩は、約4.6メートルの高さがあり、なんと!その総重量は200トンにもなる巨大な岩です。一番凄いのその200トンの岩を支えている三角形の部分で、


    モンゴルと言う国を地図でまじまじと見たことがあるだろうか。上はロシア左はカザフスタン、下は中国と凄い国に囲まれている国である。私はまだモンゴルに言った事は無いのだが、行った人から話を聞くとやはり何処までも続く大草原が印象的な国で、移動するのは大変だがモン


    川底に眠るヒンドゥーの神々。この水中の存在する遺跡は、カンボジア・シェムリアップにある「クバール・スピアン」。アンコールワットで有名なシェムリアップから北に1~2時間要する場所にある水中遺跡。この場所は私も一度訪れた事のある場所で、滝で泳ぐことを目的に向か


    映し出された銅の大きな玉。この作品はフォトグラファーDillon Marsh氏が、南アフリカのダイヤモンドや銅の鉱山の産出量をイメージ化し、どのくらいのスケールがあるかを表現した「For What It's Worth」。もう既に閉山した鉱山からどれだけ鉱物が取れたかを作り物の銅の玉や


    アバターのナヴィ族のような表情を作り出す樹木とその樹皮。この作品はイタリアのフォトグラファーElido Turco氏が制作した「Dream Creatures」。樹木の樹皮の顔のような半分を見つけ、鏡効果を使い一つの顔に作り上げた作品です。顔にしか見えない木々たちが妖精や妖怪をイ


    宇宙空間を漂い地球に落下した隕石というのは、地球に存在しない物質が含まれているかもしれないというミステリアスな存在です。この画像の隕石はARIZONA SKIES METEORITESに掲載・販売されているロシアで発見された貴重なチンガー隕石(Chinga meteorite)を4分の1カットさ


    スケボーやスノボーのバンクのような奇妙な場所にポツンと建つ家。楽しそうであるが、ちょっぴりなんだかもの悲しい。この島は、アイスランドのヴェストマン諸島(Vestmannaeyjar)のヘイマエイ島の右上辺りにある小さな島「エリデイ島(Elliðaey)」です。このエリデイ島(


    この美しい色のグラデーションは一体何のグラデーションなのでしょうか??? 


    4万ものハニカム玄武岩石柱群が連なる地域北アイルランド・ジャイアンツコーズウェイ(Giant’s Causeway)。アントリム州ブッシュミルズの海岸線に位置するこの自然の絶景は、まるでモロッコのアイト・ベン・ハドゥ要塞都市を感じさせるものがある。この絶景は「イギリスの


    埋葬方法としては、一般的なものでは土葬、火葬、そして少し変わったものでは、鳥葬や散骨、骨をダイヤに変えるものなどがある。近年様々な形の埋葬方法がうまれている中で、少し想像すると生々しいが自然の摂理にとてもかなった人の埋葬方法を発見したので紹介したいと思う


    この作品は、カナダのフォトグラファーmatt molloy氏が制作した絵画のような美しい空。タイムラプス・ハイダイナミックレンジ合成(HDR)・長時間露光撮影の技を巧みに使用し、製作された息を飲むような美しい空の作品である。一枚の作品には何百もの写真が使用され、 刻々と


    氷山の一角と言う言葉があるが、こんな光景を見せられると今まで見た氷山と言うものは本当に一角に過ぎないことが分かる。そして氷山の下にはこんなに美しいものが隠れていたんだなと。このコバルトブルーが美しい氷山は、フォトグラファー Alex Cornell氏が南極で撮影した


    一体どうなってるんだぁ???雲といえば風が吹く一方方向に着の身着のまま自由に流れていくものと思っていたが、こんな事もあるんだなぁ。この動画は「Highway in the sky」という、なぜか違う2方向にむかって雲が綺麗に流れている不思議自然映像。まるで立体交差点を自動車


    おおおおっ種スゲ~!!この動画は「Erodium Seed」。Erodium cicutarium (stork's bill or filaree:テンジクアオイ・オランダフウロ)と呼ばれる植物の種が土を掘り自分の居場所を確保していくタイムラプス映像。そのタイムラプス映像はツルをアームのように使い土を押し、


    何かが一度にそれも大量に何処かに失踪する事ってあるのだろうか。この作品はストリートアーティストLouis Masai Michel氏が街の壁などに描いたストリートアート作品「Save the Bees」。皆さんも一度は耳にしたと思われる、蜂群崩壊症候群(いないいない病)。その蜜蜂の謎の失


    美しい淡い光を映し出すステンドグラスに似た結晶。この結晶は、なんと!驚きの隕石の結晶ということだ。この隕石は1969年にメキシコのチワワという場所に落下したもので、その推定年齢は45.67億歳とまたまた驚かされる。この映像は、天文写真家:Jeff Barton氏により、落下


    この動画は「Meteor hits the atmosphere and explodes.」。フォトグラファーWes Eisenhauer氏がサウスダコタ・カスターで撮影した美しいミルキーウェイと大気圏で爆発し燃え尽きる流星のタイムラプス。流星が大気圏で、爆発しタバコの輪っかの様に広がって燃え尽き消えてい


    巻き巻きしているけど、何かの卵かな?それとも食べられる物なのか?一体これはなんなんだろうね!


    通常ならアニメや映画などの物語の主人公やそれに伴うサブキャラクターを中心とし描かれるイラスト作品が多いが、山、植物、川、雲などの自然を中心としその世界を描くアーティストがスペインに居るという。そのアーティストいうのは、DeviantArtのユーザーでありスペイン・


    あのジンベイザメと海で共演できるなんて!この海面下で繰り広げられる、まるでシンクロナイズドスイミングのような人間とジンベイザメのダンスの共演は、フォトグラファーShawn Heinrichs氏とKristian Schmidt氏によって撮影された「Whale Shark Fashion Shoot」。ファッシ


    夕日にタンポポのわたげを重ねる事でうまれるダンデライオン・サンセット。夕日の真っ赤な光をわたげ一杯に受け、赤やオレンジや紫の色に染まるエネルギッシュなわたげが映し出されている。これらの作品はflickrのフォトグラファーたちが撮影したもので、彼らの選んだ夕日ス


    緑が沢山で深呼吸したくなるような場所に建つツリーハウス。この建築物は、建築家であり環境保護で活動するPeter Bahouth氏が制作した吊橋で移動することが出来るツリーハウス。このツリーハウスは、彼の子供の頃の冒険心に火がつき制作されたもので、子供の頃の思いと大人の


    真っ暗な夜空にもこんなに色があったなんて。この作品はオレゴン州ベースのフォトグラファーMatt Payne氏が撮影した夜の静かな闇に光り輝く星空と山のシルエット。長時間露光撮影および複合材料を用いる事で肉眼では捉える事ができない美しい自然の躍動が捉えられています。


    小さな頃は、身長も何もかも小さかったせいもあるがよく上を見上げていた。大人になるに連れ同じ大きさの人が増えるようになると見上げる事をやめてしまい今まで見ていたものや見ようとしていたものを見なくなってしまっている。この作品は、そんな子供の頃を思い出させてく


    魚を獲る方法として、底引き網や釣りなどがある。この海辺に二つのハートが並んだ何かのサインのようなものは、台湾の七美郷(しちびきょう)にある「双心石滬(Twin-Heart Fish Trap)」。潮の満ち引きを利用したとても自然と順応したフィッシュトラップである。そして、二


    この作品はフランスのアーティストMister Blick氏が戦時中の白黒写真の兵士たちの武器をお花や植物に置き換えたコラージュアート。兵士達が使用する武器が大きなお花になることで、メルヘンでピースフルな光景に生まれ変わり、一気に重い空気が華やかな空気に変わってしまう


    この画像は「I Am Froot」。りんごのポヨンと飛び出た果枝が、人のような形に感じ取れる面白植物ドンと来い!、りんごの中からこんにちは!画像。Frootとは、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーに登場したグルート(Groot)→Froot(グルートより小さくフルーツだからかな)


    これが地球??そうなんです、地球なんです。この打ちあげられた船と星空、そして水の鏡に映し出された星の作品は、フォトグラファーMikko Lagerstedt氏が捉えた息を飲むような美しすぎる星空。昔は何処でもこの様な光景が見ることが出来きたんじゃないかと思うんだが、現在


    このページのトップヘ