カテゴリ: シゼン


    鏡を使ったアート作品は、錯覚を生み出す物や鏡に映し出される物をコラージュした物などがありますが、この作品は、少し手を加えられていますが、ただ鏡に自然の美しい風景を映し出した物です。この「Broken Mirror/Evening Sky」というタイトルが付けられたフォトグラファー




    スポンサードリンク



    この宝石のようなものは、Gary Greenberg博士によって撮影された砂の粒です。これらの砂の粒は、殆どが砂浜で採取されたものです。ハワイや沖縄など様々な場所で採取された砂をカメラのマクロ撮影や顕微鏡を使った撮影で博士自身がコレクションとして撮影しているようです。


    私達の生きる世界には沢山の色が存在しています。その色はその時々の状況で変化していますが、日常の生活を送る中では、曖昧な色彩感覚での認識だけで終わってしまいます。その自然の中での色やその色の動きを可視化したサイトが存在します。そのサイトは、「Natural Palette


    この面白い写真は、写真家Eurico Zimbres氏によって撮影されたミラクルショットです!この建物は、ブラジルにあるブラジル国民会議場(National Congress of Brazil)のモダンな建造物で、この建物の右側のボールのような部分に雨が降り注いで見える写真です。多分ですがこの


    この作品は、「Internet Mirrors:The Crystallized Forest」というシリーズ作品です。この作品はアーティストLaura Mackin氏が製作したミラー・コラージュですが、そのミラーをユニークな方法で収集し製作されています。インターネットのオークションサイトにある鏡などに映


    切る包丁が切られてアートを作り出す。この作品は中国人アーティストLI HONGBO氏が制作した「Shadow of Knives」。あの硬く大きな中華包丁を切り出し、まるで切り絵のように作り上げた凄技光る中華包丁カービング作品。紙なら切れるはさみやナイフを使い、この様な作品が制作


    こりゃ~ビックリたまげた!この作品は “Zen 3D printing” デザイナーのGavin Munroさんの作品。木材を切り出したり、組み立てたりせずとも、木が育つと椅子になる木を育てているアーティストであるのだ。この作品のヒントやアイデアになったのが小さい頃見た盆栽だそうで


    人々にはそれぞれのライフスタイルがあり、それぞれの生き方をしていると思います。この画像は、ロシアのフォトグラファー Danila Tkachenko氏の「Escape」と言う、様々な理由で森で住む人々に密着し、3年間かけ撮影された、森にひっそりと住む森の住人たちに焦点を当て製作


    シュワ~!と4本の指から煙が立ち上がる!実際こんな事がったらビックリしてしまうと思うが、撮影者が雲を指から出る煙を想像し、雲と手を重ね想像通りのものを実際に撮影されている。これはパレイドリア効果というもので、実際はそうでは無いものをあたかもそうであるとイメ


    おぉぉぉぉぉっ!すげぇ~!こんな花があったなんて!ポケモンのモンスターボールのような”花”って初めて見たわ!!! 


    この緑の物体は、スライムでは無く「ヤレータ(La-Llareta)」と呼ばれるセリ科の小さな植物が集合して生息する植物です。南アメリカ大陸のアンデス山脈のプーナ草原で標高3,200mから4,500mに自生しており、年間成長速度は、1.5センチメートルぐらいといわれる常にグリーンの


    まるで人間のように傷ついた表皮から血を流す「ブラッド・ツリー(Bloodwood tree)」。この木は、オーストラリアに生息するデザートブラッドウッド(Desert Bloodwood)と呼ばれるユーカリ属の近縁の植物。この赤い血のようなものは、キノ(Kino)と呼ばれる植物ガムで樹皮


    この濃いブルーが作り出す光景は、チリ・アンデス山脈に位置する「エル・タティオ(El-Tatio)」という、世界第三位で南半球最大の間欠泉フィールドを捉えた物です。大きな地図で見るこの作品は、ブリティッシュ·コロンビア州ベースのインタラクティブ、ウェブデザイナーや


    この手のひらに載る小さな天然石は、珪孔雀石で出来た鍾乳石です。小さな空洞にニョロニョロのようにはえている鍾乳石を見ていると、この空間だけで洞窟にある鍾乳洞ワールドが完成しているように思えます。小さな鍾乳洞は、Rob Lavinsky氏が運営するArkenstoneというサイト


    石が何かの栄養分をとり成長するということは考え難い事ですが、ルーマニアのTrovants自然保護区博物館(Trovants Museum Natural Reserve)には、成長し形を変える奇妙な石の存在があるようです。この石は「trovants」と呼ばれ外見は普通の石のように見えますが内部構造はコ


    この作品はトルコのアートディレクター、ビジュアルアーティストHüseyin Şahin さんが制作した異世界のような不思議な世界観が楽しいデジタル・コラージュアート。様々な異種のものがとてもナチュラルに馴染んでおり、絶対にこの世ではありえないんだけど、実際にこんな自


    もしこの地球上の氷が解けてしまったら・・・。化石燃料の使用によるCo2増加による地球温暖化や化石燃料の使用による熱量から生じる温度の上昇などの要因で、北極や南極にもたらす温度変化による氷の減少のことを一般的によく言われています。ナショナルグラフィックによれ


    まるでサンゴのようなこの植物は、ロマネスコ(Broccolo Romanesco ・Chou Romanesco)と呼ばれる野菜の一種。カリフラワー科に属するフラクタル構造をもつユニークな植物で、このフラクタル構造はロマネスコの蕾が作り出していると言うことです。16世紀ローマ近郊で開発され


    地球の鼓動を感じさせる火山。地球自体が生きている証であり、それは時にして私達の脅威にもなる自然現象。世界には活動している活火山約800以上も存在していると言います。火山の活動は、私達が想像する以上に、美しい噴火する光景やその周りの気象状況や環境を巻き込み幻想


    南国の海岸線に広がるハニカム構造。このプロジェクトは、「the grand prix award」でグランプリを受賞した「caltrope」というものです。ブタペストベースのszövetség'39氏が手がけたこの「caltrope」プロジェクトは、マングローブの力を借りて、自然生態を壊さずその自然


    ピンクの桶に四角い籠。この作品は、アーティストのJackie Nickerson氏が撮影した「Terrain」。「Terrain」とは自然の特徴から見ることが出来る地域や地形。この作品は食料生産者と農業に関連した景観との関係について表したものです。農作物と人間が自然と重なるユーモラス


    この海に浮かぶコンクリートの塊のようなバトルシップは、マニラ湾に位置するフィリピン・エルフライレ島(El Fraile Island)、又の名をフォートドラム(Fort Drum)。大きな地図で見るこのをフォートドラム(Fort Drum)は、20世紀初頭に建築された建造物で「浮沈戦艦」であ


    以前、「モンサント村(Monsanto)」という、ポルトガルのという変わった町並みを紹介したが、今度はスペインにもモサント村に似た不思議な空間が存在しているので紹介したいと思う。その町の名はセテニル・デ・ラス・ボデガス(Setenil de las Bodegas)と呼ばれる、スペイ


    ニワトリにも似ているし、後姿は鳩ぽい。この教会はインドネシア中部のジャワ島のマゲランにある「Gereja Ayam」。別名チキン・チャーチと呼ばれ現在廃虚となっている巨大なニワトリの形をした教会である。元々、この建築物は神のお告げを聞いたDaniel Alamsjah氏によって祈


    絵画の油絵のように美しいこの画像は、北アメリカ・五大湖の一つのエリー湖(Lake Erie)を上空から撮影した写真。エリー湖(Lake Erie)は、五大湖でも一番下の方に位置する湖で、生活用水、工業用水や水力発電に使用される世界では13番目の面積をもつ淡水湖です。大きな地


    この画像は米航空宇宙局(NASA)と米国地質調査所(USGS)が、衛星で捉えた高画質で美しい衛星写真を審美的な感覚で選んだ「Earth as Art」。タイトルの「Earth as Art」が語るようにアートのような地球の衛星写真が集められています。この上にある衛星写真はマラスピーナ氷河(


    この作品はストリートアーティストfauxreel氏が制作したストリートアート。壁に描かれた女性の顔と緑の作り出すヘアースタイルに遊び心が感じられる作品。ストリートアートといっても3Dのものなど様々なストリートが存在していますが、今回は、その場の環境に順応していくピ


    人生80年。80年では、地球上の全ての国や街を回るのは少し足りないような気がします。もし200歳の寿命があるなら100年間は地球の国や街に掛け、後の残りは余生を生まれた国で過ごせるのになぁと考えてしまいます。しかし、バーチャルなら可能なのかもしれません。画像にグー


    ツリーハウスという木の上に建築された家というものがありますが、それが木の天辺に作られたツリーハウスだったらいかがでしょうか。このあまりに高所に建築されたツリーハウスは、パプアニューギニア・コロワイ(Korowai)族という部族が、ジャングルの木々を使い約100フィ


    ジブリ映画を見た方は一度は思う、何処にその映画の元となったのか。それは海外のジブリファンも同じような事を考えているようです。この「もののけ姫」と自然の画像は、海外のジブリファンが選んだ「もののけ姫」のゆかりの地、鹿児島県の大隅諸島にある屋久島です。大きな


    この木は、ネバダ州のセコイア国立公園の樹齢3200歳のセコイアの木。20億の葉を持ち74メートルの高さを誇る巨木です。高さだけで考えるとカリフォルニア州・レッドウッド国立州立公園の木の高さが116メートルで世界一なのですが、このセコイアの木の質量で考えると世界最大級


    この赤い湖は、クリミア半島にある「Sasyk-Sivash Lake」と呼ばれるラグーン(lagoon)。下の地図で見ていただければ分かるとおもいますが狭い海峡とアゾフ海と繋がっており、そして水深が一番深いところで3メートル、平均的には50センチから1メートルと浅い為に、この湖は高


    自然環境を崩さず自然のもので制作される木で出来た橋というものがあるようだ。この橋は、インドのメーガーラヤ州にあるマウシンラム村にある木で出来た橋。インドのメーガーラヤ州は世界で最も雨量が多い場所と知られているところで、そんな環境にあるこの魅力的で素敵な橋


    このページのトップヘ