カテゴリ: シゼン


    ヘビVSクロッコダイル。オーストラリア・クイーンズランド・ムーンダラ湖で起きた格闘劇。約3メートルの巨大ニシキヘビとクロッコダイルが戦いの末に、ニシキヘビにクロッコダイルが丸呑みされ、その戦いは5時間も続いたそうです。その内の15分が丸呑みに要する時間だった




    スポンサードリンク



    この画像は、映画の無重力シーンを再現・撮影する為に、アメリカ航空宇宙局(NASA)が宇宙空間とその宇宙空間で船外作業をする宇宙飛行士の姿を撮影したものです。現在フリッカーの「'Gravity' - NASA's Real-Life Images from Space」に掲載されている写真であり、宇宙空間に


    この作品は、アーティストAdrian Limani氏の作品で、月と戯れる月を上手くつかった作品を制作しています。影のような人物像は、多分後付されたものと思いますが、月単体で見る風景を更に楽しめるように味付けした作品です。丸い月とどの様に人物像が戯れているか、いろいろな


    このポスターは、WWF(世界自然保護基金)向けに作られた、インド・ムンバイのアーティストYashika Shah氏が製作した「ツリーズ・セーブ・ワイルドライフ」と言う作品です。木に水を注ぐ人物と木の根っこに野生動物が描かれています。木を守る事で野生動物の住み処や食べ物を


    不思議なアングルから撮影されているこの画像は、「GoPro: Pelican Learns To Fly」という動画作品で、この頃良く話題の登場する世界一多才なカメラ「GoPro」が製作した物です。ペリカン君のクチバシに備え付けられたカメラが映し出す、鳥目線の逆を捉えた面白い映像です。こ


    巨大蜂の巣を狙うネパールのグルン族(GURUNG)。何世紀にもわたって、ヒマラヤの崖から蜜を集めてきたグルン族は年二回、命がけのハニーハンティングに出かけ断崖絶壁に生息する世界最大級の巨大蜂の巣を狙いに行くそうです。この写真は、フォトグラファーAndrew Newey 氏が


    こんなに沢山のトナカイの群れを今までに見たことがあるだろうか。この画像は「Reingjede i Kautokeino」言う動画であり、フォトグラファーJan Helmer Olsen氏が、ノルウェー・カウトケイノ(Kautokeino, Norway)の近郊で、ヘクサコプター(Hexacopter)というラジコンヘリ


    寒い冬の夜を幻想的な世界に変えるライトピラー(light pillar)。ライトピラー(light pillar)は光柱(こうちゅう)とも呼ばれる、雲の中に氷晶が落下する際、空気の抵抗により地面に対してほぼ水平に浮かび、その氷晶に光が反射することで起こる現象であり、マイナス10度


    いつも見る雪の結晶とは少し違う感じがすると思います。この雪の結晶は、アメリカ・メリーランド州の研究センター:Beltsville Agricultural Research Centerで、天然に存在する雪の結晶を低温走査型電子顕微鏡で撮影されたものです。通常の電子顕微鏡では電子ビームを当てる


    人々にはそれぞれのライフスタイルがあり、それぞれの生き方をしていると思います。この画像は、ロシアのフォトグラファー Danila Tkachenko氏の「Escape」と言う、様々な理由で森で住む人々に密着し、3年間かけ撮影された、森にひっそりと住む森の住人たちに焦点を当て製作


    この作品は、日本人アーティストYutaka Kitamura氏が製作した花が開花する瞬間のタイムラプスの映像をAlexander Reeder氏がGIF動画に置き換えたコラボ作品。10種類の花の開花を同時に見ていただける動画です。花が開花すると言う事は知っていますが、実際にはその開く瞬間


    青い海に沈む石造。この石造は、古代遺跡ではなく、海洋生物が生息し易くするように製作された人工リーフです。人工的に自然の珊瑚礁(リーフ)の波を打ち消す作用を利用した物が人工リーフと呼ばれるもので、波を打ち消す事により砂浜の浸食を防ぎ砂を堆積させることで砂浜


    この巨大な緑のオブジェは、2013年にカナダ・モントリオールのモントリオール植物園で開かれたモントリオール・モザイカルチャー世界博(Mosaïcultures Internationales de Montréal)。国際的な園芸芸術のコンペティションであり、2009年に静岡県浜松市でも開催されていま


    自然環境をテーマにした作品は様々な形で存在しています。単に「自然を守ろう」などの言葉だけの訴えでは、なかなか届き難いものです。しかし、そこに視覚的な表現を加えることで、その人が思い描くイメージが更に伝わり易くなります。この作品はアルメニアのアーティストNir


    水中撮影で捉えたれたこの写真。この写真はオーストラリアのフォトグラファーMark Tipple氏が撮影した「The Underwater Project」。波打ち際付近で水面を駆け抜ける波とその波によって引き起こされる潮の流れによって、水中でありながら空のような不思議で幻想的な光景を作り


    人生80年。80年では、地球上の全ての国や街を回るのは少し足りないような気がします。もし200歳の寿命があるなら100年間は地球の国や街に掛け、後の残りは余生を生まれた国で過ごせるのになぁと考えてしまいます。しかし、バーチャルなら可能なのかもしれません。画像にグー


    みなさんパタパタママをご存知でしょうか。フジテレビで朝8時ごろからやっていたポンキッキの歌のコーナーで「のこいのこさん」が歌っていた「およげ!たいやきくん」に次ぐ程のヒット曲です。たぶんパタパタママを知っている人であれば、モジャモジャ頭の中やそのような形を


    この作品は、「Internet Mirrors:The Crystallized Forest」というシリーズ作品です。この作品はアーティストLaura Mackin氏が製作したミラー・コラージュですが、そのミラーをユニークな方法で収集し製作されています。インターネットのオークションサイトにある鏡などに映


    わたげのベッドは私のベッド。ナチュラルさと透明感が美しいこの作品。この作品はフランスのパリのイラストレーターのNathalie Jomard氏の「Photo-graphismes」。graphismesとはフランス語でコンピュータを使ったアートと言う意味です。写真とイラストを重ねる為に使用された


    この海に浮かぶコンクリートの塊のようなバトルシップは、マニラ湾に位置するフィリピン・エルフライレ島(El Fraile Island)、又の名をフォートドラム(Fort Drum)。大きな地図で見るこのをフォートドラム(Fort Drum)は、20世紀初頭に建築された建造物で「浮沈戦艦」であ


    ピンクの桶に四角い籠。この作品は、アーティストのJackie Nickerson氏が撮影した「Terrain」。「Terrain」とは自然の特徴から見ることが出来る地域や地形。この作品は食料生産者と農業に関連した景観との関係について表したものです。農作物と人間が自然と重なるユーモラス


    驚異的なバランスで積み上げられる「積み石」。私たちの国でも神社や川原、三途の川などで登場する積み石ですが、大小様々な石を積み上げていき、自然界と非常にマッチした積み石を作り出すアーティストがいます。ランド・アーティストのMichael Grab氏が作り出す、石を積み


    中国の四川省:九寨溝(きゅうさいこう)にある五花海(ウー・ホアー・ハイ:five flower lake)。自然保護区であり、ユネスコの世界遺産に登録されている花海(ウー・ホアー・ハイ:five flower lake)は、ジャイアントパンダの生息地でも有名な場所に位置する幻想的な風景を


    地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象「月食」。その月食をスクロールする事で短時間にその月が欠けていく姿を見ることが出来ます。この画像は、あまりにロング一枚画像なので私が編集し小さくしたものですが、一枚ものの写真の方は「Daily Dose of Imagery


    この美しいシロクマと夕日の風景の写真は、フォトグラファーSylvain Cordier氏が撮影したとてもピースフルな写真です。この美しく夕日が落ちていく場所は、アラスカにある北極野生生物国家保護区と言うことです。北極野生生物国家保護区のグーグルマップ大きな地図で見るSylv


    ムーミンのニョロニョロのようなこの白い物体は、フィンランド・ラップランド(Finnish Lapland)の凍りついた木々。この地方では冬になるとマイナス40℃〜マイナス15℃の温度になり、あまりの寒さに木々がこのように凍りつくそうです。この写真は米航空宇宙局(NASA)が運営


    水槽と言うと熱帯魚や金魚などの魚を飼う為のものと考えがちですが、その水槽の空間を利用しその空間に美しい自然環境を再現するという「Nature Aquarium and Aquatic Plants Layout」(ネイチャー・アクアリューム アンド アクアティック・プランツ・レイアウト)いうもの


    火山爆発と稲妻、そして空に高く昇る熱雲。この火山が噴火する様子を捉えた写真は、フォトグラファーFrancisco Negroni氏によって撮影されたチリ南部コルドン・カウジェ(Cordón Caulle)火山群の噴火する様子を撮影されたモノです。まるでサイエンス・フィクションの映画に


    この美しい雲海が広がるテラスは、北海道トマムにある星野リゾートトマムの雲海テラスです。この雲海テラスに現れる雲海は幾つかあるようで、それぞれの雲海によって違った「雲海テラス」をあじわえるようです。(雲中、トマム産雲海、太平洋産雲海、2階層雲海、日高産雲海)


    大木と重なり合う少年。まるで大木と同化しようとしているようにも見える顔に施されたペントです。自然の中に溶け込むといった迷彩ファッションと言うものもありますが、彼らが用いるのは、自然にある物から調達した色を使い顔や体にペイントし自然と同化をはかります。この


    きのこ雲を作り大噴火。この噴火している様子の画像は、インドネシア・北スマトラのシナブン山です。この活火山であるシナブン山は、今年2014年1月4日に30回に渡り噴火を繰り返していたそうです。噴火の高さは、高度4000メートルにも達し、現在も 噴火活動が活発化しており、


    大寒波に見舞われるアメリカのシカゴ。大気の極循環現象によって引き起こされる周極渦(しゅうきょくうず:Polar Vortex)又の名をポーラーサイクロンとも呼ばれる北極や南極の上空にできる大きな気流の渦によって、この寒波がもたらせられたようです。シカゴ、デトロイトやミ


    この映像は、アイスランドで撮影された氷点下での間欠泉(ガイザー)が吹き上がる瞬間です。その様子はまるで、一瞬にして液体窒素で凍らせられるような衝撃的なものです。間欠泉というと一定の周期で水蒸気や熱湯を空高く噴出するものですが、そのかなりの高温で高く吹き上


    このページのトップヘ