カテゴリ: タテモノ


    土管の家と言うとお笑い漫画道場の鈴木さんの土管ハウスを思い出してしまいます。鉄板ネタの土管ハウスは、それほど面白くは無かったですが、無いと無いなりに物足りなさを覚えた記憶があります。このジャンボサイズの土管ハウスは、オーストリアにある「dasparkhotel-ottens




    スポンサードリンク



    この未来感覚たっぷりでかなり斬新なフォームをしている建物。この建物は、建築家;Bof Architekten氏に設計された、南極にあるインドの研究ステーション、バハラティ南極研究ステーション(bharati antarctic research station)である。2,500平方メートルという面積をほこ


    岩のようなコンクリートの塊の中に出来た小さな素敵な空間。この作品は、Ensamble EstudioとRicardo Sanz氏とJavier Cuesta氏が共同でスペインのコスタ·ダ·モルテに製作した「The Truffle」という建築物。この建築物は、自然の大きな岩に見えますが、コンクリートで製作さ


    砂漠の中に聳え立つエジプトのギザの大ピラミッド。私たちが良く知る巨大ピラミッドは砂漠のイメージが強いですが、実際は砂漠地帯と街の狭間に存在しています。この遺跡やランドマークのズームインとズームアウトで見るpolicymicというサイトが制作した「15 Famous Landmark


    山肌にサイコロが突き刺さったような光景。この風変わりな建築物はプラハにある建築事務所atelier 8000がデザイン・制作した「kezmarska hut」。なぜこの様な形に山小屋が収まってしまったのか、とても気になる建築物であるとおもう。この山小屋は、スロバキア・タトラ山脈に


    もし活動している街を万華鏡に閉じ込めてみたらどの様になるのでしょうか。そんな夢を叶えてくれたミラーシティー(Mirror City)!!この作品は、Michael Shainblum氏により製作されたもので、シカゴ、サンフランシスコ、サンディエゴ、ラスベガスとロサンゼルスの街のタイ


    何かワクワクを感じさせてくれる面白い建て物。ガウディーの作品と思いきや、この建物は、フリードリヒ・シュトーヴァッサー(Friedrich Stowasser)氏によって建てられKuchlbauer-turmと名づけられた建物です。彼は、オーストリアの芸術家(画家・建築家(1928–2000))であ


    すんげ~場所に建っているというより、引っ付いている家。洞窟の家や世界最細の家や岩の家などその場所を有効利用した家の存在はあったのだが、 あえてこんな崖っぷちの場所に家を建てる意味はあるのだろうか。この崖っぷちな家は、Modscape Conceptが制作した「CLIFF HOUSE


    このイラストはバルセロナを拠点とするイタリアのアーティストFederico Babina氏の新作「ARCHIMUSIC」。前回の作品同様に今回はミュージシャンやそのグループを建築物に置きかえれたイラストレーション作品です。この画像の作品はマイケルジャクソンの「ビリー・ジーン(bill


    この画像は、インスタントグラムのユーザーであるBrandon (@sharpmagunda on Instagram)さんが撮影したシカゴの街の上空写真。雲から突き出す無数のビル郡が未来都市や天空都市のような近未来型の天空都市を彷彿させる光景を作り出している。 果てしなく続く雲と人工的な建


    バスタオルから浮き上がるように存在する工業地帯。この作品は日本人アーティストのTakahiro Iwasaki氏が制作した「Out of Disorder」というシリーズ作品。神奈川県川崎市の工業地帯の建物をバスタオルの糸くずや歯ブラシの毛などを使用して製作されているとは思えないほどの


    見た目タージそっくりだが、すこし何か物足りないこのタージマハルらしきもの。このタージに良く似た建築物は、インド・アウランガバードにあるビービー・カ・マクバラー(Bibi Ka Maqbara)。アウランガバードといえばエローラ、アジャンタの遺跡が有名であるのだが、このビ


    こんな家に招待されたらディズニーランドのような夢のある一日が感じられるに違いない。この夢とファンタジーが溢れるレインボーハウスは、アーティストKat O'Sullivan (Katwise)氏が制作したレインボーハウス。2009年にニューヨーク近くの場所にあったごく普通の白い家を購


    この小さな家は、allergutendingeが制作した「ゼーレンキステ(Seelenkiste)」。ドイツ語で魂のボックスという意味がある一人部屋のような一人家です。ヨーロッパ文化史の伝統に根ざしたアルカディア・スピリットというコンセプトが詰められている、構造的に小さいながらも


    まるでそこに人の面影や人の存在感が感じられるストリートアート。この何もない殺風景な壁に描かれたストリートアートは、フランスのアーティストPatrick Commecy氏とチームmuralistsが制作した活気に満ちたアパートメントを描いた作品。もともと何もない壁にアパートメント


    この面白い写真は、写真家Eurico Zimbres氏によって撮影されたミラクルショットです!この建物は、ブラジルにあるブラジル国民会議場(National Congress of Brazil)のモダンな建造物で、この建物の右側のボールのような部分に雨が降り注いで見える写真です。多分ですがこの


    どんな空間広がってるんだろう!この動画は「Tour of South Pole Station」。南極のアムンゼン・スコット基地の内部ツアー映像。気になる南極の生活居住区間!極寒の世界での居住空間って興味あるよね。この動画にはそのアムンゼン・スコット基地内部がどうなっているか紹介


    一見、打放しコンクリートできた建物に見えますが、これは全てコンクリートのプランター、ゴミ箱、ネオンサイン、電気ボックスなどにペイントを施したミニチュア・ビルディングです。この作品は、ドイツのアーティストEVOL氏が、ステンシルと言う技法を用いて、ステンシルテ


    一枚岩に立ちカオスな空間を持つエキセントリックな建物は、アメリカ・ウィスコンシン州のスプリンググリーンにあるハウス・オン・ザ・ロック(The House On The Rock)。大きな地図で見る この建築物は、アレクサンダー·ジョン·ジョーダン·ジュニア(Alexander John Jorda


    大きな地図で見る とてもへんぴな砂漠に作られた映画館。この地図情報を見ていただいて分かるように、回り一面が砂漠で何もありません。この砂漠の映画館は、エジプト・シャルム・エル・シェイクの北西約8キロいったところにある、時代背景は分かりませんが、ベンチなどが


    こんな事ができちゃうんだなぁ~。この無理やり感がファンタジーな五重塔のような家はアラスカのウィローにあるタワーハウス「Dr. Seuss House」。アメリカの絵本作家ドクター・スース(Theodor Seuss Geisel)氏の絵本に出てくるようなユニークな形をした建築物である。またこ


    本の匂いと歴史が交じり合う図書館。この作品はフランスのフォトグラファーFranck Bohbot氏が撮影・制作した「House of Books」。パリ、ローマ、ボストンなどの都市への旅行した際に撮影された歴史のある、そして美しく魅惑な図書館の美を撮影した作品です。そして、この画像


    ボロボロになりながらも輝きを忘れない教会。この教会はベルギーにある廃墟となってしまったお城「カステール・バン・メセン(CASTLE OF MESEN)」内にある教会を捉えられたもの。廃虚作品というものはいつも孤独を感じさせられるが、孤独ながらも建築物が何かに開放され自由


    やっぱりレインボーは色のグラデーションがとっても綺麗!この作品はアメリカ人アーティストPeter Erskineが制作した「Solar Spectrum Environmental art 」。レーザーカットしたプリズムや自然光などを利用して、建築物にレインボーを映し出すといった光のアート。建物に映


    この施設は、タイ・バンコクにあるワット·プラ·タンマガーイ( Wat Phra Dhammakaya)と呼ばれるこの仏教宗派の創始者Phramonkolthepmuniの記念館であり仏教寺院。なぜか乳房のようなポッチが中心に聳え立つ不思議な寺院です。建物の形もUFOのような形をしており、夜に


    さり気なく狭いビルの間に収まっている不思議な謎の白い物体。新しい形のUFOなのか、基地なのか。なんとこの物体は、Keret Houseと言う家なのです。家だと言われるんであれば家なのですが、横幅が最も狭いところで92センチメートル、そして最も広いところでは152センチメ


    香港の家庭の様子を上部から収めたこの作品は、キューブリック・アパートメント(CUBICLE APARTMENTS)と呼ばれるユニークな作品です。私達の国でもそうですが、人口密集率が高い都市では横に居住地域を広げるわけにはいかなく、どうしても上に上にとその面積を広げていく傾


    この作品は、フォトグラファーKai Fagerström氏によって撮影された廃墟となった廃屋に住む小さな住人達の姿を収めたものです。廃墟と言うとその以前使用していた人の存在の痕跡が不気味思えるものですが、Kai Fagerström氏は、少し違った視点から廃墟と言う存在を捉えて、


    絶景の眺めというものは時にして恐怖を感じるもの。この断崖絶壁に聳え立つ四角い物置のようなものは、シベリア・アルタイ山脈(Altai mountains)の山頂にあるKara-Tyurek気象観測所(Kara-Tyurek weather station )のトイレです。Kara-Tyurek(この辺のどこかに、この気象


    夜の工場地帯は不思議な幻想的世界に生まれ変わります。この作品は、卵のカートン、ビール缶、ヘアカーラーや段ボールなどのリサイクル材料を使用し製作された「LAND SCAPE」。フォトグラファーDavid LaChapelle氏の工場やプラントをミニチュア模型に置き換えた作品で、カル


    人は物事を様々な角度からいろいろな物を見ているんだなとつくづく驚かされるます。私たちが普段見ている何気ない風景や物事も少し見方を変えれば何か違うもに変わって見えるのですが、なかなか自分自身の判断ではなかなか気づきにくいもので、その判断や見方は人から教えら


    この海に浮かぶコンクリートの塊のようなバトルシップは、マニラ湾に位置するフィリピン・エルフライレ島(El Fraile Island)、又の名をフォートドラム(Fort Drum)。大きな地図で見るこのをフォートドラム(Fort Drum)は、20世紀初頭に建築された建造物で「浮沈戦艦」であ


    以前、「モンサント村(Monsanto)」という、ポルトガルのという変わった町並みを紹介したが、今度はスペインにもモサント村に似た不思議な空間が存在しているので紹介したいと思う。その町の名はセテニル・デ・ラス・ボデガス(Setenil de las Bodegas)と呼ばれる、スペイ


    このページのトップヘ