カテゴリ: タテモノ


    ニワトリにも似ているし、後姿は鳩ぽい。この教会はインドネシア中部のジャワ島のマゲランにある「Gereja Ayam」。別名チキン・チャーチと呼ばれ現在廃虚となっている巨大なニワトリの形をした教会である。元々、この建築物は神のお告げを聞いたDaniel Alamsjah氏によって祈




    スポンサードリンク



    ツリーハウスという木の上に建築された家というものがありますが、それが木の天辺に作られたツリーハウスだったらいかがでしょうか。このあまりに高所に建築されたツリーハウスは、パプアニューギニア・コロワイ(Korowai)族という部族が、ジャングルの木々を使い約100フィ


    ほのぼのとした光景を作り出すオイルポンプ。アメリカ・テキサス州は、オイルが豊富な地域のようでこの様な小型オイルポンプがテキサスの町や村などに点在しているそうです。この写真は、ニューヨークタイムズ、ナショナルジオグラフィック誌、ニューズウィーク、ロンドン·


    お酒を飲んだり、食事をしたり、楽しい会話で一日の疲れをリセットしてくれるカフェバー&レストラン。食べ物や飲み物のテイストも重要ですが、それ以上に雰囲気と言うものも重要になってきます。それはその時の自分自身の状況やその場の流れで大きく変わってくるものですが


    自然環境を崩さず自然のもので制作される木で出来た橋というものがあるようだ。この橋は、インドのメーガーラヤ州にあるマウシンラム村にある木で出来た橋。インドのメーガーラヤ州は世界で最も雨量が多い場所と知られているところで、そんな環境にあるこの魅力的で素敵な橋


    工場の美しいライトアップに似たこの画像は「Welcome to Aspern City」という、現時点で世界最大の建設現場ウィーン(オーストリア)で撮影された建設用大型クレーンの美しいダンスをするタイムラプス動画です。ライトアップされたクレーンがクルクルと回り幻想的な風景を生


    小人でも住んでいそうなこの可愛い家は、ロード・オブ・ザ・リングに登場するホビットが住む家を再現したホビットハウス。THE Hobbit Holeというブログサイトの運営者が一から製作した物です。まずは、庭の一角に穴を掘り、その穴の中に家を建築していくという、外見よりも内


    ユニークな発想で部屋をキャンバスに有名画家の絵画で包み込んでしまったこの作品は、デジタルアーティストのJon Rafman氏によって製作されたもので、有名画家の絵画の作品をモチーフに部屋の壁やインテリアに描いた作品です。使用される部屋や部屋の間取りによって、通常平


    廃墟はやっぱり今まで人がいた形跡とその何かが染み渡りダークな雰囲気を醸し出します。この画像は廃虚マニアでありフランスのフォトグラファーRomain Veillon氏が撮影した何処の場所なのかの記載は無い、とある獣医学校の廃墟を捉えた作品です。理科の実験室ような雰囲気と


    この煙突のような不思議な突起物。ここは南オーストラリア州に位置する、かつてオパールの都と呼ばれ世界最大のオパール産地クーバーペディ(Coober Pedy)と言う町です。この町は、砂漠地帯に位置するために過酷な暑さに見舞われると共にオパール産業によって人々は、その厳


    スケボーやスノボーのバンクのような奇妙な場所にポツンと建つ家。楽しそうであるが、ちょっぴりなんだかもの悲しい。この島は、アイスランドのヴェストマン諸島(Vestmannaeyjar)のヘイマエイ島の右上辺りにある小さな島「エリデイ島(Elliðaey)」です。このエリデイ島(


    スイス・アルプスの山の斜面に鎮座する岩。ただの岩にも見えるこの不思議な岩は、スイスのスタジオBureau Aがプロジェクトし制作された岩の形をした山小屋「antoine」。フランスの思想家、都市計画家ポール・ヴィリリオへのオマージュとスイスの伝統的な隠された山小屋と軍事


    1960年代から1970年代に未来をイメージした作品は多く存在していたが、2000年代に入り、ロシアのアーティストによってイメージ制作された未来都市と言うものがあるようだ。この作品はロシアのデジタルアーティストEvgeny Kazantsev氏が制作した「Past in the Future」。現代


    エリス島は自由の女神に程近く、かつてヨーロッパからの移民は必ずこの島を通ってアメリカへ入国した島。その数は約1200万人から1700万人。アメリカ人の5人に2人はこのエリス島を通ってきた先祖をもつという。その島には入国審査をする移民局や感染症などを治療する病院など


    この作品は、イラン北部のフォトグラファー Mohammad Domiri氏が撮影した万華鏡のような輝きと色彩を創り出すモスク。これらの全ての写真は「広角魚眼レンズ」で撮影されているそうで、モスクの幾何学的なデザインが「窓に丸い形」になっている幻想的な光景が収められていま


    街一面緑に覆われた空中都市「Floating Tokyo」。この作品は日本人アーティスト東京幻想さんが制作したサイエンスフィクションの映画やアニメに出てきそうな東京が描かれた作品です。人影は存在していなさそうですが、それでも新たな形として都市全体が廃虚的存在になったて


    もう宇宙にしか見えないこの物体。この物体はデザイナー、そして建築家であるMargot Krasojević氏がデザインした未来のコンセプトハウス。海岸線に建築することが出来る宇宙船や巻貝に似た建造物である。この宇宙船や巻貝のような外観を持つフューチャー・ハウスのコンセプ


    大体は想像がつくが全貌が良く分からないドラマで使用されているお部屋の間取り。この作品はスペインのアーティストIñaki Aliste Lizarralde氏が制作した海外ドラマに登場するその主人公やキャストが住むアパートメントのお部屋の間取り図。この画像の作品はビッグバンセオ


    街と言うと公園があったりスーパーがあったり警察、市役所、消防署、そして住居が立ち並ぶものを想像するが、こんな形の街のありかたも存在してる。この建物はアメリカ・アラスカ・ウィッターにあるべギッチタワー(Begich Towers)という建物。一見ごく普通のマンションのよ


    とってもエコであり、人々が多く集まりそうな家。この家は Luciano Pia氏がイタリア・トリノに設計した「25 Verde」と言う建物。地上五階建てのマンションで、そこには外側の外観に沿って大きく育った150本の木々が植えられているアーバンツリーハウスである。150本に及ぶ木


    インド北部のザンスカールにあるプクタル僧院(Phuktal Monastery)。この僧院は、標高4000メートルぐらいの高い位置に存在するチベット仏教寺院。ポッカリ開いた巨大な自然洞窟を中心に構築されたユニークな構造を持つこの僧院は、14世紀の初めごろに築かれたそうだ。PHUKTA


    質感最高!この作品はオーストラリアのアーティストJoshua Smithさんが制作した細部まで再現された超リアルなミニチュアな建物。モデルは香港の九龍にあるアパートメントをモデルにした、アパートの年数や人の生活感や匂いまで漂ってきそうな、かなりクオリティーの高いミニ


    まるでスキーのジャンプ台!この作品はトルコのデジタルアーティスト、フォトグラファーであるAydın Büyüktaşさんが制作した「Flatland」。アメリカや様々な場所でドローンを使い撮影した写真をデジタルでつなぎ合わせユニークな傾斜がうみだされたデジタル・アート作品


    東京の夜がぁぁぁぁぁぁぁぁ、幻想的!この作品はアートディレクターであり、フォトグラファーのLIAM WONG / リアム·ウォンさんが制作した「The Beauty of Tokyo at Night」。夜の東京の各所が撮影されたネオンが幻想的に輝く美しい作品。そしてこの画像の作品は、スミソニ


    この動画は「Apis Cor: first residential house has been printed!」。サンフランシスコApis Corが開発した3Dプリントハウス。$10,000(約100万)、24時間で完成してしまうというお手頃価格とスピーディーさのあるユニークな家である。建築方法も変わっており、家の中心に



    周りの風景と溶け込んでいるよね!この作品はアーティストDoug Aitkenさんが制作した「Mirage」。外側から内側までミラー(鏡)で出来た家である。その光景は、天候で変化していく、まるで自然の万華鏡。家という形と自然と鏡の不思議なハーモニーが感じられる作品となってい



    こう言う家のあり方いいよね!この色んな所に工夫がありそうに感じる家は、Ana Whiteさんがデザインしたモダンで過ごしやすそうなコンパクトな家。どのような家かというと続きの最後の方で見ることができるトレーラーハウス。見た目そんなに大きなものではないような感じだけ


    こういうお店のコロッケは当たりだね!この作品はアーティストでありイラストレーターのMateusz Urbanowiczさんが制作した「"Tokyo Storefront" series」。淡い感じの色合いといい、タッチといい製作者の人柄なんかも感じられる素敵なお店のイラスト作品だ。彼のWEBページを


    水たまりの魔法!この作品はフォトグラファーGuido Gutiérrez Ruizさんが制作したパラレルワールドシリーズの作品。このパラレルワールドシリーズは、パリ、ニューヨーク、トロントの都市があり、それぞれの都市の雨上がりの水たまりに写った、もう一つの世界が捉えられた美


    ドーム型の家って言うのは知っていたが、ドームの中に家を建てるとは面白い発想だ!この建築物はノルウェーのSandhornøya islandに存在する「Solardome」と呼ばれる、Benjamin & Ingrid Hjertefølgerさんのお家である。近未来感を感じさせるのにもかかわらず、自然と調和し


    以前も紹介させていただいた、フランス人アーティストThomas Lamadieu氏のスカイアート。今回も前回同様に建物の屋上の線を活かしその隙間からのぞかせる空と言う空間にコミカルで味のあるイラストが描かれている。今回の新作は スペイン、韓国、ドイツ、フランス、カナダ、


    このページのトップヘ