カテゴリ: ファッション


    ハイパーリアリスティックな絵といえば、物から人物像まで数々の作品があったと思う。作者によって制作する具材は違えども、写真よりも更にリアルに描かれているものが多い。そしてこの作品は、パリ在住のアーティストHubert de Lartigue氏が描いたグロス感がハンパない!唇




    スポンサードリンク



    最新のファッション情報やニュース、トレンドなど情報を紹介するファッション誌「ヴォーグ(VOGUE)」。私たちも良く知る有名なファッションブランドが軒並み名を連ねるファッション誌のひとつ。もし、そんな有名ファッション誌の表紙をディズニープリンセスたちが飾ってしま


    ストリートファーターのキャラクター春麗(チュンリー)。中国の女性ファイターで頭を下に両足を回転させ攻撃するスピニングバードキックや勝利した時の飛び跳ねて喜ぶ勝利ポーズがかわいい、私も以前ストリートファーターで良く使っていたファイターだ。そんな春麗(チュンリー


    あっ!言う間にアラレちゃんのペンギン村のような突然の季節の終了で、この頃秋らしくなって肌寒くなったこの頃。春やこの季節の始まりから中頃までのあたりは、まだ前の季節の名残が残っているので、日中は暑くても夜になると肌寒く上着の調節にはてこずる人も多いんじゃな


    歳をとっても決して忘れる事のない心というものはとても胸に響くものがあります。このミシンをかけているおばあさんは、なんと99歳のLillian Weberさん。ご高齢にも関わらず毎日アフリカの子供たちの為に小さなドレスを作っています。このリトルドレスの制作は2011年頃から始


    今回で3回目ですが、また凄い作品を制作されていたので紹介させていただこうと思います。毎回進化が繰り返されるミルキードレス。この作品はフォトグラファーJaroslav Wieczorkiewicz氏が制作したミルキー・ピンナップス(Milky PinUps)の続編で、今回は前回のビンテージ風


    レアポケンモンゲットしました!このコスプレはアメリカのDeviantArtのユーザーであり、コスプレーヤーのEmma Kye(EmmaKyeArt)さんが扮するスチームパンクとピカチュウの思いも寄らぬ組み合わせですが、意外とイケているエレガントなスチームパンク・ピカチュウ。イエロー


    3Dプリンターで製作されたものはここ数年で様々なな物が存在します。その存在は花であったり人形であったり食べ物であったりもします。この作品は、デザイナーでありエンジニアのnoa raviv氏が制作したシリーズ作品「Hard Copy」。ナチュラルさと現代のスタイルを上手い事取


     ごめんね 素直じゃなくて 雪の中なら言える、思考回路はショート寸前、ありのままの自分になりたいの♪(字余り)。この作品はロシアのDeviantArtのコスプレーヤーEveGeist氏が扮するセーラームーンとアナ雪のディズニー・プリンセスのエルサがマッシュアップされたセーラ


    ドラゴンボール初期の頃は、まだ「Dr.スランプ アラレちゃん」の色が残っており、途中戦闘中心に移行するまで鳥山明氏にの冴えたギャグが随所に感じられていました。戦闘中心に移ってもドラゴンボールは面白かったですが、徐々にギャグ漫画のユルさが薄れていき、その代わり


    先日、名曲!にっぽんの歌~スペシャルで天道よしみさんがエルサの衣装を着て、アナ雪の「レット・イット・ゴー~ありのままで~」を演歌歌手のならではの歌詞に感情を込める感情移入が、ディズニー映画のアナ雪のエルサが逃げ出し氷の城という自分の城を築くイメージを彷彿さ


    皆さんは、攻殻機動隊をもうご覧になられたでしょうか。SFアニメーションでありながら実際に起こりえそうなシチュエーションとストーリ展開、そして人間のような感情を持つタチコマが可愛い士郎正宗氏が制作した作品。世界大戦後の2029年の日本で引き起こる特殊な難事件を


    以前、宇宙戦艦ヤマトの森雪のコスプレを探していた事が有り、なかなか森雪に近いコスプレが見つからなかったので断念していたのですが、ようやくその作業にも終止符を打つときが来ました。このコスプレーヤーは、Salviani Laura (Nikita Cosplay)さんが扮する宇宙海賊キャプ


    エレガントな装いで芝生のステージをウォーキングするアヒルさん。毎年恒例のシドニーロイヤル・イースターショーの中で行われたアヒルのファッションショーです。このアヒルのファッションショーを手がけたのが、Brian Harringtonさん。アヒルたちをモデルとし、人間のファ


    今にも喋り出しそうなミッキーマウス。この作品はヘアー&メイクアップアーティストのLaura Jenkinson氏が制作した口を中心にディズニーキャラクターを描いたフェイスペイントアート。メイクアップアーティストだけあって、顔の中でも動きがあり、ユーモアを感じる口にミッキ


    ベトナムの街で良く目にするのが、木材で制作された彫刻作品。それはお土産であったり、家を装飾するものであったり、家具であったりと様々な部分に使用されています。同じアジア圏と言うこともあって、私たちが親しみ易く、共感が持てるものも多くあるのもベトナムと言う国


    タトゥーとエッジの効いたちょいワルディズニープリンセス。この作品はイタリアのアーティストEmmanuel Viola氏が制作した姉さんと呼びたくなるような、あねご肌でセクシーなディズニープリンセスたちが描かれたものです。この画像の作品はスノーホワイト姉さんが描かれたモ


    世界中で話題になったリアルライフ・バービーのValeria Lukyanova(ヴァレリア・ルカノワ)さん。彼女について色々と賛否両論あるようですが、彼女も彼女なりの努力がリアルライフ・バービーというジャンルを築き上げたのではないかと思います。実際芸能人が何で歳をとっても


    おばちゃんたちに奇想天外な事を言うと「それ、漫画やな~」とおばちゃんたちは口をそろえて言いますが、たぶんこのジーンズを見せたなら絶対、必ずおばちゃんたちに「漫画やな~」と言わせることができる、本当に漫画のようなジーンズです。このジーンズは、FACEBOO


    以前この「ミルキー・ピンナップス(Milky PinUps)」の作品を取り上げさせていただきましたが、今回は前回の続きと新作の紹介させていただきます。この作品はフォトグラファーJaroslav Wieczorkiewicz氏の製作した作品で、モデルの体に液体をかけ、その瞬間体に覆う液体を高


    なにか気なるこの形。このゴーグルは、「カメレオン・ビジョンゴーグル(Chameleon Vision Goggles)」という、それぞれの人間の目の視覚を独立させ、内部にミラーも搭載されており後ろも見ることが出来るカメレオンが見る世界を体験できるゴーグルです。この「カメレオン・


    もし戦国時代にピカチュウを崇拝する武将がいたなら、このピカチュウ鎧を身に着けていたであろう。このピカチュウ武者アーマーは、カナダのDeviantArtのユーザーのAndy Smith(Andihandro)氏が制作した「Pikachu Samurai Armor」。ピカチュウの特徴を忠実に日本の鎧に再現した


    鎧のようなラバードレス。この作品はドイツのアーティストCarl Gerard Elkins氏が制作した「Treadwear」タイヤメーカーのグッド・イヤー・ダンロップの広告作品で、黒光りするゴムで出来たタイヤが鎧のようなドレスになり、強さや耐久性を表現したものです。もはやタイヤとは


    インドに行くとちらほら目にするのが苦行僧と呼ばれるサドゥーの存在。サドゥーはババとも呼ばれ、ナガ・ババ、カーリーババなど自分が信仰するヒンドゥーゴッドや苦行の種類によって、様々な種類のババに分かれています。ババは、結構と言うよりもかなりのオシャレさんが多


    黒いゴミ袋の膨らみがエレガントさを想像させるこのドレスは、アーティストRobin Barcus Slonina氏が制作した「ガベッジバッグ・ドレス(Garbage Bag Dress)」。彼女はパフォーマンスアートを中心とした作品を多く生み出しておりユーモアと優雅さとインパクトのある視覚的な


    何処に泳ぎに行こうか、どんな水着を買おうか、お悩みのそこのあなたに朗報です。この腰部分が少しワンダーウーマンぽいデザインがとってもクールな水着は、BLACK MILKという以前「透けすぎで逆に引いてしまう水着!」と言う記事にも登場したファッションブランドが制作した


    先日、フォトグラファーBrendan Fitzpatrick氏が制作した「X-rays of Toys」と言う記事を書きましたが、彼のWEBサイトにタイ・バンコクの歓楽街「ナナプラザ」の裏側「Beauty Shop, Nana Plaza, Bangkok」という、出勤前の乙女達の慌しいメイクアップの興味深い作品があり


    ポテチでアヒル口のきゃわいい南ことりちゃん。この画像はtumblrで人気上昇中の「ラブライブ!」 南ことりちゃんコスプレです。このコスプレーヤー中国・weiboのユーザー千夜未来(センヤミク)さんが扮する小悪魔的要素たっぷりな南ことりちゃんコスプレで、かなりのかわい


    このユニークでユーモアのあるコスプレは、インスタントグラマーのwaveriderさんが、自分で用意・そして制作した衣装やメイクで海外セレブになりきってしまうコスプレです。全体的に各海外セレブの特徴を捉えていますが、完璧とまで言わないチープさを感じる衣装やメイクが「


    ハイクオリティーなリアルライフ・ディズニープリンセス。この作品はイギリスのハロッズ・デパートがクリスマス(2012年)のウィンドウディスプレイ用に制作したディズニープリンセス・クチュールです。「Once Upon a Dream・いつの日かの夢」とタイトルが付けられた、ファッ


    髭を使ったアートは以前あったと思いますが、今世界では「ヒゲ花男子」と言うものが急増しているそうです。顎ひげにお花を生け花のように刺していくものですが、髭もじゃ君がお花畑のようにメルヘン君に生まれ変わっています。驚くべき点は「ヒゲ花男子」はイケメンの方が多


    ジックリ見たいけど二度見はちょっと・・・・と思われる方にオススメなグラス。このグラスはリンダ·ファロー(Linda Farrow)とジェレミー・スコット(Jeremy Scott)氏がコラボレーションし制作された「Linda Farrow Projects Hands Frame Glasses」。手をモチーフにインパク


    あなたの履いている靴やスニーカーが近未来的なローラースケートに。このクールで近未来的なローラースケートは「ロケットスケース(ROCKETSKATES)」と呼ばれる現在キックスターター(kickstarter)に掲載されている足に装着し電動で動かす事ができるローラースケートのよう


    このページのトップヘ