タグ:アート


    ピンクの桶に四角い籠。この作品は、アーティストのJackie Nickerson氏が撮影した「Terrain」。「Terrain」とは自然の特徴から見ることが出来る地域や地形。この作品は食料生産者と農業に関連した景観との関係について表したものです。農作物と人間が自然と重なるユーモラス




    スポンサードリンク



    ドッグな人々!この作品はドイツのハンブルクのフォトグラファーInes Opifanti氏が制作した「The Dog People」。犬の飼い主が自身のペットであるワンコの表情を忠実に再現するといった現在進行中のプロジェクト作品である。犬と飼い主は、人間の長年連れそう夫婦のように似て


    重く立ちはだかるギロチン台。首を固定しバッサリといく恐ろしい物ですが、刃物の変わりに違う物が付いていたら。この作品はアーティストのSamuel Esquire氏の「Dray Walk Gallery - Progress」と言う作品です。このギロチンには刃物の変わりに首マクラが備え付けられていま


    ターンテーブルの回転するゴムマットに葉っぱを触れさす事によって奏でるクールサウンド。この動画はアーティーストDiego Stocco氏の「Duet for Leaves & Turntable」と言う作品で、指にカスタマイズした小型マイクを付け、回転するターンテーブルの上に針の変わりに葉っぱを


    これから沢山のゴジラが出てきます。このゴジラのイラストは、Blurppyというサイトの「Poster Posse Project 7 – Godzilla」と言う企画で、集められた選りすぐりのゴジラたち。世界各国のゴジラ好きのアーティストが描いたゴジラのポスター作品です。私たちもゴジラとはなじ


    この作品はアーティストAngela Deane氏が製作した「Ghost Photographs」。撮影した写真に写る人々をオバQのように白塗りした作品です。ただ写真に写る人々を白塗りするだけで、現実と空想のユニークな境界線を作り出しています。もう写真に写る人物が誰なのかは分からなくな


    何か凄いぞこのマスクマン!この作品はブラジルのアーティストEdu Monteiro氏が制作した「Sensorial Self-Portraits」。食べものや動物などの色んな物を顔に巻きつけてしまっているユニークなマスクアートである。様々なものをマスクのように顔に巻きつけることで、視覚、聴


    足元から広がる何か!以前、腕とアート作品を組合した作品があったが、今回は足元を中心に描かれるイラスト作品。この作品は、インド・ニューデリーのイラストレーターでありデザイナーであるアーティストUttam Sinha氏が制作した「Foot Footie Boy」。自身の足や友人の足元


    猫ザムライ!この作品はシンガポールのイラストレーターであり、アーティストWilliam Chua(xiaobaosg)氏が描いたサムライ猫のイラスト作品。William Chua(xiaobaosg)氏は日本の文化や中国の文化に大きな影響をうけているアーティストだそうで、日本版では猫と戦国時代の武将


    警察、無くてはならない存在。街の治安維持や交通までも管理してくれている組織。この作品は、アーティストGunduz Aghayev氏が制作した世界の警察たちのイメージが良く分かる!世界各国の警察の風刺画作品。警察の良い部分も存在するが、警察といえども人の集団なので、集団


    アンドゥトゥア!つま先具合が妙に凄い!この作品はフランスのフォトグラファーHaze Kware氏が制作した「InMotion project」。バレリーナが街に現れバレリーナとその街角の光景が交じり合いダンスなワーンシーンが捉えられたもの。そのダンスなワーンシーンは、バレリーナの


    ハンバーガーがクリエイティブにトランスフォーム!この作品は以前も紹介させていただいたThomas氏とQuentin氏によって製作された「Fat & Furious Burgers」の新作。ハンバーガーを中心に、ハンバーガーだけでこれほど色々なハンバーガーな世界が制作されるとは、製作者のハ


    体をコンパスに少しずつ中心をそらしていくことで円の重なりが美しい。この動画は「1 circle proto」。アーティストTony Orrico氏が体全体を使い回転し同サイズの円を描いていく「円」なアート。ただ円を描いていくだけだが、完成すると立体感のある漆黒の円になってしまう作


    チェコ・プラハのアーティストであり、現在ニューヨークで活動するEliska Podzimkova氏が描く「AnimateNY」。ニューヨークで撮影された写真に自身のニューヨークの思いやその元となる写真からインスピレーションを受け描かれたニューヨーク愛や彼女のプレイフルさも感じれる


    骨にキュウリパック!この骨は骨でありながらもエステに言っているようではあるが、何が一体起っているのであろうか!!この作品はinstagramのユーザーでありアーティストのDana Herlihey氏が制作した「Literally Dead」。ハロウィンの飾りに使った骸骨をフル活用した、ガー


    しばしば、耳にする食うもの食われるもの。この作品は、アーティストAlex Solis氏が描いた「Predator vs. Prey」。野生の王国の食う食われるものをPOPでキュートに描いた一見可愛さを感じさせるが、シュールな動物たちの光景を描いた作品である。


    毎日何かを続けるということは些細なことでも結構大変。しかし、それらが回数増すにつれて徐々に大きなものに変化していく。この作品は、ブラジル人アーティストGabriel Picolo氏が2014年の一年を通して毎日ONEイラストを描くという、プロジェクト作品「365 Days Of Doodl


    イスラム世界の女性はヒジャブやブルカなどで露出度を抑え、美しい目だけをみせる独特なファッションがあります。それぞれの国に民族衣装があるのと同じでその国の気候や文化などに影響を受けてそれぞれの国のファッションが発達し、女性たちを鮮やかに彩っていきます。この


    この作品はロンドンのアーティストRich McCorさんが制作した切り絵と風景が楽しいアート。有名なランドマークとユーモアたっぷりの切り絵が作り出す世界観が面白い作品。風景とドゥードゥルイラストとの組み合わせの作品も楽しいが、この黒い紙を切って作り出される切り絵と


    ちょっとしたアイデアがもう一つの何かを創りだす。この作品はアーティスト Susana Blascoさんが制作した「ANTIHÉROES」。古い肖像画と日常にある下の画像にあるような小物を重ねあわし、携帯電話で撮影した作品。 Seleccionando tesoritos para la próxima expo. #anti


    うわぁ~トトロとネコバスさんだぁ~!かなりカワユく、クオリティーが高いこの作品は、なんと!体に墨を入れるタトゥー作品であるのだ。紙をキャンバスとせず、立体感があったり、動きがあったりする体に描いていく難易度が高いタトゥー。それをジブリのキャラクターで表現


    よく、ミニチュアフィギュアを使った作品を目にするが、レゴのミニフィグだけでもこんなに楽しい世界が作れてしまうとは驚き~!この作品はフランスのアーティストSofiane Samlal(Samsofy)氏が制作した「Legographie」。レゴのミニフィグとSofiane Samlal(Samsofy)氏の遊び心


    この作品は、ニュージャージー州のフォトグラファー Michael Massaia氏が制作した「SpongeBob」。アイスが構成する色とその溶け具合を利用し制作された「Transmogrify and the Passing of Things」と呼ばれるシリーズ作品のメルトなアートである。アイスクリームの色の美し


    おねぇさんもなんじゃこりゃ!デカすぎるグミベアー。見るからに質感、弾力性、色合いなんか本物のグミポイが実際のところはどうなんだろうか?? 


    かもすぞ!かもすぞ!この作品はアーティストJohanna martensson氏によって製作された、パンの街。ただパンの街を制作しただけではなく、6ヶ月間の間このパンの街を放置し、そのパンの街がカビたちによって侵食されていく様子が映し出されている。その様子は、パン+街+カビ


    アニマルフェイスな人!この作品はフランス人ストリートアーティストTUCO氏が制作した「WoodShapes」。木で出来た動物の顔をした人々を街並みに溶けこませるとといった、新感覚なミニチュア・アート作品である。猫人、トカゲおばさん、クマな人、パンダ人など様々なアニマル


    ゴージャスな映画のワンシーン!この作品はアーティストTim Doyle氏が描いた「Lord of the Rings」。独特のタッチ、そして色合いホビットハウスを鮮やかなに描かれたイラスト作品である。Tim Doyle氏の描く作品には、静止画でありながらも、何か臨場感があり、動が何処となく


    世界には、一言で言い表す、結構意味を理解するのには難しい言葉がある。そして、そんなワードに焦点を当て、それらを英語と可愛いイラストで表現した作品があるのだ。この作品はアーティストMarija Tiurina氏が制作した「Untranslatable Words」。そして、この画像の作品は


    こりゃ、おったまげた!髭ワザという作品は今までにいくつか存在していたが、こんな活用方法があったとは驚きだ!この作品はサンパウロのフォトグラファーAdrian Alarcon氏が作成した「Fifty Fifty Selfie Barber Shop」。4ヶ月の間、このプロジェクトのために髭を剃らず、自


    同じ種の人間から見るとただの牢獄。この作品はフランス人アーティスト、そしてフォトグラファーであるPatrice Letarnec氏が制作した「Human Zoo」。私たちが知る動物園の檻の中にいる動物を人間に置き換えた他惑星で見せ物になっているような人間動物園をイメージさせる作品


    これは、凄すぎる発想!この作品はアメリカ人アーティストblake little氏が制作した「Preservation」。人の体を大量のハチミツでカバーすることで、人がまるで熱で溶けて行く蝋人形のような光景を作り出す甘~い作品。以前、ミルクを人の体にかけることでドレスを作り出す作


    女性の体から所々生える草花。この作品はアメリカのフォトグラファーMark HarlessことBleeblu氏とMolly Strohl氏、そしてフランスのイラストレーター Moon氏の3人のアーティストのがコラボレーションし制作された「La Faune Et La Flore」。自然と人がアートでナチュラルに


    ちょっとしたアイデアが楽しい世界を創造する!この作品はフォトグラファーでありアーティストのJan von Holleben氏が制作した床をキャンバスに日常用品と子供たちで彩る楽しい街「konrad wimmel is in town!」。そしてこれらの作品が幾つか集まると一つの街のような世界がう


    このページのトップヘ