タグ:アート


    幼き頃皆さんも一度は考えたことがあると思うシュールなあるある。この作品はアメリカのイラストレーター、アニメーターであるFran Krause氏が制作したシュールなあるある満載な4コマ漫画「Deep Dark Fears」。それはもしもの世界のありえそうで無さそうなワンシーンではある




    スポンサードリンク



    車のパーツを使い製作された巨大ウシ。この作品はヘルシンキベースのアーティストMiina Äkkijyrkkä氏が制作した「METAL」。十数台の中古車を購入し、それらの車のパーツを使い巨大ウシを作り、ヘルシンキの森を牧場のように彩る巨大彫刻作品です。ユニークな形で人、自然、


    このアルベルト・アインシュタインの肖像写真は、科学者でありアーティストZachary Copfer氏が制作した、新しいいタイプの肖像写真。何が新しいかと言うとバクテリアに放射線を当てる事で、バクテリアの成長を加速させ、作り出すことが出来る写真と言う事です。作品の制作過


    この作品はイタリアのアーティストDavide Bonazzi氏が描いた「Conceptual Illustrations」。以前もポーランドのアーティストのパウル・クチンスキー氏が描いた社会風刺的な作品がありましたが、Davide Bonazzi氏の作品も独特な視点からの社会に対しての対比や比喩が伺えます


    パックンフラワーのように大きな口を開き獲物を待ち構える食虫植物。この作品は、シアトルのアーティストJason Gamrath氏が制作したガラスで出来た巨大ハエトリグサです。食虫植物を巨大化するだけでもインパクトがあるのですが、これらは全てガラスで制作されていることに更


    パンケーキでアート。なんだか食べるのがもったいなく感じる愛情のこもったパンケーキ。このパンケーキーアートは、以前数学の先生であったNathan Shields父さんが子供の為に作る楽しいパンケーキです。パンケーキでここまでのモノが作れてしまうというのも驚きですが、なに


    イラストの上に並ぶ二つのコーヒーカップ。この作品はマレーシアベースフォトグラファーそしてアーティストのYeirkif Abdullah氏が制作した白いカップの中の黒いコーヒーとイラストを重ねる事で生み出される、コーヒーの良い香りが漂ってきそうな一息つくコーヒーブレイクな


    この組み合わせた作品は今までに幾つかありましたが、新しい作品が出るごとにクオリティーが上がっているように思えます。この無造作に切り取られたメモ帳に描かれたイラストは、FACEBOOKのユーザーでありイラストレーターのアーティストNocny rysuje氏が制作した一


    アメリカのアーティストANDY YODER氏が製作した「Early One Morning」と題された作品は、マッチ棒で制作された巨大地球儀の作品です。完成までに2年の歳月を掛け、直径約1メートルの美しい地球儀を完成しました。マッチ棒がの頭の色が作り出す、ピクセルのような色合いは、こ


    このブルースリーのストリートアートは、以前も紹介したフランス人ストリートアートのアーティストoakoak氏の作品です。以前と同様に何気なく見てしまいそうな場所に作品を出現させるジョークとユーモアが感じられる新作のストリートアート。フランス人が製作するストリート


    店先は看板と同様でお店の顔に当たる部分。店先のイメージで足を運んだり運ばなかったりと店運営するにあたっては広告以上に最も重要な部分を占めます。この作品は、「Un-Installing (fos)」というマドリードとバルセロナを拠点に活動する、マルチプルなデザイナーによって製


    この作品は、アメリカのフォトグラファーRandy Scott Slavin氏が製作した「Alternative Perspectives」というシリーズ作品で、撮影した写真にひと手間加え、奇想天外の歪みの世界を作り出したものです。風景の写真を撮影し、それらをつなぎ合わせ360度パノラマ写真を製作した


    ウォーキング・デッドもシーズン4に入り、今まで居た仲間の死や仲間が点々バラバラになり、新たな展開が繰り広げられています。これから先、仲間たちの再会でまた新たに楽園を作るのか、ゾンビ・ウイルスの原因を解明するのか、何処に落とし込むのか予想が付かないおもしろい


    朝は生理現象で健康な男性は硬直する「朝立ち」と言う現象に見舞われます。おしっこを出せば直るのですが、その際には、通常時のアングルではトイレを汚してしまう可能がある男性特有の厄介な生理現象です。そのような状況下強引に用を足すのも良し、このポスターのはじめに


    木の上に立つオウム。このオウムにはある謎が隠されています。その謎とは・・・・。 


    何処をどう見てもキュウリにしか見えないキュウリ。しかしこのキュウリは、キュウリではありません。それなら、一体何なんだ?! 


    夢と言うものは、砕け易いガラスの箱に詰められた輝かしいもの。デリケートな箱の中身はその人の判断や刻々と変わる国の情勢にも左右され、育てるのには植物のように年月と手間がかかるものです。この写真は、イラクのフォトグラファーJamal Penjweny氏が製作したイラク人の


    水溜りに浮かぶ一艇の小船。水溜りとは思えさせない光景を作り出しています。この作品は、Brooklyn Street ArtのJoe Iurato氏がニューヨークの街や公園に自身が製作した作品を置く事で、そこがどこなのかイメージさせず、彼の独特な世界観を作り出したものです。製作にはイラ


    POPな球体が作り出すカラフルなスカル。この作品はマルチメディアアートのアーティストのJulian Bonequi氏が制作した3Dイラストレーションです。現在、彼はメキシコシティーのCentro Universityでデジタルメディアデザインを教える教授として働いており、その彼の作品は


    目から光線ニャントラマン。この作品は上海を拠点とするアーティストA Ke氏のニャンコとヒーローや有名人とを重ねた「Iconic Cat」というイラストレーションのシリーズ作品です。ニャンコらしさを残しとポップカルチャーを組み合わせる事で、独特で愉快なニャンコワールドを


    カメラを構え何かのスクープをとらえ様と待ち構えるフォトグラファー。このミニチュア・レゴ・フォトグラファーは、イギリスのフォトグラファーAndrew Whyte氏がレゴを世界の様々なところに組み込む手法として編み出したシリーズ作品「レゴグラファー(The Legographer)」で


    「ウォーリーを探せ」のウォーリーとスティーブ・ジョブズのモンタージュ写真。なぜか不思議とマッチングしているこの作品は、ポルトガルのアーティストRui Pinho氏の「Celebridades Animadas」。私たちの良く知る有名人とアニメの目の部分だけをモンタージュしたものです。


    この小さな看板を持つ小さなモノは、「リトルロスプロジェクト(Little Lost Project)」と呼ばれるニューヨークのアーティストYoonjin Lee氏のストリートアートプロジェクトです。ライターやカード、手袋、クリップなどが手製のダンボールのボードを持ち何かを叫んでいます


    背景に溶け込むようなまるでイリュージョンを感じさせるボディーペイント。この作品は、オーストラリア・アデレードのアーティストEmma Hack氏の作品。背景の柄にあわせ女性の体にペイントを施したものです。背景と言う様々な壁に貼られている壁紙に合せ、ボディーにペイント


    肉屋のような場所に切り刻まれ吊るされるぬいぐるみ。この作品は、ドイツのアーティストMiroslav Menschenkind 氏が製作した「Auf_Hängen」。ぬいぐるみのウサギのグラウンドミートや中綿のソーセージ、切り刻まれたぬいぐるみの真空パックなどの作品を制作しています。一


    バック・トゥー・ザ・フューチャーのようなひと場面。この作品はイラストレーターAled Lewis氏が作り出す「TOY STORIES:Toys saying things to other toys!」と言う作品。動物や恐竜などのおもちゃのミニチュア人形が何かをお喋りしている愉快で面白いカートゥンワールドを


    急を要する時にまさかの便器にプチケーキ。この場合、用を足すか、足すまいか一瞬に判断しなくてはいけません。なるべくケーキにかけずに上手い事コントロールをしロウソクの火だけを消すテクニックを習得していればいいのですが、もし出来ない場合食べ物に対しての大罪を行


    この世界地図は、ディズニー&ピクサー映画のロケーションを表した地図です。この地図(Disney Map)の作成者は、アメリカのアーティストEowyn Smith氏ことdeviantartのユーザーtheantiloveさん。44タイトルのディズニーアニメ映画と13タイトルのピクサー映画をマッピングし


    重なるといつもと違った物に生まれ変わる事があります。この作品はアーティストMarc Dennis氏が製作した人の後姿と絵画を重ねる事によって、ユニークな表現を作り出す面白い作品です。この画像のタイトルは「THE AROUSAL OF ADMIRATION(憧れの錯覚)」というもので、タイト


    毎朝の通勤は眠たくとても退屈なものであります。その電車で揺られる時間を利用し、楽しい事を考える人がいます。その人物は、ツイッターのユーザ、そしてイラストレーターのOctober Jones氏。自分が描いたアメコミ・ヒーローやキャラクターのイラストレーションとその電車の


    寒い雪の中に立つこの男性は、マサチューセッツ州のアーティストTony Matelli氏。ウェルズリー大学のキャンパスでホワイト・ブリーフ一丁で行うパフォーマンス「Sleepwalker(夢遊病者)」を行っています。見る限りとても寒そうで、見方を変えれば変態のようにも感じらる作品


    グーグル先生が何でも教えてくれるグーグル検索。大体の物は答えてくれる便利な物です。このイラストレーションは、イラストレーターのJosh MeCouch氏が奇妙な検索結果に目をつけ、それらをイラスト化したものです。この画像は「american think」と検索する事で、以前検索さ


    この作品はアーティストSteve Casino氏が製作した「Insanely Tiny Portraits On Peanuts」。ピーナッツの特徴的な膨らみに目をつけ映画の主人公やヒーロに変えてしまう面白いピーナッツ・アートの作品です。ピーナッツに合いそうなキャラクターや人物を選び、そしてそのキャ


    このページのトップヘ