タグ:アート


    平面なのにとても3D感が凄すぎるこのストリートアートは、ロッテルダムベースのイラストレーター・ストリートアートのアーティストDaan Botlek氏の作品です。とてもシンプルでな作品ですが、タイツ人間のような白い人の存在感が、壁と言う平面の世界をあたかもそこに空間が




    スポンサードリンク



    この面白く、何か懐かしさを感じるこの作品は、コロンビアのイラストレーターRandy Mora氏の作品です。彼の描く世界は、シュールな一面とファンタジーな一面が重なり合うユニークなサイエンスフィクションの世界を想像しており、1970年代を彷彿させられる作風が感じられます


    ニューヨークベースのアーティスト Jonathan Schipper 氏によって製作された古代の砂漠の中の町のようなこの作品は、ソルトマシーン(SaltMachine)と呼ばれるもので、宙につるされた3Dプリンターの様なマシーンで12トンの塩を使用し、塩を積み小さな建物のようなモノを製


    この作品は、アメリカのフォトグラファーのDavid Emmite氏によって動物の剥製と様々なディバイスやガジェットを使用し製作された少しシュールな「Field Guide」という作品です。動物の剥製と言う点があまりにリアリティー溢れすぎている事が少々どうかなと思ってしまいますが


    まるでカリブ海のようなグラデーションを作り出しているこの作品は、アーティスト1010さんの作品です。1010さんの作品はこのようなグラデーションを用いたものが多く、壁以外にも様々なモノに立体感溢れるグラデーション・ホールをデザインしています。 


    透け透け感たっぷりのこのガスオーブンレンジは、韓国のアーティストDo Ho Suh氏のポリエステル生地で製作された家電や家財のアートです。プラスティックで作られたような透明感と細部の構造までしっかりしているこのアートは、決してあの柔らかい生地で出来ているとは思え


    この関連のあるものや同じ種類の物を集めたコレクションは、ポーランドを拠点とするフォトグラファーのJim Goldenの作品です。とても面白く感じるのは、同じものでも様々な形や大きさ、デザインが存在し集めると言う事だけでこれほど興味深いものが製作出来るという点です。


    人間と動物の関係はある意味複雑な関係です。人間が動物に友好的に接しても動物の本能や生きていた経験から友好的になれない事もあり、それは動物が人間に友好的に接しても同様な事が存在します。このアート作品は、Chris Musina氏に製作された少しシュールな動物と人間関係


    この作品は、ロンドンのアーティスト:Leonardo Ulian氏によって電子部品を使用し製作された、マンダラアートです。Leonardo Ulian氏はヒンドゥー教徒とチベット仏教に触発され製作にいたったようで、マンダラの神秘的な宇宙の構造を電子部品によって表現されています。電子


    トンネルに描かれた大きな口を開け人々を吸い込もうとするストリートアートは、ローマを拠点とするアーティスト:Thoms氏に描かれたもので、グラフィックデザイナー、漫画家、セットデザイナー、映像作家、イラストレーターに、作家、画家、彫刻家などのマルチな才能をもった


    このプックリプクプクのおデブさんは、中国の芸術家Mu Boyan氏の作品です。なにかユーモアとユニークさを秘めたこの作品は、図体は大きいが、何故か子供のように感じられる不思議さを持っています。肉々しさにはバランスが存在し、赤ちゃんの体型のバランスを取り入れたよう


    リサイクルなどで再生した作品は良く見かけますが、ゴミそのものをアートに変えてしまうストリートアートというものは珍しい存在です。この風変わりな作品を手がけているのは、ストリートアーティストのFrancisco de Pajaro氏であり、別名・芸術はゴミ箱(Art Is Trash)と呼


    人間解剖学にまつわる人体標本や骨格標本など人間に関わるものはとても興味深い不思議な存在です。この作品は、Valerio Carrubba氏によって描かれたもので、バックの風景と人体解剖の絵柄の世界観が異なりすぎていますが、不思議と一体感が感じられる作風です。人体のシュー


    ぱっと見た感じでは、何処にでもあるようなストリートアートのように感じます。それが夜になると何かが変わるのです。何が変わるのでしょう??このストリートアートの製作者ABOVE氏は、この作品に適した場所を探す為にロンドン中を7ヶ月も探し回ったといっています。そ


    ヘナ(ヘンナ・Henna )と言うとインドの町並みでインド女性が手に描いている姿を思い出す。インドではポピュラーなオシャレの一つで消せる簡易的な刺青のようなものだ。ヘナ(ヘンナ・Henna )とは、ミソハギ科の植物であり、和名は指甲花(シコウカ)と呼ばれ、その葉を


    この建築物は、かつてブルガリア共産党本部として利用されていたものだ。その外観は、UFOに似た形をしており、ますます謎めいた物となっている。描かれた壁画も見ごたえがあるので是非ご覧いただきたい。 


    魚の目で見る星空は、窓に丸い形♪(井上陽水 積荷の無い船 深夜特急ED) 日が昇りそしてまた沈む 混沌とした毎日が、また一日一日と過ぎていく。魚眼レンズで撮影された風景もその一部であるだろう。魚眼レンズ越しに見た風景は、少しもの寂しく感じるのは私だけであろ


    皆さんも良くご存知なテトリス。そのテトリスを使って8ビットアート作成する言うものだ。物凄いスピードで出来ていく過程が、面白いので是非見て欲しい。


    このストーリーは、酔っ払いのタコが引き起こした前代未聞の惨事である。心臓の強い方、タコの惨事の興味のある方だけご覧ください。 


    キッチンの中身をこの様に透視して見てみると面白いですね。色とりどりの調味料や食器達の並びあい重なり合っている様子が、おもちゃ箱を見ているように感じられす。次のお宅を拝見して見ましょう!


    ムムム。なんだ!この大きな編み物は!誰が作ったんだろう??それとも、私が小さくなっちゃったの(゚Д゚≡゚д゚)!??どっちが本当の世界かわからなくなっちゃいそうな、そんな巨大編み物たちをご紹介します。


    えっ テレビの中にミニチュア世界!2Dから3Dに生まれ変わったその姿。ブラウン管の中の世界を探検だ(・∀・)つ 


    いただきまーす と言いたくなるような毛糸で出来たかわいこちゃん達。もっとおかわりしたいな


    色々な広告がありますが、これが、葬儀会社の広告!と思ってしまうほどの美しいデザインです。葬儀というと暗いイメージがありますが・・・


    このページのトップヘ