タグ:イラスト


    四角い段ボール箱を誰かが被っているのか、それともその物自身なのか少し気になる作品。この作品は、マレーシアのクアラルンプールのアーティストC.k. Koh氏が製作した「ULTRAFLAT」というイラストレーション。段ボール箱にビンテージタッチで描かれた私たちの良く知るキャラ




    スポンサードリンク



    南国フルーツのフルーツマーケットに行くと色とりどりな見たこと無いフルーツに出会える事が出来ます。この作品は、その南国フルーツをモチーフとしたタイ・バンコクのBangkok Brothersが製作した「Fruity Hero」という作品です。皆さんが良く知っているマンゴーやトゲトゲと


    この作品は、イラストレーターのThe Dreaming Clouds (Cheryl H)さんが製作した旅行の際に撮影した写真にかわいいイラストを加えた旅の思い出話がはずみそうな楽しいイラストです。The Dreaming Clouds (Cheryl H)さんは旅行好きで、日本、フランス、アメリカ、タイ、シ


    この作品はイギリスのイラストレーターであるJohn Holcroft氏が制作した社会風刺的なメッセージや要素が含まれるイラストレーション。軽快な色とコミカルなタッチとは裏腹に社会の核心をついたメッセージが作品に載せられているのである。この画像の作品はプラモデルの「ハッ


    えっ!マジで!と現実世界とイラストが絡み合う!この作品はロンドンベースのブラジル人イラストレーターLucas Levitan氏が制作した「Photo Invasion」。彼の描く独特で個性的なキャラクターと彼によって厳選された写真が重なり合いが見事に、タイトルの「Photo Invasion(写


    あなたはどっち派??tumblrユーザーの2 Kinds of Peopleさんが制作した「2 Kinds of People」。スマホやヘッドフォーン、フォークやお箸など日常の小さな事柄を二種類に分け描いた作品。特にこっち派、あっち派といったことで、この人はこうだ!決め付けるものではなく、あ


    もし私たちが良く知る映画やTVドラマ、アニメに出てくる車が「トランスフォーマー」のロボットのようにトランスフォームをしたら。この作品は、イラストレーターDarren Rawlings氏が描いた「If They Could Transform」、’もしそれらがトランスフォームできたら’とタイトル


    以前にも人体の臓器を植物で表現した作品がありましたが、今回は、イラストで植物や生物と人体解剖図を組み合わせた作品です。ミックスメディアアーティストTravis Bedel氏が製作した解剖学的画像を上手く使い、アレンジとして色鮮やかな植物や生物を用いコラージュされた人


    ねこっちのあるある~!微妙な距離感を保ちながら、決してこちらの思い通りに動いてくれないツンデレさん。でも、そんなねこっち惹かれた者達のみぞ知りえる、ねこっち達のあるあるの世界。さてさて、どんなあるあるが登場するのか!そしてあるある共感しよう!


    写真の上に白黒ヘタウマ・イラスト!この作品はメキシコのアーティストDiego Huacuja氏が制作した「Y yo así de」。スマートフォンで撮影したメキシコの街の写真に自信のイラストを描いた、シュールさとユーモアが交差するイラスト作品。白黒のヘタウマ・イラストを描く事で


    どんな副業!?興味津々!この作品はイラストレーター、TシャツデザイナーでもあるChow Hon Lam氏がそれぞれのキャラクターにあった仕事を見つけ描いたイラストレーション「Part Time Job」という作品。以前(アメコミのヒーロやキャラクターの副業!!)もアメコミヒーロー


    このイラストは、ロサンゼルスのグラフィックアーティストやWebデザイナーのFernando Reza氏が製作した、その国を代表とする未確認モンスターの関係がわかるトラベルポスターです。このイラストは、ロシアのヴォロネジ(VORONEZH)の未確認モンスターのジャイアンツ


    未来を予感させる面白い乗り物。この頃はあまりこの様な未来を想像したようなイラストや本と言うのはあまり目にすることはありませんが、1950年~1970年代のデザイナーやアーティストは貪欲に未来のあり方を色々な形で表現していました。これらのイラストは、その時代に生き


    同じキャラクターでもそれを描く人の性格や個性などで大きく受ける印象は変わってくる。そしてどんな作品でもその描かれているものや作られているものは、その人の分身といっていいものであると私は考える。この作品は、ドイツのDeviantArtのユーザーでありアーティストであ


    日進月歩で日々色々と新しいものが登場するこの世の中。その新しいものが話題になり、人々に普及する事で、前とは少し違った新たな世界が創造される。この作品はロンドンを拠点とするイラストレーターでありフランス人アーティストのJean Jullien氏が制作した「News of the T


    1915年と少し官能的なイラストが描かれたものがガラスの小瓶に入っています。この小瓶に入っているクッキーのような物は・・・・ 


    重く立ちはだかるギロチン台。首を固定しバッサリといく恐ろしい物ですが、刃物の変わりに違う物が付いていたら。この作品はアーティストのSamuel Esquire氏の「Dray Walk Gallery - Progress」と言う作品です。このギロチンには刃物の変わりに首マクラが備え付けられていま


    この作品は、ポーランドのDeviantArtのユーザーでありアーティストのMeago氏の「食べ物ガール」。様々な形で擬人化と言うものはありますが、食べ物の特徴的な部分を抜き出し食べ物と人間を組み合わせた食べ物の擬人化イラストレーション。彼女の作品のユニークなところは、そ


    これから沢山のゴジラが出てきます。このゴジラのイラストは、Blurppyというサイトの「Poster Posse Project 7 – Godzilla」と言う企画で、集められた選りすぐりのゴジラたち。世界各国のゴジラ好きのアーティストが描いたゴジラのポスター作品です。私たちもゴジラとはなじ


    このイラストは、ロシアのイラストレーターIvan Belikov氏が製作した「Social Networks」。Ivan Belikov氏の独自の発想でアレンジしたシリーズ作品で、このフェイスブックの作品のように、タンブラー(TUMBLR)、ツイッター(TWITTER)、インスタグラム(INSTAGRAM)などのソーシャ


    この原発のビンテージイラストはニューメキシコ州立大学に保管されている、ニュークリアー・エンジニアリング・インターナショナル(Nuclear Engineering International)の雑誌に1950年から1990年の間に掲載されたイラストレーションです。この上にある画像のイラストはフラ


    このイラストレーションはオマーンのアーティストNabhan Abdullatif氏が制作した独特な駄洒落が作り出すユルくてかわいいイラストレーション。これらはシリーズ作品で、癒しを感じるイラストレーションのタッチとユルい駄洒落の世界にゆる~く惹き込まれて行くような作品です


    この作品はフランスのイラストレーターSylvain Sarrailh (aka “ Tohad “) 氏が描いた「BADASS」の新作であり、前回同様のジョークが織り交ぜられたイラストレーション。以前も「BADASS」の作品を紹介させていただいたのだが、今回はワルを中心としたモノよりも何かと何か


    足元から広がる何か!以前、腕とアート作品を組合した作品があったが、今回は足元を中心に描かれるイラスト作品。この作品は、インド・ニューデリーのイラストレーターでありデザイナーであるアーティストUttam Sinha氏が制作した「Foot Footie Boy」。自身の足や友人の足元


    猫ザムライ!この作品はシンガポールのイラストレーターであり、アーティストWilliam Chua(xiaobaosg)氏が描いたサムライ猫のイラスト作品。William Chua(xiaobaosg)氏は日本の文化や中国の文化に大きな影響をうけているアーティストだそうで、日本版では猫と戦国時代の武将


    警察、無くてはならない存在。街の治安維持や交通までも管理してくれている組織。この作品は、アーティストGunduz Aghayev氏が制作した世界の警察たちのイメージが良く分かる!世界各国の警察の風刺画作品。警察の良い部分も存在するが、警察といえども人の集団なので、集団


    鮮やかな民族衣装が素敵なイラストレーション。この作品は台湾のアーティストB.c.N.y.(Han-Yuan)氏が描いたプリチーなキャラクターと台湾の少数民族衣装のびゅーてぃふる・あじあんがーるず・イラストレーション。少数民族の宝庫と言うとミャンマー北部、タイ北部やラオス


    通常ならアニメや映画などの物語の主人公やそれに伴うサブキャラクターを中心とし描かれるイラスト作品が多いが、山、植物、川、雲などの自然を中心としその世界を描くアーティストがスペインに居るという。そのアーティストいうのは、DeviantArtのユーザーでありスペイン・


    私は西洋の国も好きだが、それ以上にアジア圏はとっても好き。それはなぜかと尋ねられるとやはり何処かが似ているけど何処かが違う点。人の気質、食べ物、そして建築物もそうだが、似ている部分に親しみを持ち、違う部分には新鮮さや開放感を覚える。この作品は、マレーシア


    私は、結構長い間パズドラをやっている。現在よく使うキャラは転生シヴァ。パズルとしては、使用するキャラによって色々状況が変わってくるので、同じダンジョンを何回やっても楽しめる完成度の高いパズルゲームだと思う。私にとってのそんなパズドラだが、毎日やっていると


    以前も岩となったユニークなディズニープリンセス作品はあったが、今度は食器のボウル型のデイズにープリンセス作品が登場!この作品はBuzzfeed communitymember:Dannnnnnnnnnnnyさんが掲載した「12 Disney Princesses As Lukewarm Bowls Of Water」。なんやら、水の入った


    後姿がはんなり、ほっこり!この作品はアーティストAndry Rajoelina氏が制作した「Super Families series」。映画・ゲーム・ヒーローキャラクター達が家族を形成し、手を繋いで光の指す方向に歩いていく、彼らの表情は見ることが出来ないですが、とても楽しそうで朗らかな美


    チェコ・プラハのアーティストであり、現在ニューヨークで活動するEliska Podzimkova氏が描く「AnimateNY」。ニューヨークで撮影された写真に自身のニューヨークの思いやその元となる写真からインスピレーションを受け描かれたニューヨーク愛や彼女のプレイフルさも感じれる


    このページのトップヘ