タグ:イリュージョン


    錯覚なのか何なのか?この動画はimgurに掲載されている「Watch out for the magic」。センザンコウの舌がビヨーンと伸びる映像なんだけど、中央の横線を越えた当たりから舌が飛び出しているように見える。もしかしたら合成なのかもしれないが、画面に2本の白いライン入れるだ




    スポンサードリンク



    たまねぎのみじん切りは、結構大変。なぜなら目にしみるし、薄皮のヌルヌルがやっかい、そして、中心から何層も構成されていて、途中切っているとこの方向であっているよねぇ??と不思議なたまねぎの呪文にかかってしまうからだ。この動画は「10 More Ways to Chop an Onion


    女性とお花の重なりが美しい!この作品は、フォトグラファーTatiana Mikhina氏が制作した「Morning Mood」。女性とお花の重なりの写真であるが、Tatiana Mikhina氏の斬新な発想と女性らしさがとても感じられ、「Morning Mood」(朝の気分)が漂ってくるような、とても清々し


    特定のアングルから見たときに立体感などの錯覚を作り出すアナモフィック・イリュージョン・アート。様々な色や大きさの古本だけでもこの様なアナモフィック・イリュージョン・アートが制作出来てしまうようである。この作品は、アーティストNoah Scalin氏が制作した「Dead M


    木の上に立つオウム。このオウムにはある謎が隠されています。その謎とは・・・・。 


    背景の白い紙に二本の黒い矢印があります。その前には、ガラスのグラスが置かれ、背景の矢印が透けて見ていると思います。このグラスに水を注ぐと矢印に驚きのある変化が伺えます。この動画は「Awesome Optical illusion Trick! ( The Arrow illusion )」 というグラスと水を


    カンフー映画の一つの醍醐味がワイヤーアクション。この作品は、フォトグラファーLi Wei氏が製作した鏡やワイヤーを巧みに利用する事で、マジックのようなイリュージョンな光景を作り出す作品。彼の作り出すイリュージョンは、私たちが良く知るワイヤーアクションのようなも


    何処をどう見てもキュウリにしか見えないキュウリ。しかしこのキュウリは、キュウリではありません。それなら、一体何なんだ?! 


    この向きが違うアップルマークがあります。このアップルマークを足す事で何かの形が出来上がります。何が出来上がるのでしょうか?? 


    背景に溶け込むようなまるでイリュージョンを感じさせるボディーペイント。この作品は、オーストラリア・アデレードのアーティストEmma Hack氏の作品。背景の柄にあわせ女性の体にペイントを施したものです。背景と言う様々な壁に貼られている壁紙に合せ、ボディーにペイント


    狐につままれたような意外な展開に呆然してしまうイリュージョン。この動画は、VINEにUPされたZach Kingさんのショート・イリュージョン。編集や壮大な創造的なアイデアで製作された6秒間のイリュージョンは、見るものを驚きと不思議の世界に誘ってくれます!! 


    このように二枚の人の顔の画像が両端に並んで、その画像の中心にはクロス・マークがあり、そこを両目で見続けてくださいと書かれています。この動画は、中心を見続け両端の並んだ顔が次々と入れ替わる事によって人の顔が歪んで、エイリアンのような顔に変化する錯覚が楽しめ


    とても色鮮やかで美しいこの作品は、Ben Heine氏の「フレッシュ・アンド・アクリル(FLESH AND ACRYLIC)」と言うシリーズのCaroline Madisonと言う作品です。 平面の壁と人体に施されたペイントが、平面と立体の面白い凹凸の関係を作りだし、ボディーペイントとウォールペイ


    影を作る素材の凹凸を巧みに利用し製作されたこの作品は、日本人アーティストKumi Yamashita氏の「LIGHT & SHADOW」というものです。素材は、布、折り紙、木材などを利用し、その素材からは決してイメージできない影として映し出されるモノは、光のアングルと影となる素材を


    この作品は、アーティストのDiana Chyrzyńska氏が製作したFaces (series of self-portraits)という作品です。そこに映し出された女性の写真は、錯覚を覚えるような手や顔にペイントされたもう一つの女性の表情を伺えるイリュージョンアートです。何処までが手で、どこまでが


    そこに無いものあったり無かったり、動いているようで動いていない。私たちは、先入観と過去からの経験で、おおよその物を判断していっています。それが当たっていたり間違っていたり、勝手に脳が思い込んでいる場合も存在します。その錯覚を科学的、人工的に作り出したもの


    おおおおっ! バスに人が引っ付いていますけど・・・ これはもしかして、空中浮遊イ・リュ~ジョン?! 何を隠そう、このお方は、三十歳の英国イリュージョニストのSteven Frayne氏、別名:Dynamoである。4.572メートルの二階建てバスに摑まり空中浮遊は、並みの人間じゃ


    このページのトップヘ