タグ:シュール


    しばしば、耳にする食うもの食われるもの。この作品は、アーティストAlex Solis氏が描いた「Predator vs. Prey」。野生の王国の食う食われるものをPOPでキュートに描いた一見可愛さを感じさせるが、シュールな動物たちの光景を描いた作品である。


    スポンサードリンク



    えっ!マジで!と現実世界とイラストが絡み合う!この作品はロンドンベースのブラジル人イラストレーターLucas Levitan氏が制作した「Photo Invasion」。彼の描く独特で個性的なキャラクターと彼によって厳選された写真が重なり合いが見事に、タイトルの「Photo Invasion(写


    この作品は韓国のアーティスト Dongwook Lee氏が人間の存在や生活の中に潜む矛盾に焦点を当て制作したシュールでグロテスクなミニチュア人形。この画像の作品はグリーンジャイアントの入った缶詰ですが、まるで、ジェネティックラボ(遺伝子組み換え研究所)で制作されたグ


    久々にパンチのある作品に出会えたような気がします。この作品はストリートアートのアーティストFra.Biancoschock氏が街中や路上に製作したストリートアート。彼のWEBに書かれているキャッチコピーは「Don't try this at home. Try this on the street」。彼の作品は、まさし


    綿毛になって飛んでいく髪の毛のような綿毛。この作品はオランダ人アーティストのRedmer Hoekstra氏が鉛筆をベースに描いたイラスト作品。何処と無くシュールでユーモアを感じさせるRedmer Hoekstra氏のタッチは、夢に出てきそうなくらいのインパクトがあるものです。この他


    小さい小人さんの物語は、結構沢山あるもので主人公を取り巻く小人や主人公で活躍する物、漫画になった物、アニメになった物などがあります。また巨人的なものの存在で、私たちのサイズが小人になる場合もあり、小さい人間と言うのがイメージし易かったのか、昔から小人ワー


    重く立ちはだかるギロチン台。首を固定しバッサリといく恐ろしい物ですが、刃物の変わりに違う物が付いていたら。この作品はアーティストのSamuel Esquire氏の「Dray Walk Gallery - Progress」と言う作品です。このギロチンには刃物の変わりに首マクラが備え付けられていま


    コラージュと言うとバラバラな素材を組み合わせ一つの作品を制作するものですが、その組み合わせによって普段想像も付かないものに生まれ変わる事が有ります。この作品はベルギーのアーティストSammy Slabbinck氏のビンテージ写真と彼の独特な世界観を重ね合わせたコラージュ


    地下鉄の下にある巨大ミミズと暮らす地底人。私たちの日常世界とは別に地下のユニークな世界が描かれるこの作品はブルックリンを拠点とするアーティストKristen Liu-Wong氏のユーモアとシュールさが感じられる作品です。彼女の作品は淡い色彩と日現実な世界が描かれているも


    ラテンアメリカン・カートゥンクラブの(Latin American Cartoon Club)新社長であり、アーティストのAngel Boligan氏。彼はイラストの世界に彼の全人生を捧げている人物の一人です。数々の39の国際的な賞を受賞する、キューバのこのアーティストは、愛やロスト、大量消費社


    人間の骨をモチーフに制作される作品は、いろいろな形で存在していると思いますが、人間の皮膚を中心として製作される作品はあまり無いと思います。この作品は、人体彫刻家のFrancesco Albano氏が製作した人間の皮膚をモチーフとした作品です。Francesco Albano氏は、グロテ


    この面白く、何か懐かしさを感じるこの作品は、コロンビアのイラストレーターRandy Mora氏の作品です。彼の描く世界は、シュールな一面とファンタジーな一面が重なり合うユニークなサイエンスフィクションの世界を想像しており、1970年代を彷彿させられる作風が感じられます


    人間と動物の関係はある意味複雑な関係です。人間が動物に友好的に接しても動物の本能や生きていた経験から友好的になれない事もあり、それは動物が人間に友好的に接しても同様な事が存在します。このアート作品は、Chris Musina氏に製作された少しシュールな動物と人間関係


    人間解剖学にまつわる人体標本や骨格標本など人間に関わるものはとても興味深い不思議な存在です。この作品は、Valerio Carrubba氏によって描かれたもので、バックの風景と人体解剖の絵柄の世界観が異なりすぎていますが、不思議と一体感が感じられる作風です。人体のシュー


    どれもこれも道路にできた穴を利用し、冗談のような現実を作り出しています!ポットホール(POTHOLES)と題されたこの作品は、日本語では甌穴(おうけつ)と呼ばれ、岩石面上にできる円形の穴をさす言葉のようで、道に出来た穴や亀裂という欠陥を街中から探し出し、その穴に


    ちょっとシュールでインパクトのあるアクセサリー!!!こんなアクセサリーをしていたら絶対に視線がその部分に集中すると思います。しかし一つぐらいは持っていてもいいかなと思わせる可愛さも感じられます。この作品は、Margaux Lange氏がプラスティックボディーシリーズの


    このお話は、一匹のウサギで始まり、また一匹のウサギで終わる不思議なお話です。登場人物の二人の姉妹がウサギを捕まえる事から始まり、そのウサギの中からIDOL(偶像神又は、邪神・妖怪)が出てくることにより、そのお話は進んでいきます。子供の貪欲な表現はシュール


    戦車に乗る猫はとても可愛い!がしかし、容赦無しで攻撃してきます!これを見ると猫に絶対に戦車を与えたらいけないと思う映像です!ガンタンクよりも強いかも!! 


    このストーリーは、酔っ払いのタコが引き起こした前代未聞の惨事である。心臓の強い方、タコの惨事の興味のある方だけご覧ください。 


    おはようございま~す♪と囁いてくれる。そんな気になる!レディー達の朝のひとコマ さわやかにいってみましょう!


    このページのトップヘ