タグ:ストリートアート


    壁に描かれたストリートアートとそれと重なり合うような美しすぎる猫の横顔。この作品はスウェーデンのアーティストTasso氏が制作した作品。偶然なのか狙ったのか、はたまた、猫自体も描かれたものなのかわからないが、素晴らく美しすぎるストリート・キャッツなアート光景を


    スポンサードリンク



    この作品は、描かれるタッチでもう分かる方も多いと思われるが、スペインのストリートアーティストPejac氏のストリートアート。今回はアジアを舞台に東京・香港・ソウルと新たな新作が描かれているようだ。Pejac氏のストリートアートは、場所の状況や環境を上手い事自分のイ


    私もファンであるイギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家バンクシー氏。覆面芸術家なので性別が分からないが、彼の制作するストリートアート作品はいつも彼が伝えたい思いが一つの作品に込められている。多くの作品は、世界の情勢や事柄を含ませ風刺したものが多いが


    この作品は、イタリアのストリートアーティストCaiffa Cosimo(Cheone)氏が制作した立体感とユーモアのセンスが交差するストリートアート。今までに様々なストリートアートを見てきたが、このCaiffa Cosimo(Cheone)氏の作品は、壁だけに収まらず、その周囲の環境のユニー


    水面下の姿がどうのようになっているか、とても気になってしまう!この作品はニューヨークベースのアーティストSean Yoro (Hula)氏が制作したとてもユニークな場所で女性の姿を描いたストリートアート。海辺のの防波堤や建物の壁に女性の顔や上半身部分を描くことで、まるで


    何かが一度にそれも大量に何処かに失踪する事ってあるのだろうか。この作品はストリートアーティストLouis Masai Michel氏が街の壁などに描いたストリートアート作品「Save the Bees」。皆さんも一度は耳にしたと思われる、蜂群崩壊症候群(いないいない病)。その蜜蜂の謎の失


    私たちにとって何でもないものも子供の目からは違うように見えしまう。それは車のヘッドライトが目にみえたり、何気ない物を擬人化したりして、パレイドリア効果を発動し柔軟な発想で面白いものを想像する(パレイドリア効果:雲の形が顔に見えたり、しみの形が動物や虫に見


    エリス島は自由の女神に程近く、かつてヨーロッパからの移民は必ずこの島を通ってアメリカへ入国した島。その数は約1200万人から1700万人。アメリカ人の5人に2人はこのエリス島を通ってきた先祖をもつという。その島には入国審査をする移民局や感染症などを治療する病院など


    なんにでも良い部分と悪い部分が存在し、時にどちらかの一面がとても表立つことがある。この作品はカナダのアーティストiHeart氏がソーシャルメディア・カルチャーの影響を描いたストリートアート作品。使い方によってはとても便利で有効であるソーシャルメディアであるが、


    建物の壁や街の様々な場所に描かれるストリートアート。本来は動かないストリートアートであるが、そんなストリートアートに翼を授けてしまったアーティストが居る。そのアーティストと言うのはABVH氏。ABVH氏は静止画をアニメーション化する達人アーティストで彼の手にかか


    壁を白く塗り、まるで壁をスケッチブックのように使い描かれるストリートアート。この作品はイタリアのストリートアーティストMillo(Francesco Camillo Giorgino)氏がイタリア・トリノの街の建物に描いたストリートアート作品。白と黒を基調とし、このようなストリートアー


    この作品はイタリアのアーティストNemO'S氏が制作したシュールでオヤジなストリートアート。社会問題を焦点にし制作されたストリートアートのようで、干からびたようなオヤジペイントと描かれたそのペイントが時と共に変化するといったビフォー&アフターもうかがうことがで


    このストリートアートはおもしろい!この作品はアーティストMona Caron氏が制作した「Weeds」。公共空間に雑草を描いていくというストリートアートである。このストリートアートの何が面白いかと言うと、彼女の手によって描かれるタンポポや雑草がまるで植物のように成長して


    現代のストリートアートとルネッサンスの古典絵画が時を経て融合するとおもしろい物が出来上がる。この作品はコスタリカ在住のアーティストのMarco Battaglini氏が製作したストリートアート、ポップカルチャーやポップアート、そしてルネッサンスを連想させる古典絵画を美し


    覆面とゲリラ的に世界の各地に描くアーティストとして知られている覆面芸術家バンクシー(Banksy)氏。バンクシー(Banksy)氏のストリートアートはいつもイマジネーション豊かでクリエイティブなアートを作り続けている。今回も幾つか彼の素晴らしいシュールでリアリティー


    (ツ)_/ ̄ サクッと!概要≫このストリートアートはストリートアーティストJPS氏が制作した作品。壁に描かれた猫とチェーンの綱が猫の綱渡りを演出。絵に描いた猫ではあるが、それはまるで本物の猫が今から綱を渡りこちらに歩いて来るような臨場感が伝わってくるペイント。


    見る見られる!カラフルな顔と瞳が印象的な作品は、イタリアのストリートアーティストBlu氏が制作した巨大壁画。建物の50近くの窓を瞳として利用しカラフルでプレイフルな顔が描かれた作品だ。この作品はイタリア・ローマにある昔ながらの古きよき風格を持つ建築物にペイント


    ホームレスの人々に焦点を当てた作品は以前もあったのだが、また新たな作品を見つけたので紹介したいと思う。この作品はアメリカのストリートアーティストSkid Robot氏が制作したホームレスの人々の夢見る夢。彼らのシンプルな心情を題材とし、ロサンジェルスにホームレスの


    そこに普段ないものが突然現れるとビックリしてしまう。もしそれが何かの入り口だったらそれ以上の驚きに包まれる。この作品は私の記事にも度々登場するスペインのストリートアーティストPejac氏がトルコ・イスタンブールで制作した「Lock, Poster and Shutters」。今回はイ


    この作品はポルトガルのアーティストArtur Bordalo(Bordalo II)氏が制作した粗大ごみとペイントが作り出すストリートアート。境界線がどの辺りか分からないが、平面の要素と立体の要素の両要素が不思議な一体感を作り出している。この画像の作品はアヒルの親子だが、このシ


    虫眼鏡でアリの様に人が・・・。この作品はスペインのストリートアーティストPejac氏が特定の場所をキャンバスに描いたサイトスペシフィック・アート。特定の場所の状況や環境を上手い事取り入れ、それらを元に自身のアートを組み合わせる技法を使用されたストリートアート作


    建物の屋上と言う空間は、屋上ならではの心地よい風が吹き、何か天辺にいるという優越感に浸ることが出来ます。そんな屋上で日光浴をしたり、シエスタをしたりすると気持ちがいいものです。この作品は、以前記事に書いたフランスのストリートアーティスElla & Pitr(les Papie


    この作品は以前、何回か登場したフランスのストリートアーティストOakOak氏が制作したストリートアート作品「サイクロプス(CYCLOPS)」。太陽のパーフェクトな光加減がエックスメン(X-Men)のサイクロプスのオプティックブラストを作り出すユニークな作品です。今回も前回同


    この作品はストリートアートのアーティストJR氏がフランスのル・アーヴル(Le Havre)港のコンテナ置き場に制作した「Bird Ballerina」。コンテナの枠を利用し鳥かごのような雰囲気を作り出した巨大ストリートアート。その鳥かごの中にいるバレリーナが開放を待ちわびているよ


    ストリートアートのアーティストErnest Zacharevic(通称ZACH)氏の新作ストリートアート。以前、Ernest Zacharevic(通称ZACH)氏の作品を紹介させていただきましたが、以前と同様に現実に存在する物と壁にペイントされた作品が重なることで、平面でありながら立体感を感じ


    以前紹介させていただいたストリートアートのアーティストFra.Biancoschock氏。今回もパンチのあるストリート作品を多く制作しているようです。以前と変わらずストリートにあるものからインスピレーションを受け、素直な感性・直感で作品が製作されており、私たちの脳みそを


    先日、Googleが新たに発表したストリートアートプロジェクト(Street Art Project)。このプロジェクトはストリートアートのヒストリーや世界各地にあるストリートアート、ホットスポット、そしてアーティストなどの情報と高解像度の画像をドキュメント化していくというもの


    雨の日や水に濡れる事で浮きあがるアート。この作品はアーティストI Create Novelty氏が制作した「スーパー・ハイドロフォビック・ストリートアート(Superhydrophobic Street Art)」。通常の晴れの日や曇りの日には浮き上がる事はない、疎水性のある塗料でストリートに描く


    廃墟に現れる白い影。この作品は、ストリートアートは、ロッテルダムベースのイラストレーター・ストリートアートのアーティストDaan Botlek氏の作品「Escape from Wuhlheide」。以前の「Paintings Leipzig」という作品がありましたが、その新作にあたるものです。前回の作品


    ストリート・アーティストの覆面芸術家バンクシー(Banksy)氏。覆面とゲリラ的に世界の各地に描くアーティストととして知られていますが、それらの作品をレゴで再現したアーティストがいます。フォトグラファーJeff Friesen氏とその家族June(娘)さんと一緒に制作する「Bri


    まるでそこに人の面影や人の存在感が感じられるストリートアート。この何もない殺風景な壁に描かれたストリートアートは、フランスのアーティストPatrick Commecy氏とチームmuralistsが制作した活気に満ちたアパートメントを描いた作品。もともと何もない壁にアパートメント


    この作品はストリートアーティストfauxreel氏が制作したストリートアート。壁に描かれた女性の顔と緑の作り出すヘアースタイルに遊び心が感じられる作品。ストリートアートといっても3Dのものなど様々なストリートが存在していますが、今回は、その場の環境に順応していくピ


    壁に描かれる巨大ペイント。この作品はイランのアーティストMehdi Ghadyanlooと彼が運営する壁画塗装会社「Blue Sky Painters」が制作した町を彩るプレイフルな建物に描かれる巨大ペイント作品。これらの作品は、テヘランの町の建物に描かれ街を賑やかに演出しているそうです


    この肖像画はマザーテレサ。コルカタで貧困に苦しむ人々を宗教の垣根を越え、強い志で人々を救った偉人。この作品はアーティストのEduardo Kobra氏が今回平和を題材とした「Peace」という、5月9日にイタリア・ローマのDorothy Circus Galleryで展示される作品です。彼の作品


    デッカイレゴ橋!この巨大なレゴブロックのような橋は、ストリートアーティストMegx氏がドイツのヴッパータールにある橋の下の出っ張りをレゴに見立て描いた「LEGO-BRÜCKE」という巨大ストリートアート作品。街の一部をレゴ化することでレゴで出来たおもちゃの街のように感


    この作品は、フランスとオーストリアのカップルであり、ヂュオアーティストJana & JS氏が制作した何かセンチな気分になるストリートアート作品。木材の切り口の断面に描かれた姿は、その切り口の中を二人だけのスペースや世界にに変換したように感じる。カップルアーティスト


    地球をストローですする王冠を被った男性のストリートアート。キャラクターと色合いが今までのストリートアートの作品とは、少し違って見えると思います。この作品は、ストリートアートのアーティストBlu氏が壁に描くストリートアート。私は、CDのジャケ買いのように作品を


    今まさにマンホールを開けようとする手。この作品はストリートアートのアーティストBUFF DISS氏が作成するストリートアート。彼の作品はスプーレーなどの塗料を使わず全てマスキングテープで制作し、壁、道路、歩道、電車、納屋などの場所をテープで描き演出していきます。今


    何かの情報を得たのか金属探知機で何かを探る男性の姿。なんやらこの付近にゴールドが埋まっているという。そして、とても珍しい街角の路地でゴールドの採掘される様子を見ることが出来るらしい。真相は本当なのかどうなのか?


    壁一面に描かれたデッカイ顔。このデッカイ顔はロシアのストリートアートのアーティストNomerz氏が、建物、塔、崩壊しつつある都市空間に描く「Living wall」。個性的なデカイ顔が建物を擬人化するユニークな人面壁作品です。「Living wall」と言うだけに人面壁の雰囲気が良


    躍動感と立体感が溢れるゾウ。この作品は、ブリスベンのアーティストFintan Magee氏が描く建物やストリートの壁に描く巨大ストリートアート。彼のストリートアートの特徴は、建物や壁などの構造を最大限に活かし製作するところにあります。この建物に描かれたゾウは、あえて


    久々にパンチのある作品に出会えたような気がします。この作品はストリートアートのアーティストFra.Biancoschock氏が街中や路上に製作したストリートアート。彼のWEBに書かれているキャッチコピーは「Don't try this at home. Try this on the street」。彼の作品は、まさし


    水溜りに浮かぶ一艇の小船。水溜りとは思えさせない光景を作り出しています。この作品は、Brooklyn Street ArtのJoe Iurato氏がニューヨークの街や公園に自身が製作した作品を置く事で、そこがどこなのかイメージさせず、彼の独特な世界観を作り出したものです。製作にはイラ


    いつも何かが隠されているアメリカ・カルフォルニアのストリートアートのアーティストのABOVE氏の作品。ABOVE氏のABOVEとは、上にと言う意味が含まれています。その上を示す矢印の先に何かがあったり、作品の延長上にスペシャルな何かが演出され、オチがある


    平面なのにとても3D感が凄すぎるこのストリートアートは、ロッテルダムベースのイラストレーター・ストリートアートのアーティストDaan Botlek氏の作品です。とてもシンプルでな作品ですが、タイツ人間のような白い人の存在感が、壁と言う平面の世界をあたかもそこに空間が


    ストリートアートと言うとウォールペイントや路上にペイントなどの様々なキャラクターや色使いのものを思い浮かべます。ミステリアス・ストリートアート集団の0707がとても面白いストリートアートを行っているようです。なんと世界のベスト・キススポットを探し出しそこに「T


    道路に描かれたこのナスカの地上絵のようなものは、サンパウロのアーティストTec 氏の作品です。道路に描かれたTec 氏のキャラクターは、とてもシンプルで上空から撮影するに適した作品だと思います。 


    トンネルに描かれた大きな口を開け人々を吸い込もうとするストリートアートは、ローマを拠点とするアーティスト:Thoms氏に描かれたもので、グラフィックデザイナー、漫画家、セットデザイナー、映像作家、イラストレーターに、作家、画家、彫刻家などのマルチな才能をもった


    壁に描かれたストリートアートは様々な形で存在しますが、その壁や場所の持ち味を利用して、あたかもそこに存在しているような雰囲気を作り出す作品はあまり多くないと思います。これらの作品は、ストリートアーティストErnest Zacharevic氏によって製作されたもので、2Dと3D


    様々な場所に描かれたストリートアートは、様々なデザインが存在し壁を彩っています。この作品は、フランスのフォトグラファー:Julien Coquentin氏が壁に描かれたストリートアートにパフォーマンスアートを加え撮影した、なかなか思いつきそうで思いつかない、とても想像力


    このページのトップヘ