タグ:ボディーペイント


    えっこれ、マジ、イラストかと思っちゃったよぉ~!この作品は、カナダのアーティストKayPikeFashionさんが製作した、ドラゴンボールの「ピッコロ」のイラストのようなボディーペイント。自身の体にペイントしてうみだされるピッコロのボディーペイント作品であるのだ。 H


    スポンサードリンク



    このコミック風ボディーペイントは超かっこいいすね!この作品はファッションデザイナー、ミックスドアーティストでありコスプレイモデルである Kay Pikeさんの作品「Harley Quinn Bodypaint」。ペイントのクオリティーの高さとリアリティーがとても感じられるハーレイ・ク


    とってもクールに決まりすぎているロボコップ・レディー!この作品はボディーペイントアーティストPaul Roustan氏が制作したボディーペイントアート。映画ロボコップのサイボーグ警官をモチーフに女性型ロボコップをボディーペイントで表現された作品である。映画ロボコップ


    マイクロソフトのゲーム「ヘイロー(Halo)」に登場する高度な人工知能を持つホログラムAIのコルナタ(Cortana)。アップルの音声アシスタント機能SiriがあるようにMSでもアシスタント機能が存在していて、ゲームの人気と高度な人工知能にちなんでコルナタ(Cortana)と名


    えっ!これってカメレオンじゃん!違うの!何これ!この作品はイタリアのボディーペイントアートのアーティストJohannes Stoetter氏が製作した本当のカメレオンと勘違いしてしまうほどの錯覚に陥るボディーペイント。以前も、 こんなオームのボディーペイントで世界の話題の


    ウッ、メ~!2015年といえば未(ひつじ)年。未の意味とするものは、群れをなす羊の様子から家族の安泰や平和といった意味があるそうで、未年生まれの人は優しく穏やかで平和的で人情に厚いといわれているそうだ。そんな未(ひつじ)年の羊さんではあるが、未年ちなんで制作


    以前もボディーペイントでエバンゲリオンのプラグスーツ・コスプレを書いたが、今回は幾つか種類のあるアスカ・ラングレーのプラグスーツのコスプレを紹介したいと思う。このボディーペイントのプラグスーツをまとうコスプレーヤーはカナダのDeviantArtのユーザーでありコス


    体全体を使いこんな3Dな錯覚をうみ出すボディーペイント。この作品はボディーアーティストNatalie Fletcher氏が制作した「ILLUSION BODY PAINTING」。エアーブラシを使い人の体に描かれたイリュージョン・ボディーペイント 作品である。以前こんな感じのタトゥー作品もあっ


    背景とボディーペントが重なり合い美しい一体感を作り出すボディーペイント。この作品は以前も紹介させていただいたオーストラリア・アデレードのアーティストEmma Hack氏が制作した新作。以前同様に背景に擬態のように身を隠す様なボディーペイントが錯覚にも似た不思議な光


    こんな所に脳みそが!この作品はGesine Marwedel氏が制作した脳みそをモチーフに人の体にペイントを施したボディーペントアート。脳みそ具合が上手く演出され、本来人の中に存在する臓器が、人の体で一つの臓器を作り出し表現されるといったユーモアも感じられる作品である。


    先日公開された「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」。宇宙を舞台に、異星人ヒーローが結集し宇宙を救うマーベル系スーパーヒーローが登場する映画。CMでも宣伝されアライグマとひときわ異色を放つ植物系ヒューマノイドのヒーローの存在に目を引かれた方も多いと思う。


    この大きな二つの顔は一体何に描かれているのでしょうか???


    金曜ロードSHOW!のエヴァまつりの興奮と感動が冷めやらないそんな中、ナイスなエバなボディーペイントを発見したので紹介したいと思う。エバのキャラクターが着るタイトなプラグスーツというものは、近未来感覚とサイバー感覚やキャラクター達を魅力を増幅させる必須なもの


    この作品は、オーストリアで活動するビジュアルアーティストのBella Volen氏が制作したボディーペイントアート。くどくない控えめなシンプルなカラーが作り出す透明感のあるボディーペイントと背景に配置されたものとが、調和という美しい重なりをつくりだしています。ボディ


    大きく丸いお腹をキャンバスにボディーペイント。まるでお腹にいる赤ちゃんに絵を見せてあげているようなこの作品はMy Little Sweet-peaが制作するマタニティー・ボディーペイント作品。丸いお腹の球体の形状を上手く利用し立体感のある、これから生まれる子供のために大きな


    今年も色鮮やかなサイケディリックカラーのボディーペイントが彩ったオーストリアで開催された第17回世界ボディーペインティング・フェスティバル。ポップアートをテーマとしたボディーペイントがオーストリアの会場を沸かし、47カ国のボディーペイントアーティストが参加し


    この人の体を使ったワールドカップのユニークな作品は、イギリスを拠点として活動するアーティストEmma Allen氏が制作した金色に輝く神々しいワールドカップトロフィー。黒い背景をバックに自身の顔や手をペイントし制作されたフェイスペイント作品です。制作にはペイントや


    まるで人型にくり抜かれたような美しく輝く光景。この作品はアーティストJohn Poppleton氏が制作した「bodyscapes」というシリーズ作品。大自然の美しさと女性の美を兼ね合わせたボディペインティングです。普通のボディーペイントとは異なり、蛍光顔料でブラックライトの下


    「ヘナ(ヘンナ)」というと手や足に描いたりするのボディーペイントが一般的ですが、カナダ・トロントのFrances Darwin氏が始めたHenna Heals。ヘナ(ヘンナ)は、ハーブの一種で染色以外にも古くから使用されている天然素材で、そのヘナ(ヘンナ)を使用して抗がん治療を行


    私たちと馴染みの深い仏教。仏教は現在でいうとネパールのルンビニで生まれた釈迦(ブッダ)がインドのブッダガヤで悟りを開き生まれた、人々が生きるために必要な哲学を説いた宗教。私もブッダゆかりの地はルンビニ、ブッダガヤ、サルナートに行った事があるのですが、私た


    木の上に立つオウム。このオウムにはある謎が隠されています。その謎とは・・・・。 


    年齢と共に基礎代謝が落ちると脂肪と言う要らない物が体に纏わり、体が重くなり機動力が著しく低下します。運動をすれば直ぐに解消とはいかず、なかなか一度付いたものをそぎ落とすことは難しい課題の一つであります。この作品はそんな脂肪が付いた体を持つ人を被験者にその


    背景に溶け込むようなまるでイリュージョンを感じさせるボディーペイント。この作品は、オーストラリア・アデレードのアーティストEmma Hack氏の作品。背景の柄にあわせ女性の体にペイントを施したものです。背景と言う様々な壁に貼られている壁紙に合せ、ボディーにペイント


    後姿の男性にラッパを吹く人をボディーペイントされた面白い画像。この画像はインドの製薬会社Shukrat Pharmaceuticalsの「gas aid」の広告ポスターです。「gas aid」は、オナラなどのガスに伴う胃腸の膨張感や痛みを抑える薬だそうです。それにしてもあまりにストレートなイ


    白鳥を模る人間の体。人間の曲線美を活かしその物の形を作り出すボディーアート。ドイツのアーティストGisene Marwedel氏が芸術の息吹を人間の体の中に変換する意味合いが込められたこのアート作品は動物や風景に至るまで全てのものをペイント&ボディーアートに変換します。


    ネオン塗料とブラックライトが生み出す幻想的な光景。この作品は、ブラジルベースのフォトグラファーSarah Leal氏の「The Glow」という発光するボディーペイントの作品です。発光生物のように輝く姿は、今までのボディーペイントと違って蛍光塗料の輝きが透明感を与え、ボデ


    境界線が分からなくなる程の錯覚を覚えるボディーペイント。この作品は、カリフォルニアに拠点を置くフォトグラファーのJean-Paul Bourdier氏の背景とボディーペイントを見事に組合わせられた作品です。背景の山と空、そして地表の境目と人に描かれたボディーペイントが不思


    とっても恐ろしいこのゾンビかエイリアンのようなボディーペイントは、Lady Venomをイメージし製作されたモノのようです。このボディーペイントは、フォトグラファーYassir Ketchumによって撮影されたモノで、顎の辺りから首にかけてを利用したエイリアンのような口のペイン


    私自身がボディーペイントのデザインが好きなので見てしまうからかもしれませんが、この頃よくボディーペイントの記事をよく目にします。この牛さんは、ボディーペイントアーティストのEmma Hack氏のプロジェクトで南オーストラリアで起こっている干ばつでダメージを受けてい


    合成されたかのように見えるこの画像は、アクリル絵の具を使用して描かれたボディーペイントです。ボディーペイントと言えば鮮やかな色やデザインで体に描かれたものが多いですが、学生でありアーティストであるChoooサンの作品は、体の部分に絶対にありえないようなモノを描


    オーストラリア・メルボルンRMIT大学で面白い講座が行われたようだ!。生徒を使いその生徒に人体解剖学のボディーペイントを行うと言うもです。講師のClaudia Diaz氏によれば、20年以上もこの講義を行っているが、暗記中心の人体解剖学の授業は退屈なので新しい取り組みを行


    夏の風物詩である沢山のスイカが並べられています。この中に一つだけ違和感たっぷりのスイカが混じっています。皆さんは、どのスイカが怪しいと思われますか。まずは、じっくり見てみましょう!!んっ?!何か変なのが・・・ そうそれです!!!そのスイカです!!(笑この


    このページのトップヘ