タグ:リアル


    あまりにリアルすぎて少し不気味感じるポケモン。この作品は、deviantartのユーザーでありアメリカ人アーティストのGavin Mackey(又の名SoupAndButter)氏のリアルに描きすぎて、ポケモンと言うより妖怪のようになってしまい、ゲットするのに少しためらってしまうポケモンで




    スポンサードリンク



    見よ!これが河童のミイラだ!!本物の河童のミイラ思いきや、この河童のミイラはetsyのJustin Alan Arnoldさんが制作・販売していた河童のミイラオブジェ「kappa japanese mummy water demon」。制作方法方や素材等は特に書かれていないが、見る限りフランケンのように亀や


    イケメン大集合!夢見る白馬の王子様というとディズニーやおとぎ話をイメージし想像するが、もし実際にその王子様が目の前に現れたらどんな感じなんだろうか。この作品は以前も紹介させていただいたグラフィックデザイナー、そしてアーティストのJirka Väätäinen氏が描い


    これは今まで見たハイブリッドアニマルとしてはリアル過ぎる。ブルックリン在住のアーティストKate Clark氏が制作した様々な動物のボディーと人の顔を融合させた人面動物の彫刻アート。まるでこの世の中に実際に存在しているかのように思える人の顔の表情とアニマルボディー


    見よ!これが本当のベンチを使ったベンチプレス!この動画は「the real benchpress」という、通常のベンチプレスではなくベンチを負荷として体を鍛えるベンチなプレスです。ベンチと言うアイデアも斬新かつクレイジーだと思いますが、腕2本だけでこの状態を保ち腕立て伏せを


    このリアル過ぎるミニカーを使ったジオラマは、Michael Paul Smith氏が手がけた現実の風景とミニカーの重なりが作り出す映画のセットのような作品です。一見何も違和感が感じられない不思議な風景ですが、上手い事ジオラマで製作した車と現実の風景を絶妙に重ねあわすことで


    この抱かれている赤ちゃんは人形です。本物の赤ちゃんの様に思ってしまうぐらい精巧に出来ています。この赤ちゃん人形は、色々理由でわが子を思う両親や老人、コレクターの間で人気となっているようです。「生まれ変わった赤ちゃん(リボーンベイビー)」題されるイベントは


    白塗りされた少し荒削りで変わった表情を浮かべる人達。はじめ白虎社の暗黒舞踏かなと思ったのですが、この人達は、実在する人ではなく3Dアニメーションです。これは、デジタルアニーメーションの「parametric expression」と言われる、人間の感情を適応を抽象的に表示する機


    ここは、どこだ?! 口を開けて、頭にヘルメット? 何か施設のようだ。侵入捜査開始。 


    えっ テレビの中にミニチュア世界!2Dから3Dに生まれ変わったその姿。ブラウン管の中の世界を探検だ(・∀・)つ 


    このページのトップヘ