タグ:ロンドン


    今年一発目はドバイ・ロンドン・香港のダイナミックでパワフル、そしてゴージャスなハッピーニューイヤー花火から!明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いいたします^^ 




    スポンサードリンク



    色鮮やかな本の形をしたベンチ。このベンチはロンドンで行われている「Books about Town」という、50タイトルの本をベンチ化した文学アートプロジェクト。様々なアーティスト達が、ベンチをデザインし、文学書籍をベンチにすることで、読書推進を促すといった試みがあるプロ


    一本の木に沢山の巣箱。この作品はJo Joelson氏とBruce Gilchrist氏が芸術、科学と技術の交差点での創造的な研究とコラボレーションするために制作された「ロンドン・フィールドワークス(LONDONFIELDWORKS)」というプロジェクトの作品。これらの作品の目的は、公共景観にア


    大きな扉に飾られた沢山の白い風車。この作品は、Najla El Zein Studioと照明デザイナーMaurice Asso氏によって製作されたウインドーポータル(Wind Portal)という「風の入り口」と言う作品です。この「風の入り口」には、5000個の紙で出来た風車を使用し、約2.4メートルの


    ダブルデッカー(ロンドンバス)の大きさに匹敵するほどのこの巨大な白熊は、北極の保護を訴えかけるロンドンで行われるグリーンピース・インターナショナル・デイ(greenpeace international's day)(9月15日)のイベント・パフォーマンスに使われる巨大白熊人形です。こ


    ぱっと見た感じでは、何処にでもあるようなストリートアートのように感じます。それが夜になると何かが変わるのです。何が変わるのでしょう??このストリートアートの製作者ABOVE氏は、この作品に適した場所を探す為にロンドン中を7ヶ月も探し回ったといっています。そ


    おおおおっ! バスに人が引っ付いていますけど・・・ これはもしかして、空中浮遊イ・リュ~ジョン?! 何を隠そう、このお方は、三十歳の英国イリュージョニストのSteven Frayne氏、別名:Dynamoである。4.572メートルの二階建てバスに摑まり空中浮遊は、並みの人間じゃ


    壁に張り付き歩くスパイダーマンごっこが流行っているのでしょうか?この地球の重力に反する遊び私もしてみたいものです!このスパイダーマンごっこの様な画像は、 アルゼンチンの芸術家 Leandro Erlich氏によって巨大なミラーの壁を使用して作られたアート作品である。こ


    この巨大な打ちあげられた鯨を見た場合どのような感情をあなたは感じるだろうか? この巨大な鯨は、ベルギーのアート集団キャプテンブーマーによって等身大(17メートル)のガラス繊維で作成された。このリアルなクジラは、グリニッジとドックランズ・インターナショナル・


    このページのトップヘ