タグ:算数なぞなぞ


    ヒントは、数字の並びが規則的。




    スポンサードリンク



    共通点さがしてね!


    ヒントは、1+3に何かをしたら10。2+4に何かをしたら20


    3+5+6=151872の前2つは簡単に出ると思うけど、72はなかなか出てこないと思われる。


    ヒントとしては”−と+”が使われている。


    この問題のポイントは、ある数字とある数字を✕、そしてある数字とある数字を+。


    多分、一つ目の数字はスグに出せると思う。ポイントは、(ー)(+)。


    4→10のナゾをまず考える。


    ポイントは、+からの✕。


    これは計算というよりもそのまんま問題。黄金比ともなんやら関係もある。ヒントは、本当は1の前に1が存在する。


    ポイントは、とりあえず+。


    ポイントは、ある数字の並びがベースとなっていて、その数字にあることをすれば1,4,27のような数字になる。


    ポイントは、規則性。


    ヒントは、ヒントは横並び。答えは6じゃないよ。


    ポイントは、532=1561028なら15、6、10、28と分けてみる。


    この問題は直感的。見たまんまで解いてみよう!!


    少々意地悪なのでヒントは詳しく書きます。2=11に関しては、1=5との関わりがあり、ある数に2を掛けてからのある数字を+。同様に3=36も1=5、2=11関わりがあり、ある数に3を掛けてからのある数字を+。


    少々ややこしかったので、解き方のヒント書いておきます。(5✕?) - 5 =10


    注目ポイントは、234567。ちょっと意地悪問題。


    ノーヒント


    この問題は、プラスマイナス混合でややこしかったので、解き方のヒント書いておきます。(●+1) ✕●=●(●-1 ) ✕●=●こんな感じの流れを作り出して、ハテナの数字を解いてみよう。


    ヒントは、ローマ数字Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ,Ⅵ,Ⅶ,Ⅷ,Ⅸ,Ⅹ。


    四則計算のルール。1,()2,×、÷3,+、-


    西暦の並びぽい感じ。1999から2011の間の西暦が入りそうだが、どうだろうか。


    ポイントは、数字がとっても大きくなっているので、✕じゃないかと考える。色んな形でまずは掛けてみてからの−。7、12→37


    ポイントは、何処で分割して数字を読むか。この手の問題は何か見覚えのある数字の並びが手がかりになる可能性が高い。私ははじめ連続する数字の並びに注目し、中心の縦ライン三桁の数字として考えてみた。ヒントとしては、3桁の数字がどのように変化しているか。


    12✕12=9なら13✕13=? はてなには何が入る?


    10=?のはてなには何が入る(画像に10=?を書きそびれました)。


    縦読み、横読みで関連性がない。しかしハテナが2つ。縦読み、横読み、それでもダメなら斜め読み。11、14 OR 8、10で見てみる。同様に14、16や19、21の並びを見ると何か関連性を発見することができたので右下のハテナの答えが出てくる。左下のハテナは、独


    結構、サクッとに解けてしまいそうな数字の並びだね。ポイントは1+2+3。それぞれの数字6,14,26,98は、1+2+3に何かをすれば導かれる数字。わかるかな??


    この問題のポイントは、36や45や44。それぞれの数字の上下の数字をどうにかすると真ん中の数字(36や45や44)を見つけることができる。


    94,61,18,52,25なら90,61,18,94,?。よく似た数字の並びだね。この問題のポイントは、ひっくり返してその数字にあることをしてからの+。


    ハテナには、どんな数字が入る??ヒントは二種類に分ける。


    このページのトップヘ