タグ:錯覚


    様々な食品が缶やガラス瓶などに詰められて売られていますが、もしそれが飲み物として販売されていたらいかがでしょうか。この作品はオクラホマシティベースのミックスメディアアーティストTom Davie氏が制作した「Bottled Food」。飲料水に使用するガラスのボトルに食品を入




    スポンサードリンク



    廃墟に現れる白い影。この作品は、ストリートアートは、ロッテルダムベースのイラストレーター・ストリートアートのアーティストDaan Botlek氏の作品「Escape from Wuhlheide」。以前の「Paintings Leipzig」という作品がありましたが、その新作にあたるものです。前回の作品


    木の上に立つオウム。このオウムにはある謎が隠されています。その謎とは・・・・。 


    一見見た感じではあまりに同化しすぎて分かり難いと思いますが、良く見てみると左に手の形が浮かんでくると思います。この作品は、アーティストFulati Tayierjiang氏の一連の「Hand In The Landscape And The Landscape」のシリーズ作品。


    背景の白い紙に二本の黒い矢印があります。その前には、ガラスのグラスが置かれ、背景の矢印が透けて見ていると思います。このグラスに水を注ぐと矢印に驚きのある変化が伺えます。この動画は「Awesome Optical illusion Trick! ( The Arrow illusion )」 というグラスと水を


    何処をどう見てもキュウリにしか見えないキュウリ。しかしこのキュウリは、キュウリではありません。それなら、一体何なんだ?! 


    この向きが違うアップルマークがあります。このアップルマークを足す事で何かの形が出来上がります。何が出来上がるのでしょうか?? 


    天から伸びる手と背景がユニークな構成が感じられる面白い画像。この作品は、アーティストKevin Corrado氏の「Transfer」というシリーズの作品です。水平線と地平線のラインに合わせペイントされた手の部分とペイントされていない部分が、なぜか空と海の両方の要素を作り出し


    平面なのにとても3D感が凄すぎるこのストリートアートは、ロッテルダムベースのイラストレーター・ストリートアートのアーティストDaan Botlek氏の作品です。とてもシンプルでな作品ですが、タイツ人間のような白い人の存在感が、壁と言う平面の世界をあたかもそこに空間が


    この作品は、アーティストのDiana Chyrzyńska氏が製作したFaces (series of self-portraits)という作品です。そこに映し出された女性の写真は、錯覚を覚えるような手や顔にペイントされたもう一つの女性の表情を伺えるイリュージョンアートです。何処までが手で、どこまでが


    このリアル過ぎるミニカーを使ったジオラマは、Michael Paul Smith氏が手がけた現実の風景とミニカーの重なりが作り出す映画のセットのような作品です。一見何も違和感が感じられない不思議な風景ですが、上手い事ジオラマで製作した車と現実の風景を絶妙に重ねあわすことで


    皆さんは、この画像をご覧になってどの様に感じられるでしょうか。ただ、画像が四分割されたカラフルな画像と認識される方が多いと思います。この画像は、フォトグラファー Bela Borsodi 氏によって製作されたものであり、カメラ固定しのファインダを見ながら慎重にそれぞ


    映像をみているとこの脚は、この人のと理解は出来るのだがそれ以上に振り回されてしまうのが、このフォークポルカの音楽に合わせて踊るブラック&ホワイトシスターズだ。このダンスと音楽、白と黒が変な一体感を作り出し、脳を麻痺させていく感じをご堪能頂けたら幸いです。


    二人の少年が空の岩に貼り付けられ、そして町の風景も上と下に映し出しています。さてこの不思議の写真の真相はどうなっているのでしょう?答えは、続きに・・・・


    このページのトップヘ