タグ:難読漢字:植物編


    ピリッとしたお味でご飯がすすむ。




    スポンサードリンク



    ヒントととしては、ポケモンにもこんな感じのヤツいる。


    秋になると実がなるんだけど、結構臭うよね。葉っぱの形で、鴨脚樹のオスメスの見分けることが出来るんだぞ。うる覚えで申し訳ないが、確かスカート(メス)と袴(オス)だったような。


    「独活」ってなんだろう。一人で何か活動することなのか。結構、色々想像出来てしまうおもしろ難解漢字。ヒントとしては、芸能人でもこんな芸名の人がいる。


    アヤメとも呼ぶこの漢字「菖蒲」。邪気を払ったり、呼び方がアレだけに○○ゥ○運が上がりそうな縁起物。


    さて、「稷」・「黍」と書いてなんと読む??ヒントは桃太郎。


    羊の歯。歯朶とも書くみたいだぞ。胞子によって増える植物「羊歯」。


    この果物デカイよね!○ボ○と読んだり、○○タ○飴とかブ○○○とか呼ばれる柑橘系。


    パスタなんかによく使われるね。


    オレンジのキレイな花を咲かせる。そして、ガーネットのような粒がぎっしり詰まっていて美味しい。


    ヒントは、宝塚歌劇団の歌、○○○の花咲く頃。


    山に行った時に食した「茱萸」。甘いというより酸っぱさが勝っていた植物の実。鳥や小動物も好きじゃないかと思われる赤いつぶつぶ。


    お花自体も綺麗だけど多分、このお花畑に迷い込むと不思議な世界を体験できそう。


    チョコレートの中に入っているアレだよ。


    強うそうな漢字の名前を持つ植物。見た目は、トゲトゲで結構可愛い。


    微妙の「微」の漢字に似ている「薇」。草冠がつくだけで○ン○○に!


    ヒントは、ジングルベル。


    ミルクティーや甘酒なんかに入れると美味しいし、喉にいい。「薑」と書いてハジカミとも呼ばれている


    ヒントは、サラダやジュース、パスタなんかで」よく見るよ。


    百日紅は、中国名。長い間花を咲かせ続けるところから、百日紅と名付けられてそうだ。滑らかな樹皮から、ある動物も容易に登れないだろうと名付けられたんだって。


    確かにワニと言われれればワニぽさも感じられる。身の部分は、サラダにしたりわさび醤油でいただくとトロぽい感じで美味しい。さて、「鰐梨」と書いてなんと読む???


    ヒント、沖縄の名護に「鳳梨」公園あるよね。


    この果物は、世界何処の国で食べてもハズレがない。色は黄色で実は白い。そんな○ナ○!とか言ったりすることもある。


    ノブ子ぉ~!風の信子。なんか北斗の拳の風のヒューイ的な信子。さて「風信子」と書いてなんと読む?


    皮を剥いたときに現れる半透明な実と食感に感動したよ、昔。


    「薄」や「芒」と書いて○ス○


    「蓼」ってマジ苦いよね。


    餅の中では、「蓬」餅が一番好き。天ぷらなんかも美味いよね、○○ギ。


    さて、「繁縷」と書いてなんと読む???ヒントは、○○べ


    このページのトップヘ