タグ:音楽


    ワシントンD.C.のスミソニアン国立動物園(Smithsonian's National Zoo)にいるコツメカワウソ君たちの演奏会。この動画は、「Asian Small-Clawed Otters Celebrate Enrichment at the Smithsonian's National Zoo」という、カワウソ君たちのゲージの前にシンセサイザーを置




    スポンサードリンク



    ブラジルの映画監督、作曲であるJarbas Agnelli氏が電線を五線譜と見立て、その電線にランダムに存在するカラスを音符に置き換え演奏する「Birds on the Wires」。新聞に掲載されていた鳥の配列と五線譜に似た電線にインスピレーションを受け制作された電線とカラスが作り出


    キーボードをタイピングする事でミュージックを製作する「Patatap」。デザイナーJonoBrandel氏のよって設計・製作されたパソコンのキーボードをタイピングする事でクールなサウンドを製作でき、簡単に音楽を楽しめるものです。この上にある物がそのパタタップ(Patatap)で、


    この動画は、「Song from π!」という、π(パイ)の円周率3.14の数字の並びに沿って演奏する動画。ユーチューブのユーザーaSongScoutさんが円周率を暗記する為に製作されたもので、このπ(パイ)音楽のメロディーを聴いて、円周率を把握できるようになるまでになったそうで


    ターンテーブルの回転するゴムマットに葉っぱを触れさす事によって奏でるクールサウンド。この動画はアーティーストDiego Stocco氏の「Duet for Leaves & Turntable」と言う作品で、指にカスタマイズした小型マイクを付け、回転するターンテーブルの上に針の変わりに葉っぱを


    氷で出来た楽器。その響きだけでとても幻想的な感じがしますが、その氷を使った楽器でオーケストラの演奏が聴けたらと思うと更に幻想的で興味が惹かれると思います。この氷で出来た楽器で演奏する楽団は、スウェーデン・ルレオに拠点をおくアイスミュージック(Ice Music)。


    今世界で話題のビデオアーティストのKutiman氏によって製作された「Kutiman - Thru Tokyo | クティマン - スルー東京 」!様々な日本の和楽器とデジタル的な音が重なり合いクールなハーモーニーを作り出している面白い音楽です!!Kutiman氏の独特の世界観が新たな日本のシ


    頭に付けられたヘッドセットと並べられた5つのスピーカー。これからどの様な音が奏でられるか、とても興味が湧いてきます。この演奏は、 Lisa Parkと言うアーティストにより行われ、頭につけているヘッドセットはNeuroSky EEG と言う機材を使い脳活動をデータをストリームに


    この巨漢なお兄さん。ただ突っ立っているだけではありません。これから始まる叩いて叩いてナイスビート♪ そんじょ其処らのもんじゃございません。一度見る価値あるんじゃない^^もう叩かれまくって、こんな感じです!


    このページのトップヘ